« 第21回いわい将門ハーフマラソン | トップページ | 妖怪見聞―茨城県立歴史館特別展 »

2011年11月20日 (日)

日曜子ども広場「森で忍者になろう」

Dscf5362
豊里ゆかりの森で「日曜子ども広場」(県南生涯学習センター,つくばネイチャーゲームの会共催)に行ってきました。今回は「森で忍者になろう」をテーマに,五感を研ぎ澄まし森の自然と人の気配を感じました。

2月頃に立てた年間計画では,積もった落ち葉の中に潜りこみ自分の気配を消すようなアクティビティを考えていたのですが,放射線量を心配される方もいるかと思い他の活動で楽しみました。

忍者修行その1 空を飛ぶ修行 「スキヤキ・ハイク」
Dscf5360
鏡に写った空や木々のこずえをのぞき込みながら歩きます。あら不思議,空を歩いている気分!?気分が悪くなるという人も…
色づいた木々の葉が,突然鏡に写りこみハッとさせられます。

忍者修行その2 忍び足修行 「いねむりおじさん」 (ネイチャーゲーム)
冒頭の画像です。いねむりをしている忍者の「お頭」の足下にあるお宝を忍び足で取りに行くゲームです。お頭は手から不思議な力を出し,音を立てた小忍者をたちまち金縛りにしてしまいます。

忍者修行その3 暗闇を歩く修行 「目かくし歩き」 (ネイチャーゲーム)
Dscf5363
木々の間に張り巡らされたロープを目隠ししながら歩きます。見ること以外の感覚を使って自分がどんなところを歩いているのか想像しながら歩きます。
足裏の感触,木の手触り,木のにおい,鳥の声…
一回りしたら,今度は目を開けて確かめながら歩いてみます。

忍者修行その4 暗号修行 「サウンド マップ」(ネイチャーゲーム)自分の聞いた音を文字ではなく,記号にして紙に書き込んでいきます。言葉に頼らないコミュニケーション!?

今回は低学年の男の子が多く,「森の中を走り回りたい」気分満々の子たちでした。うまく気持ちを乗せながら活動を構成していくのはなかなか大変でした。


|

« 第21回いわい将門ハーフマラソン | トップページ | 妖怪見聞―茨城県立歴史館特別展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130813/53346263

この記事へのトラックバック一覧です: 日曜子ども広場「森で忍者になろう」:

« 第21回いわい将門ハーフマラソン | トップページ | 妖怪見聞―茨城県立歴史館特別展 »