« 日曜子ども広場「秋の森で木と友達になろう」 | トップページ | 日本山岳標高トップ30 燕岳からいくつ見える »

2011年11月 5日 (土)

晩秋と初冬の間:北アルプス 燕岳

北アルプスの燕(つばくろ)岳を登ってきました。前日に中房温泉の手前の駐車場まで入り,車中泊しました。11月とは思えない暖かさで,冬季用の寝袋で寝ていたら汗をかきました。

元々の予定では,稜線の山小屋に一泊して,星の写真や朝日に染まる槍ヶ岳の写真でも撮りたいと思っていたのですが,週末にかけて天気は下り坂。日曜は雨の予想(稜線は雪?)です。ならば,曇りの予想の土曜日のうちに往復してしまおうと考えました。

午前6時24分 中房温泉の登山口を出発です。
Dscf5316

カラマツの葉の落ちた明るい森の中を歩いて行くと第二ベンチです。
Dscf5318

午前8時24分 合戦小屋到着
Dscf5321
立派な小屋ですが,ここは売店のみで泊まれません。

合戦小屋から少し登ると眺めがよくなります(クリックで大きくなります)
Imgp0044
左が八ヶ岳,中央右に富士山,その右側に南アルプス(一番高いのが甲斐駒ヶ岳です。)

さらに登ると,尾根の向こうに
Dscf5327
槍ヶ岳が見えてきました。

稜線に燕山荘(えんざんそう)も見えてきました。もう一息です。
Dscf5332
槍ヶ岳は白く見えていましたが,こちら側は雪のかけらもありません。今年は初雪は早かったそうです。おかげで木々の葉がすぐに落ちてしまい,今年の紅葉は短かったようです。雪はすぐに消えてしまい,その後は暖かい日が続いているようです。

午前9時19分 燕山荘前に到着です。
Dscf5341

Dscf5340

槍ヶ岳穂高岳の稜線が目の前に連なります。この景色を見たくて登ってきました。(これ以降の画像はクリックで大きくなります。
Imgp0050_2

燕岳の頂上を目指します。ざれた花崗岩の稜線を歩きます。左手奥に見えるのは立山方面です。立山にも雪は着いていないようです。
Imgp0047_2




山頂です。
Imgp0071

歩いてきた稜線をふり返ると
Imgp0084

槍穂の稜線に雲がかかったきました。
Imgp0087
この景色をまだまだ楽しみたいところです。できれば一泊したいところですが,この後は雨が降り出すのは時間の問題でしょう。(この気温では雪ではなく,雨でしょう。)雨に降られる前に降りるとしましょう。

午前10時30分 中房温泉の湯船を目指して下山です。

午後12時10分 中房温泉の登山口に到着しました。日帰り専用の露天風呂(700円)に入り汗を流しました。

|

« 日曜子ども広場「秋の森で木と友達になろう」 | トップページ | 日本山岳標高トップ30 燕岳からいくつ見える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130813/53172150

この記事へのトラックバック一覧です: 晩秋と初冬の間:北アルプス 燕岳:

« 日曜子ども広場「秋の森で木と友達になろう」 | トップページ | 日本山岳標高トップ30 燕岳からいくつ見える »