« 大寒2012 | トップページ | つくば市市民研修センターのお風呂 »

2012年1月29日 (日)

筑波山120129

Dscf5513
筑波山へ行ってきました。山麓から見ると1週間前に降った雪はほとんど見えませんが,山頂に近いところなら樹林の下に残っているだろうと期待して登りました。

北側の方が雪が残っていそうですが,家を出るのが遅くなってしまったので,取り付きやすい南面から登りました。梅林駐車場に車を置き「峠コース」と呼ばれている男体山頂から南西にのびる尾根(上の画像の左側の稜線)を登りました。予想通り,ほとんど雪はなありません。せっかく長靴をはいてきたのに残念です。

1時間ほどで自然研究路の展望台に到着です。
Dscf5515
とりあえず男体山頂へ。ちょうど11時前なので旧測候所のライブカメラの下で11時を待ちます。
Dscf5516
結構風が出てきて,ぼーっと待っているのはつらいものがあります。
しかし,やりました\(^_^)/フェンスの向こうに怪しい人影。
Tkbcmr

思ったより雪が少なかったので,北面に下りてみようと思い,御幸ヶ原からユース跡に向かいます。トイレの前の階段を下りたとたんに雪道です。さすが北面!
Dscf5520

下り始めてすぐに現れるベンチから左に入り「男の川」を目指します。夏ならば踏み跡がしっかりついているのですが雪に覆われよく分かりません。藪も雪に覆われているので,どこでも足を踏み入れることができます。ウサギの足跡を追って適当に斜面を下りました。
Dscf5524
いや~これが楽しいこと。ふわふわの雪の斜面を気持ちよく下っていきます。山スキーでパウダーの中を滑っているような感覚です。

しばらくすると人の踏み跡に合流しました。やっぱり歩いている人がいるんですね。楽しい斜面もあっという間に終わり男の川に着きました。ここからまた自然研究路を目指して登ります。こちらもトレースがあり人が入っているようです。やがて沢から離れ,気持ちのよい斜面を登ります。4月中旬にはカタクリの紫色でいっぱいになる林です。
Dscf5525

自然研究路を反時計回りに進み,今日二度目の第二展望台へ。そこから梅林に下りました。この道もほとんど雪はありませんでした。
今日,一番雪で滑りそうになったのは,男体山頂から御幸ヶ原への道でした。たくさんの人が歩き,雪が固められ,それが日中の日差しで溶け,夜にまた凍る。その繰り返しでアイスバーン化しているところが何カ所かありました。

降雪後,1週間近くたっていたので雪の量はそれほどではありませんでしたが,それなりに楽しむことができました。この勢いで安達太良山か北八あたりに行ってみたいと思うのですが,果たして・・・。

|

« 大寒2012 | トップページ | つくば市市民研修センターのお風呂 »

コメント

ちょっと前の記事にコメ・・・sun
筑波山の雪を見て、中学生のころを思い出しました。

うちの中学校は、3学期の始業式は裏筑波の登山でした(笑)
雪の残る山道をジャージにヤッケ、通学スニーカーで
400人くらいの中学生が
きゃあきゃあ言いながら上るわけです。
今考えたら、このような雪道を遠足スタイルで行くなんて
無謀なことだったんですよね~
楽しい思いでですがheart03

投稿: babylon7 | 2012年2月 6日 (月) 19時38分

なかなか素敵な中学校ですね。も○○ま中?
どなたか好きな先生がいらしたのでしょうか。
付き合わされる生徒はいい迷惑?でしょうが。

大人が先回りをして多少の困難さえもを取り除いてしまう
昨今の風潮からすると,なんとも大らかでたくましい行事ですね。

投稿: 平左衛門 | 2012年2月 6日 (月) 23時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130813/53852932

この記事へのトラックバック一覧です: 筑波山120129:

« 大寒2012 | トップページ | つくば市市民研修センターのお風呂 »