« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月26日 (日)

宝篋山でなんちゃってトレラン

Dscf0466
午前中はカミさんの機嫌を損ねないように,家の掃除とか片付けものをして過ごしましたが,よいお天気なのでどこかに出かけたくなります。公園通りあたりで今まで走ったことのない距離にチャレンジするのもよいなと思ったのですが,せっかく天気がいいので山がいいと思い宝篋山に行くことにしました。

できることなら今流行り?のトレイルラン風に山の中を少し走ってみようと思い出かけましたが…

Dscf0465_3
宝篋山の麓には立派な休憩所と駐車場があります。そこでマップをもらって出発です。

山頂まで<極楽寺コース>で登ります。マップでは山頂まで3.0km。
麓から見上げると山頂の電波塔がすぐそこに見えるので,30分ぐらいで上がれるかと思いましたが,なかなかどうして…
ヒガンバナの咲く気持ちのいい田んぼの中を走ると,すぐに山道に入ります。少し傾斜が立ってくると,もう走れませんorz
Dscf0468_2
心臓バクバクで沢沿いの道を登ります。途中,滝というにはあまりにも可愛らしい流れがいくつか現れます。山の大きさの割には水量が豊富です。
Dscf0470

山頂下まで来ると団体に遭遇。どこの団体だろうと眺めていると,その中にTさんとNさんを発見!筑波山ファンクラブの観察会でした。しばらく話しをして,山頂を目指します。

山頂です。
Dscf0471
休憩所から45分。40分は切れると思ったのですが。

水分を補給して,すぐに<山口(1)コース>へ下ります。
雑木林の中のとても歩きやすいコースです。傾斜も緩くバンバン走れます。
調子よく走っていると,赤紫の花が視界に入りました。アザミかハギだろうと思って通り過ぎましたが,再び見えたのでスピードを落としてみるとツリフネソウでした。何度みても奇妙な姿です。
Dscf0472
快調にとばして山口集落の溜池まで30分。(3.5km?)

今度は<山口(2)コース 3.0km>を登ります。霊園までは舗装道路ですが,霊園の最上部までの登りが今日一番きつかったかも。その霊園上からの眺めです。
Dscf0474
ここから山路に入ります。登りなのですが,傾斜が緩く走れそうなところは走るようにします。が,足に張りを感じてきました。そんな時,上から家族連れが下りてきました。お子さんは,まだ4・5歳くらいの姉妹。「こんにちは」と元気に挨拶されて,元気をもらいました。

やがて小田城コースと合流して,山頂まで400m。この最後の登りもきつかったです。今日,2度目の山頂です。ここまで50分。
Dscf0476
どのコースで下りようか考えます。登ってきた<極楽寺コース>は,沢沿いの道なので岩が階段状になっています。走るのには不向きと考え,<小田城コース>で下ります。

山口・新寺コースの分岐までは,少し急で滑りやすいですが,そこを過ぎると快適に走れます。純平歩道の分岐を過ぎるとほぼ水平な道です。途中で尼寺道に入り車を置いた休憩所に戻りました。(山頂から3.2km,32分)

午後から出かけてきましたが,いい汗をかけました。筑波山の南面の道だと岩が多く,(私には)あまり走れないのではないかと思い宝篋山に来ました。今日,下りに使った<山口(1)コース><小田城コース>とも,傾斜が緩く,足下も柔らかいのでトレラン初心者向きなのではないでしょうか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年9月25日 (土)

気象研究所鉄塔解体工事100925

昨夜,気象研究所の脇を通ったら,鉄塔の一番上に赤色灯の点滅が見えました。これまで見えていたのは白色の点滅灯だったので,いよいよ鉄塔の解体が始まって高度が下がり,仮設の点滅灯でも設置されたのでしょうか?

ということで,見てきました。
Imgp8232
どうやら,いよいよクレーンが最も高いところまで来て,クレーンのアームが鉄塔の上に出たようです。そのアームの先端に赤色灯が付いているようです。

反対側からです。
Imgp8238
高さはまだ変わっていないように見えますが…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月20日 (月)

稲刈り'10

10ink1
筑波山の麓で稲刈りをしてきました。今年は猛暑の影響でモミの皮が厚く,中身が小さいとか。見た目はしっかりしているようですが!?

ミズオオバコ
葉がオオバコの葉に似ていて,水中にあるのでこの名があるとか。葉は全て水の中にあります。
10ink2
10ink3

アオハナムグリ
10ink4

クロウリハムシ
10ink5

生まれたばかりのクモの子たちが集まっていました。息を吹きかけて刺激すると,まさに「蜘蛛の子を散らす」勢いで右往左往します。
10ink6
10ink7

シオカラトンボ
10ink9
目玉がマンガみたいです。
なぜ「シオカラ」なのか?なめるとしょっぱいから,という説があります。試したことはないのですが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月18日 (土)

気象研究所鉄塔解体工事その後2

100918kkt1
気象研究所の鉄塔を見てきました。
解体が進んで高さは低くなったのでしょうか?

左の画像が7月10日,右が9月18日です。
100918kkt5100918kkt6
高さはまだ変わっていないように見えます。

100918kkt2

反対側から
100918kkt3
鉄塔の一番上に上がってみたいものです。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月17日 (金)

電話番号聞き出しの不審電話

娘が学校から配布された「不審電話の対応について」というお知らせを持ってきました。

お知らせによると,本校保護者宅にPTA役員を名乗る男から,手紙を配るために児童の学年組を教えて欲しいという不審な電話がかかってきました。児童名や電話番号など絶対に教えないでください,というものでした。
職場でもそのことが話題になり,「うちの子どもも学校から同じような手紙をもらってきた」という同僚が多数いました。みなさん違う学校に通っている人なので,おそらく市内全域に怪しい電話をかけているようです。

電話をかけてる人間は,おそらく学校ごとに児童名,電話番号をまとめて名簿業者にでも売るのでしょうが,いったいいくらぐらいの値段が付くものなのでしょう?
上手くだまして緊急連絡網を全部読み上げさせても,児童一人あたり50円,学級30人として1,500円。そうそうだまされる保護者もいないと思うので,あまり割に合うとも思えないのですが…。

学校も「絶対に教えないでください」などとずいぶん気を遣っているようです。漏れた電話番号が塾や不動産業者あたりの勧誘に使われるのもちょっと煩わしいですが,犯罪(誘拐とかオレオレ詐欺みたいなもの)に使われたりしないかと思うとちょっと心配です。もっとも,我が家なんて電話帳にもしっかり記載されているのですが。

我が家にも怪しい電話がかかってこないかなあ,しっかり相手してあげるのに…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月13日 (月)

初秋の「後の」祭

昨日(9/12)も,今日(9/13)も朝から花火の音が聞こえます。

昨日は,百家の「竜水万灯祭」,今日は手代木の大鷲神社の「立花」でした。このブログでも何度かネタにしたことがあります。「竜水万灯祭」は数年前に家族で出かけました。(記事はこちら)素朴な火祭でしたが,ロケット花火がどこに飛んでくるか分からない!という迫力のお祭でした。ぜひ,もう一度見たいと思っています。

しかし,結局今年も「竜水万灯祭」も大鷲神社の「立花」も行けませんでした。行けなかった理由は,いくらでもあるのですが,ただただ残念。
まさに初秋の「後の祭り」…トホホ。

久しぶりの更新なのに,なんとも…。
まあ,ネタもないのですが。m(_ _)m

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年9月 4日 (土)

筑波山神社神窟(禅定)講<後編>

Znj17
御幸ヶ原で昼食休憩の後,午後1時に集合して後半の出発です。

すぐに禅定道に入り岩穴をくぐります。真っ暗な中を縦方向に登る時は,ホールドやスタンスが見えずに,手探り足探りなのでやっかいです。いきなりコウモリが飛び出してきて驚かされます。まあ,コウモリも驚いたでしょうが。

そして,早々に午後の禅定のハイライト!女体山頂直下「霞ヶ関」と呼ばれる絶壁登りです。しかも今度は綱がありません。ホールドがたくさんあって難しくはないのですが,高度感があるのでノーザイルだと思うとちょっとビビります。樹林の中にエスケープのルートがあり,そちらにまわる人もいましたが,そこも結構急でした。
Znj10

登り切ると,そこは女体山頂です。観光客や登山者は突然現れた不気味な白装束の集団にちょっと驚いていたようです。白装束のはずが泥で薄汚れているところが,なお怪しいです(^^;)

女体山頂の本殿でもお祓いと御神酒をうけて,今度は下ります。一般道から外れて「天狗の巣落とし」に向かいます。狭い縦穴を鎖につかまりながら下ります。
Znj11
Znj12

山頂直下を振り返ります。上の黒い岩が「霞ヶ関」,下の注連縄の左側が「天狗の巣落とし」です。
Znj13 
霊場には注連縄が架かり,禅定道も草が刈られていました。今日のために時間をかけて準備していただいたのだと思います。感謝の気持ちでいっぱいになります。

下りながら「高天原」や「母の胎内くぐり」でも行をおこない,いよいよ本日のしめくくり「大願成就 叶岩」での行です。
Znj16
注連縄の架かった岩棚によじ登り,自分の願いを大声で叫びます。
この頃になると参加者の間では助け合って霊場をめぐってきた一体感があるので,雰囲気もうち解け合い,ちょっと冗談めかした願いがあったり,「来月生まれてくる子どもが,元気に生まれますように」などの願いには,大きな拍手がわいたりしました。

弁慶七戻りをくぐり,神窟講の霊場めぐりも無事終了です。(しかし,ここから神社までがとても長く感じました。)
神社に着くと,シャワーを浴びさせていただき,直会(なおらい)がありました。お札・御神酒をいただき解散となりました。

「禅定に参加してみたい」という,数年越しの願いがかない充実した一日となりました。筑波山神社の皆様,ご一緒した参加者の皆様,お世話になりました。

◆参加を検討されている方へのガイド◆
<はじめに>
 私も神社から最初に言われましたが,神窟講は「神事」であることを理解して参加したほうがいいと思います。何百年も前から行われてきた神事が現在も続けられていると言うことは素晴らしいことだと思います。
 私も初めは「筑波山登山道のマイナールートを知りたい!」という気持ちもありましたが,現在は多くの人が霊場や禅定道に入り込むことは避けたいと思うようになりました。

<申し込み>
 もちろん筑波山神社にします。メールでの対応はそれほど早くないので,電話の方がいいのかも知れません。あまり早い時期だと受付の準備をしていないかも。

<初穂料(参加料)>
 5,000円でした。ずっと金額は変わっていない? のし袋に入れた方がいいのか悩み,一応用意していきましたが,みんさん現金のまま渡していました。

<服装>
 上着を貸してくれることが分からなかったので,速乾性の長袖のシャツを着ていきました。あわててTシャツに着替えてお揃いの上着を羽織りました。
 神社から服装について何も言われませんでしたが,何度か参加されている方はズボンや足袋など白い服装をコーディネートしていました。
 靴は,ハイキングシューズや作業用の足袋?の方が多かったです。岩を上り下りすることが多いので運動靴は少し滑るようでした。

<持ち物>
 神社からの案内では持ち物は「できるだけ身軽に」ということで,ペットボトル(ストラップ付き)と昼食代ぐらいということでした。確かにそれだけあれば足ります。
 リュックサックを背負ってる方もいましたが,狭い岩穴を通過するときには苦労されていました。岩穴の前に荷物を置いて通り抜けたら戻ってこられるところがほとんどでしたが,そうでないところもありました。手渡で先に荷物を送るなどして協力していました。
 私は小さめのウエストバックを使いましたが,お腹側に回すことで引っかかりを少なくすることができました。山登りの経験からバックの中に,ゼリー飲料とソイジョイを入れておきました。

 途中,水場はほとんどありませんが,お昼の御幸ヶ原で補給することができます。

 着替えなどは神社の社務所に置かせてもらえます。

長文になってしまいました。
最後までお読みいただきありがとうございました。<(_ _)>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 1日 (水)

筑波山神社神窟(禅定)講 <前編>

Znj15
8月の最終日曜日,筑波山神社神窟講に参加してきました。いわゆる禅定です。数年前から参加してみたいと思っていましたが,なかなか日程が合わず今年初めて参加することができました。スリリングで,そして参加者の仲間意識が徐々に高まっていく素敵な1日でした。

8月の初めに筑波山神社に今年の実施の確認と参加希望を伝えました。すると「どなたか紹介ですか?」と問われました。
「いえ,webを見て興味をもち,ご連絡ししました。」と伝えたところ。
「神事で特別に(登山道でない)山中に入ります。神窟講が終わったあとに霊場や禅定道に立ち入らないように願います。」と釘を刺されてしまいました。

午前8時に社務所に集合し,初穂料5,000円を納めます。そこで,白装束(上着)と手ぬぐい(こちらは終了後いただけます。)を受け取ります。

午前8時30分に拝殿で「安全祈願祭」のご祈祷を受け,8時45分いよいよ出発です。
Znj1

一般登山道でない禅定道を「先達」が案内してくれます。この「先達」を努める方,その出で立ちとい,歩く速さといい,霊場で唱える祝詞(?)といい,まるで天狗のような方でした。
Znj2

山中の霊場を巡ります。古(いにしえ)は加持祈祷をしたり禅を組んだりしながら山中を巡ったのかも知れませんが,我々の行は,狭い岩穴をくぐったり,絶壁を登ったり下りたりしていきます。
Znj3

真っ暗な岩穴の中がトンネルになっていて,そこを潜り抜けます。頭から下向に突っ込んで,こんな所通り抜けられるのか!と思うような狭さの所があると思えば,チムニー(煙突)状になっていて背中と足で突っ張ってズリズリよじ上るような所もあります。
Znj4

午前中,最大の難所「立身石」を下からよじ登ります。先達が先行して上から綱を垂らしてくれます。垂らしてあるだけなので手で掴むことはできますが,確保(身体と結ばれている)されているわけではないので,落ちればグランドフォールです(@_@)
まあ,今までに事故は一度もないそうですから…(-_-;)。
Znj9_2
Znj5 
Znj7
立身石に上ってみると「あっ,やっぱりこれ使ってるんだ」と驚きました。
数年前の拙ブログで紹介した錆びた鉄釘と鉄輪です。(記事はこちら
まあ,確保していないので体重以上の重さがピンにかかることはないでしょうが…。伝統の方法ということで。

男体山頂の奥宮の前で祝詞をあげていただき,お祓いと御神酒をいただきます。
Znj8

昼食は御幸ヶ原で各自とると言うことで一時解散になりました。

「驚愕の女体山頂下大絶壁」と「大願成就なるか!?神窟講クライマックス」の<後編>へ続く。しばし待て。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »