« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月25日 (木)

高嶺の花々

雲ノ平周辺で見かけた花を紹介します。とはいえ,天気が悪くあまり撮れていないのですが…(クリックで少し大きくなります)

 チングルマ              穂になったチングルマ
Chinnguruma_3 Dscf3049_2 

 イワギキョウ             ミヤマリンドウ
Dscf3077 Miyamarinndou

 ハクサンフウロ           コイワカガミ
Hksnfur Koiwakagami

 シナノオトギリ            オンダテ
Shinanootogiri Onndate

 ミヤマトリカブト           ヨツバシオガマ
Torikabuto Ytbsogm

 ナナカマド
Nanakamado

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月17日 (水)

雲ノ平から双六小屋,そして…

雲ノ平山荘のふかふか蒲団でぐっすり寝て,午前4時頃目を覚ましました。外からはザザァーという音。風の音だと思いたいのですが,どうやら雨音のようです。

5時から朝食をいただき,5時20分には出発することができました。雨は止んだようですが,外は真白です。10m先は見えません。それでも,長年思い描いていた雲ノ平を歩いているのかと思うと感慨があります。
Sdscf3067
濡れて滑りやすくなった木道を進みます。山の上では夏も終わりかけていますが,まだまだ花が咲いていています。
Sdscf3069_2

キャンプ場に寄って水場を確認しようとも思ったのですが,今日のコースは途中に何カ所か水場があるのでパスしました。
ガスの中を黙々と歩くとだんだんと下りになり,やがて黒部川の源流が見えてきました。まだ,雪が残っています。
Sdscf3080

6時55分 黒部川源流を横断します。
Sdscf3081

7時30分 源流からひと登りすると三俣山荘です。
Sdscf3083
小屋には寄らずに山頂をめざします。時より雲が切れて明るくなる時がありますが,すぐにまた雲に覆われます。今日はガスが取れることはなさそうです。

8時20分 三ツ俣蓮華岳山頂です。
Sdscf3084
山頂の標柱から少し離れたところに三角点があります。ここが岐阜県・富山県・長野県の県境です。
Sdscf3085

山頂でひと息入れていると,雨が降ってきました。あわててカッパを着ます。雨粒がパシパシと打ち付けます。早々に荷物を担いで双六小屋を目指します。晴れていれば槍ヶ岳から穂高岳の雄大な姿が見えるはずですが真っ白です。それどころか,雨脚が強く,下を向いて黙々と歩を進めるだけです。途中から中道コースに入り双六岳山頂をパスします。

9時55分 双六小屋到着です。思ったより時間がかかりました。
Sdscf3086
相変わらず風雨ともに強く,気持ちが萎えます。この後どうしようか思案します。選択肢としては3つあります。
1)気合いを入れて槍ヶ岳まで登る。(槍ヶ岳山荘まで4~5時間)
2)今日は,ここ双六小屋に泊まり,明日槍をめざす。(天気は下り坂)
3)新穂高温泉へ下りてしまう。(5時間。高速バスの変更が必要)
入山するときに見ていた週間予報でも天気は下り坂です。明日ものこの天気は変わらないでしょう。しかし,昨年も槍ヶ岳まで行けずに途中で断念しています。今年は体調もいいだけに何とか槍まで行きたいところ…。でも,こんな視界もきかない横殴りの雨の中を登っても面白くない…
色々なことを考えながら,結局一番楽な選択肢である 3)新穂高温泉へ下ることにしました。温泉に浸かってゆっくりしたい!この誘惑には勝てませんでした。

10時10分 新穂高温泉に向けて下り始めます。相変わらずの風雨ですが,下からも結構な数の人が登ってきます。

11時05分 弓折岳分岐 ペースが上がりません。
Sdscf3088

11時35分 鏡平山荘 5m先も見えないようなガスですが,雨は止みました。カッパを脱いでしばし休憩です。
Sdscf3089

いつでもそうですが,下山路というのは気持ちが入らないので長く感じます。すれちがう登山者も多く,すれ違いに結構気を遣います。そんなすれ違った人の中に岩崎元郎さんがいました。実は大学を卒業する間際から数年,氏の主催する登山学校ともサークルともつかない団体でお世話になったことがありました。すれ違いざまに挨拶をして,そのことを話すと,何となく覚えてくれているようでした。氏については,百名山ブームや中高年登山の火付け役のようにいわれ,功罪様々な評価があるようですが,思わぬところでの再会に驚くとともに,うれしく思いました。

秩父沢にはまだ雪が残り,冷気が流れてきて気持ちがよかったです。
Sdscf3093

14時10分 わさび平小屋 小屋の前で野菜や果物が冷やされていました。思わずリンゴを買ってかぶりついてしまいました。
Sdscf3094

15時00分 新穂高温泉着
いや~疲れました。今年も槍ヶ岳は遠かった。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月16日 (火)

