« あだたら高原スキー場120218 | トップページ | 日曜子ども広場「森で小さな春を見つけよう」 »

2012年2月19日 (日)

猪苗代リゾートスキー場120219

Dscf5556
スキー2日目。猪苗代に泊まったので,どこのスキー場に行こうか迷いました。本来なら大して迷わず,猪苗代リゾートスキー場に行くところですが,なんと16日にゴンドラの故障があり,今シーズンのゴンドラの運休が決まっています。

このスキー場はバブルの遺産のようなゴンドラでゲレンデトップまで登り,快適に滑れる中斜面を一気に滑り降りて,大して並ばずにまたゴンドラに乗る,ということができました。少し風が強くても,ゴンドラなら寒い思いをしなくてすみます。そのゴンドラが故障だなんて(T_T)
しかし,ゴンドラ運休の代わりにリフト料金が平日扱い,駐車場も無料となっています。

料金の安さに目のくらんだ家族は,リフトがどれくらい混雑するのか不安に思いながらリゾートスキ場に行ったのでした。

ゴンドラが宙づりになったまま運休している様は,どことなく廃墟テイストが漂います。
Dscf5553
結局,リフトもさほど混むこともなく,スキーを楽しめました。最も混むであろう10時や13時頃もゴンドラの最も混む待ち時間やよりも短かったように思います。レストランも昼時でも余裕がありました。

リフト2本乗り継げば,ゲレンデの2/3ほどは滑れます。回り込めば非圧雪の上級者コースも滑ることができます。

震災,放射線風評被害,そしてここへ来てゴンドラの故障と,災難続きのリゾートスキー場ですが,がんばって欲しいものです。

|

« あだたら高原スキー場120218 | トップページ | 日曜子ども広場「森で小さな春を見つけよう」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130813/54051106

この記事へのトラックバック一覧です: 猪苗代リゾートスキー場120219:

« あだたら高原スキー場120218 | トップページ | 日曜子ども広場「森で小さな春を見つけよう」 »