« ツチグリ | トップページ | 気象研究所鉄塔解体工事110227 »

2011年2月20日 (日)

110219アルツ磐梯

Dscf0889
スキーに行ってきました。つくばを4時30分頃出発。常磐道・磐越道とスイスイと進みますが,どうにも眠く磐梯高原SAで休憩。休憩している間に夜も明けてきて,運転しやすくなりました。(加齢のせいか,最近は夜の運転は疲れます)
磐梯熱海からチェーン規制が出ていましたが,1月の時よりは雪が少なく左車線はほとんど雪が付いていませんでした。

アルツ磐梯の駐車場に7時過ぎに到着。以前にも書きましたが,携帯で会員登録をしておくと駐車場料金が無料になったり,ファミリー券が大人1人子ども1人で5,500円で購入できます。

Dscf0898
初めに第4クワッド沿いの8コースで滑りましたが,斜面が固くカリカリです。数日前に雨が降り,朝の冷え込みで固くなっているようです。 Dscf0897_2
油断すると,すぐにこうなります。

そこで,少しでもいい雪を求めて,そうそうに標高の高い猫魔ボールに移動しました。

さすがに雪は柔らかくなったのですが,冷え込みも厳しく,滑っていると頭がガンガンしてきます。

Dscf0900
15コースの「アルツバーン」を滑ります。傾斜が30度あるのですが整地されているので滑りやすく,過去にもカミさんも子どもたちも滑り降りているのですが…

斜面に入るとカリカリと板が鳴ります。「アルツバーン」ならぬ,全面「アイスバーン」です。転倒して立ち上がったカミさんを追い抜いて斜面の中ほどで様子を見ていると,またすぐに転びました。自分では止められずに物体となって15mほど滑り降りてきます。私の真上から滑り下りてくるので,止めようと待ちかまえていましたが,巻き込まれて私も転倒。滑り降りるスピードは落ちたのですが,二人重なって落ちる姿がおもしろかったのか,下の娘が寄ってきて,さらに巻き込まれて転倒。3人がズリズリと滑り落ちます。
やっと止まってもポールや手足が絡まってなかなか起きあがれません。もう大笑いです。カミさんのポールは見事に曲がってしまい,滑降の選手のようです。それを見てまたまた大笑い。いや~怪我が無くてよかった。

Dscf0902
午後からは雲も切れてきて,猪苗代湖が眼下に広がりました。(クリックで拡大します。)太陽も出て暖かくなりました。が,朝はカリカリだった第4クワッド沿いのコースの下半分は,雪もゆるくザラメ状になってきました。

1月の時のように吹雪かれることもなく,楽しく滑れました。また,アルツは規模が大きくコースが多彩なので,その時の天候や体調によってコースを選べるので楽しめます。

|

« ツチグリ | トップページ | 気象研究所鉄塔解体工事110227 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130813/50926899

この記事へのトラックバック一覧です: 110219アルツ磐梯:

« ツチグリ | トップページ | 気象研究所鉄塔解体工事110227 »