雲ノ平山荘

Sdscf3065
昨年,新築された木の香りのする気持ちのいい小屋でした。公式Webはこちら。料金等ご確認ください。

食堂です。
Sdscf3060
夕食までは喫茶室として使われ,焼きそばや温かな飲み物が提供されます。ステレオシステムがありJazzがかかっていました。

水が豊富にありそうなイメージがありましたが実は雨水に頼っていて,現在非常に水不足の状態だという話でした。徒歩20分ぐらいのところにあるキャンプ場には湧き水があるので,そちらを利用するか,翌日に途中の水のある小屋で補給して欲しいということでした。どうしても今欲しいという人は相談して欲しいということでした。

夕食は,午後5時からです。2回に分けられました。(小屋に到着した順?)メニューは石狩鍋でした。酒粕をベースにしたお汁に,人参やゴボウなどの野菜に鮭の切り身の入った具だくさんのお鍋です。
Sdscf3061
隣に座った,昨日は双六小屋に泊まったという方は「これだけなの?」と少しがっかりされていました。双六小屋の夕食は,天ぷらがてんこ盛りだったそうです。
Sdscf3062
一人分にするとこんな感じなので,たしかに少し寂しいかも。でも,石狩鍋はしっかり味付けされ,具だくさんで美味しかったです。水も充分にないような「日本最後の秘境」でこれだけの食事をいただけるのですから,まあ感謝せねばなりません。

宿泊室は3階になります。
Sdscf3059
受付で,79,80と書かれた券を渡されました。今日は,蒲団一枚に1人ずつ寝られるようです。新しいふかふかの蒲団で気持ちよく眠れました。

朝食は,午前5時から,並んだ順です。
Sdscf3064

| | コメント (0) | トラックバック (0)

折立から雲ノ平へ

午前5時頃に有峰口に着きました。折立への定期バスは5時55分発です。バスから降りた4人でタクシーを呼ぶことにしました。折立までのバス代は2400円,中型タクシーは有料道路代込みで12,150円。1時間近く早く登り始められるのなら600円の差額はよしと考えました。
ところが!有料道路の入口まで行ってビックリ。料金所ゲート前に車の列。「開くのは6時からなんだよね。」と運転手。知ってるなら電話を掛けたときに言ってくれうよ!と思いましたが後の祭り。

やっとゲートが開いて折立に。既に山に入っている人たちの車がたくさん駐まっています。駐車場に入りきれなかった車が道路の下の方まで並んでいます。

Sdscf3020_2
午前6時40分 折立から出発です。空には雲が広がり日差しがありません。今日は薬師沢小屋まで,約7時間の予定です。
ブナの生える林の中を右に左に登っていきます。昨年の烏帽子岳のブナ立尾根や甲斐駒の黒戸尾根ほどの急登ではありませんが,やはり最初の1本は身体が慣れずにきつく感じます。

午前7時50分 1870mの三角点に到着です。ベンチがあり大勢の人が休んでいます。ここからは傾斜も緩くなり木道もあらわれ,高山植物も見られるようになります。
Sdscf3022_3 

午前9時40分 太郎平小屋到着です。
Sdscf3024
携帯電話の電源を入れてみるとアンテナが2本立っていたので,カミさんにメールを入れておきます。薬師沢や雲ノ平では電波が届くか分かりません。

9時55分 薬師沢小屋に向けて出発です。薬師岳方面の雲切れてきましたが,山頂はまだ雲の中です。垰から沢に向かう道沿いには高山植物がたくさん咲いていました。
Sdscf3033
Sdscf3029 Sdscf3030
Sdscf3034 Sdscf3035

沢に向かって下り始めると急な斜面が続きます。雲ノ平からやってきた登山者の息も苦しそうです。沢を何本か渡るうちに斜面がゆるくなってきます。
Sdscf3038

11時45分 薬師沢小屋到着です。
Sdscf3039
予定ならば,ここが今日の宿です。しかし,まだ12時前。今日のペースなら,あと3時間歩けば雲ノ平山荘に着けるように思います。
しかし,去年は初日に頑張りすぎて膝が痛み,2日目に非常に苦労したことが思い出されます。一方,天気は下り坂。行けるところまで行っておいた方が今後の展開が自由になります。隣の登山者が注文した一杯1,000円のラーメンを横目に,おにぎりをかじりながら今後の行動を思案します。

12時10分 雲ノ平に向けて出発することにしました。
Sdscf3040
黒部川にかかる吊り橋を渡ると急登がまっていました。岩が重なる急斜面に息が切れます。風も展望もない樹林の中を2時間頑張れば溶岩台地の端に出て,平らな木道の上の散歩になるはず!と思い歩きます。

13時30分 少し傾斜が緩くなると木道が現れました。雲ノ平の端に出たようです。\(^o^)/2時間もかからずにすみました。
針葉樹のむこうに薬師岳が見えます。
Sdscf3045

木道を進むと雲ノ平らしい風景が広がってきます。
Sdscf3044

13時55分 アラスカ庭園通過です。
Sdscf3046

左手には,昨年登った水晶岳が見えます。
Sdscf3051

右手には,お花畑の向こうに三俣蓮華岳が見えます。
Sdscf3052

Sdscf3057
永遠に続きそうな木道歩きにも飽きてきたころ,空模様が怪しくなってきました。
Sdscf3056
と,思ったらパラパラと雨が降り出しました。

カッパを着ようか迷っていたら…雲ノ平山荘が見えました。
Sdscf3058
14時30分 雲ノ平山荘到着です。いや~ぁ,約8時間がんばって歩きました。

着替えて一息ついて小屋の窓から外を見ると,雨は上がったようです。ガスがかかり幻想的な雲ノ平の風景が広がっていました。
Sdscf3063 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月15日 (月)

北アルプスの真ん中へ2011 折立~雲ノ平~槍ヶ岳

Dscf0304 
昨年の夏に続き,北アルプスに行ってきました。目指すは雲ノ平から槍ヶ岳へ。雲ノ平は黒部川源流の急峻な山々に囲まれた溶岩台地です。台地上には池塘や岩が点在し,「アラスカ庭園」「日本庭園」などと名付けられた庭園風の風景が広がり,高山植物の宝庫です。
(画像は,昨年鷲羽岳の山頂付近から撮った雲ノ平方面。真ん中がギリシャ庭園に立つ「雲ノ平山荘」です。)
「北アルプスの最深部に位置するため、どの登山口からでも当日中にたどり着くことが困難である。日本最後の秘境と呼ばれる。」(Wikipedia)

そんな秘境!?をめざし,21時55分秋葉原から高速バスに乗りました。
Sdscf3019_2 
今回は,登山口(富山県:折立)と下山口(長野県:上高地)が山の反対側なので,自分の車ではなく高速バスを利用しました。重い荷物を持って家からバスに乗るまでが大変でしたが,乗ってしまえばビールを飲んで文庫本を読んでいられます。これは快適です。座席は指定されていますが,空いていたので隣の席も使えました。しかし,バスのシートではなかなか熟睡することができません。途中,3回ほどパーキングに寄りました。浅い眠りのまま富山県の有峰口に到着しました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月12日 (金)

教員初任者研修で自然体験活動

Dscf1249
謀県の教育研修センターから指導の依頼があり,本年度教員になった先生を対象とした研修で,ネイチャーゲームを中心にした自然体験活動の指導をしてきました。

この依頼も今年で3年目になります。今年は高校の先生方の講座からも依頼を受け,合わせて5日ほど伺うことになりました。毎年,依頼を受けるということはそれなりに評価いただいているということでうれしいのですが,内情はスタッフを集めるのに毎回苦労しています。(^_^;)

今回,小中高の先生方を対象に実習を行って気づいたことがあります。講座の要項に「服装・持ち物」についてお願いを入れていただいています。真夏の野外での実習なので「帽子,長ズボン」をお願いしています。
で,帽子の着用率を見ると,最もよいのが小学校の先生方でした。9割ぐらいの方が帽子・長ズボンを準備されていました。最も低いのが高校の先生方でした。5割ぐらい。この炎天下に帽子をかぶってこないことに衝撃を受けました。

教員になって4ヶ月。個人的な意識の差もあるでしょうが,やはり職場での経験なのかと思いました。外(校庭)で活動する時間が長く,子どもにも「帽子をかぶれ~」と指導している学校種ほど,帽子の着用率がよいということかと思いました。自分の高校時代をふり返っても,体育の先生以外が真夏の校庭に出てくることは,そうそうなかったように思います。

Dscf1251 実習は,どの学校の先生方も熱心に取り組んでくれました。何でも吸収し,自分を成長させようとする意気込みを感じる若い先生方を頼もしく感じました。今日の体験が少しでも現場の実践にお役に立てば嬉しい限りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 3日 (水)

秘密の飲み屋

Dscf1226
住宅街でひっそり営業する秘密?のお店で飲んできました。カウンター8席の小さなお店です。ひとつひとつ丁寧に作られているお料理がとても美味しいお店でした。
メヒカリの唐揚げ!ふっくらしていてとっても美味しかったです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »