« ヘリCH-47地上滑走~霞ヶ浦駐屯地記念行事 | トップページ | 環水平アーク100516霞ヶ浦駐屯地 »

2010年5月23日 (日)

空挺降下@霞ヶ浦駐屯地記念行事

Kmugd5自衛隊ネタが続きましたが,これが最後です。(たぶん)

第1空挺団によるパラシュート降下です。
空挺といえば精鋭中の精鋭。パラシュートでの降下は目を引きますが,おそらくはその後の展開が精鋭に課せられた使命なのでしょう。
味方の支援のない中,敵の眼前や背後に降下して部隊を展開させ,陣地を確保する,そのために日々厳しい訓練をしているのでしょうねぇ。

Kmugd6高度300mのヘリコプターから飛び出して,4秒後にはパラシュートが全開するそうです。
スカイダイビングと違うのは,降下高度の低さと,飛び出した瞬間からパラシュートが開きはじめることでしょうか。

Kmugd7着地の衝撃は2階から飛び降りたときと同じだとか。柔道の受け身のような体勢を取って衝撃を逃がすようです。

Kmugd8すぐに立ち上がりパラシュートの回収にかかります。

Kmugd9 パラシュートをまとめ,本部前に走ってきます。パラシュートだけで15kgあるとか。さすが精鋭。

|

« ヘリCH-47地上滑走~霞ヶ浦駐屯地記念行事 | トップページ | 環水平アーク100516霞ヶ浦駐屯地 »

コメント

空挺団の降下があったんですね!

入間基地で、三機のC-1輸送機から降下する空挺団を見た記憶がありますが、すごい迫力でした。

高所恐怖症の消えない私としては、やはりお尻がムズムズする光景でした(笑)

投稿: ロッキー | 2010年6月 4日 (金) 09時01分

空挺といえば「史上最大の作戦」の空挺降下で
地上からの銃撃を受けバタバタとやられてしまう
シーンがあったような気がします。遠い記憶だ。
降下中は撃たれっぱなしなので,落下傘降下とは
恐ろしいものだと思ったものでした。

無音で降りてくるので見つからないものなのでしょうか。
ゴルゴ13のように夜間に黒い服を着て降りてくれば
見つからないのだろうと思うのだけど。
夜間降下はさらに難度が高いのだろうな~。

投稿: 平左衛門 | 2010年6月 5日 (土) 09時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130813/48431216

この記事へのトラックバック一覧です: 空挺降下@霞ヶ浦駐屯地記念行事:

« ヘリCH-47地上滑走~霞ヶ浦駐屯地記念行事 | トップページ | 環水平アーク100516霞ヶ浦駐屯地 »