« 湯俣温泉から高瀬ダムへ | トップページ | 筑波山神社神窟(禅定)講 <前編> »

2010年8月28日 (土)

気象研究所鉄塔解体工事その後1

100827kkkt1
通りがかりに気象研の鉄塔解体工事の様子を見てきました。逆行気味で画像が見づらいのですが(^^;)

遠目に見るとたいした変化もなく,工事しているの?と思ってしまうのですが…まあ,それだけ難しいということなのでしょうが。

よく見ると鉄塔の中ほどに何か着いています。
100827kkkt2
クレーンのようにも見えます。この装置で鉄塔本体にへばりついて,上から解体したパーツを降ろすのでしょうか?
上の画像一番下の鉄塔から出ている腕のような部分,3方向出ていたはずですが1本見えません。クレーンを通すために解体され降ろされたのでしょうか。

他に目に付くところは,鉄塔を支える張り綱の数が増えているように思います。
100827kkkt3
この後どうなるのでしょう?

|

« 湯俣温泉から高瀬ダムへ | トップページ | 筑波山神社神窟(禅定)講 <前編> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130813/49276979

この記事へのトラックバック一覧です: 気象研究所鉄塔解体工事その後1:

« 湯俣温泉から高瀬ダムへ | トップページ | 筑波山神社神窟(禅定)講 <前編> »