« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月31日 (木)

091229ダイヤモンド富士(つくば市九万坪:失敗)

091229dyfj1 何とかつくば市内からのダイヤモンド富士を撮影したいとと思い出かけてみましたが,今年のダイヤモンド富士撮影を象徴するような失敗の記録となってしまいました。トホホ。

場所はつくば市九万坪。茎崎地区です。谷田川の段丘の縁からなら富士山が見えるのではないかと思ったのですが,現場に着いてみると高い樹木が多く,なかな見わたせるところがありません。
犬の散歩をされている方に「富士山が見えるところはありませんか?」とたずねると,「ここらあたりからもたまに見えるね」との返事。「こころあたり」がどこを指すのか不明ですが,ちょっと期待して一番見渡せそうな所にカメラをセットします。
091229dyfj2 091229dyfj3半分あきらめていても,やはり富士山が見えないとがっかりです。
091229dyfj4 残念!

ところで,画像に見えている柱の上の扇風機のようなもの?何だかご存じでしょうか?
以前,テレビのクイズ番組で見たことがあります。
扇風機の下には茶畑が広がっています。晩春の頃,せっかく伸びてきた新茶の芽を霜から守るために,上の方の暖かい空気を地表近くに送るためのものだと思います。

それにしても,つくば市内でお茶が生産されているとは知りませんでした。「九万坪」という地名からして,戦前か戦後間もなくの頃に開拓された土地なのでしょうか。

さて,今年も当ブログにお付き合いただきありがとうございました。更新のままならないブログですが,皆様のアクセスやコメント・メールを励みに今年も続けることができました。

よいお年をお迎えください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月27日 (日)

残照の土浦

沖宿でダイヤモンド富士を撮った帰りに土浦の街並みが綺麗に見えるポイントに寄ってみました。この場所は,沖宿の高台でご一緒した方から教えていただきました。

週末には20人以上のカメラマンが集まるとか。この日は,太陽が沈んでしばらくたってから訪れたのですが,それでも3名の方がちょうど引き上げるところでした。

少しお話をうかがって,撮影された画像を見せていただきました。デジカメは撮影した画像がすぐに見られるので便利ですね。晴れれば駅前の高層マンションの右側に富士山が見え,さらにその右に太陽が沈むそうです。

091225tcur1

091225hkkgm_2飛行機雲が赤く染まります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月25日 (金)

091225ダイヤモンド富士(土浦市沖宿)

091225dmfj1_2 朝は雲の多い天気でしたが,日中はよく晴れました。気温も高く,車の気温計は13℃を示していました。
しかし,晴れてはいても上空には薄雲が広がり,筑波山を眺めても霞んでいました。こんな日には,地平線近くに雲が広がるんだろうなと思いつつ,先日下見をした土浦市沖宿の高台に行ってみました。

091225dmfj2 予想通り,地平線近くは雲が広がっているようです。太陽がにじみます。
091225dmfj3 091225dmfj4

091225dmfj5富士山のシルエットが現れます。091225dmfj6 091225dmfj7 091225dmfj8 久しぶりのダイヤモンド富士となりました。091225dmfj9

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年12月24日 (木)

メリークリスマス09

091224

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月23日 (水)

ふらふら自転車 駅伝を見に行く

091223djed1 大学女子駅伝を見てきました。大通りを疾走するところも見たいのですが,やはり中継地点がおもしろいかなということで,第1中継地点へ。

レポーターのお姉さんがお仕事をしていましたが,今年は生中継は無いようです。

091223djed2 「先頭,来ましたー」の声に緊張がはしります。091223djed3

091223djed4 あっという間に,選手たちが駆け抜けていきました。

駅伝を見終わったあと,(記憶に無いのですが)中央図書館に行くことを約束させられていたようなので,センター地区に向かいます。
091223djed5 091223djed6

091223djed7 お目当ての本が見つかったようです。

駅伝のゴールも見たかったのですが,ここで撤収しました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月20日 (日)

091220ダイヤモンド富士(土浦市沖宿:失敗)

091220dyfj1ここ数週間,休みの日の朝は「今日こそ写真を撮りに行こう」と,5時に目覚ましが鳴るのですが結局蒲団から出られません(-_-;)

ならば夕陽の写真をと思い出かけてきました。今日のポイントは,土浦市沖宿。ダイヤ富士を狙います。湖岸にはワカサギ釣りをする人がたくさんいましたが,カメラを持つ人は私の他にもう一人。

091220dyfj2 いよいよ日没です。対岸の段丘が高く,少し心配になります。
091220dyfj3 悪い予感は当たるもの。富士山のシルエットが見えないまま太陽が沈みます。
091220dyfj4 がっくりorz
昨年から数えるとダイヤモンド富士撮影4連敗です。
まあ,撮影ポイントに日没の10分前に到着して,何の下調べもせずにサクッと撮ろういうのが甘いのですが。

仕方がないので,次回リベンジのために少し高い場所を探します。
湖岸の水際から堤防の上に上がると
091220dyfj5 高さにして2mと違わないと思うのですが,富士山頂がぎりぎり見えます。

さらに,湖岸から離れ少しでも高いところを探します。
091220dyfj6

片山右京氏の遭難を思い手を合わせました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月19日 (土)

つくば科学フェスティバル2009/環境フェスティバル2009

09kgkf1カピオで開かれている科学フェスティバル・環境フェスティバルに行ってきました。

出展している団体やネタもほぼ例年通りで,子どもたちが「あれ,やりた~い」という工作も,「それ,去年もやったじゃん」と思うのですが,不思議と毎年新しい発見や出会いがあります。
(1枚目の画像は,森林総研のスギの葉による光合成です。)

森林総研のブースで落ち葉の葉書を作らせていただきました。09kgkf2
  09kgkf3

09kgkf4 出来上がり~。

宇宙航空研究開発機構(JAXA)です。
液体窒素を使った実験です。子どもたちは,壁のバナナが気になるようです。
09kgkf5_2 風船を液体窒素の中に入れます。
09kgkf609kgkf7 空気が縮んでこんなになってしまいました。放っておくと室温で徐々に戻ってきました。

今度は何を入れたのでしょう?
09kgkf8

09kgkf9 バナナでした。

お約束の釘打ちです。

09kgkf10
09kgkf11 今度は,モーターとプロペラの付いた乾電池を入れました。あっという間に回転が止まってしまいました。

結局何の実験だったかというと,宇宙空間は非常に過酷な場所で,人工衛星や宇宙ステーションは高温や極寒に晒されていると言うことでした。そこで筑波宇宙センターでは,様々な実験や組み立てを行っている,というお話が画像で紹介されました。

人工衛星をおおう耐熱シートも見せていただきました。このシートで衛星をおおうことで過酷な温度変化から衛星を守るのだそうです。
09kgkf12
09kgkf0_2
09kgkf13 大清水公園側で「つくば環境フェスティバル」も行われていました。

霞ヶ浦環境科学センターのエコバックは,なかなかかわいくて造りもしっかりしています。
09kgkf14
科学フェスティバルも環境フェスティバルも明日も開かれています。

数時間ではとても見きれなかったので,明日も行こうとせがまれています(^_^;)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年12月14日 (月)

ふたご座流星群09

ふたご座流星群が14日午後2時極大(流星活動のピーク)を迎えるということで,日曜の晩から空を眺めているのですが,なかなかスッキリ晴れてくれません。

今日も雲の多い日でしたが,午後3時頃から雲が切れてきました。なかなか仕事が片付かず8時近くに退勤し,空を見上げるとまたまた雲が出ています。しかし,その切れ間から星が覗いています。

家に帰って夕食をすませ,娘たちの「私も行く!」攻撃をかわすために,彼女らが風呂に入ったスキに出撃です。

市内の公園から南の空を眺めます。091214ftgz1
空が明るく,少し露出を伸ばすと真昼のようです。雲もなかなか切れません。

せっかくなので,もう少し空が暗いところまで行ってみます。091214ftgz2
いい感じです。

しかし,なかなか星が流れません。
それでも,小1時間空を眺めているうちに5つほど流れました。私の撮影技術では,流星を上手くとらえることはできません。
091214ftgz3かろうじてオリオン座の南側(下方向)に流星の軌跡がお分かりでしょうか?肉眼では,かなり明るかったのですが。

こちらは,ふたご座付近。091214ftgz4
こちらは,
091214ftgz5飛行機でした 。

それほど寒さも厳しくなく月明かりもなく観測には最適な夜でしたが,いかんせん今日は月曜日。明日のことを考え早々に撤収してきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月12日 (土)

徒歩で日本縦断

昼過ぎに国道354号線を西に向かっていたところ,小野川付近でザックを背負って歩く若者を見かけました。

ザックの背中には「徒歩・日本・縦断(一周かも?)」の文字が読み取れました。追い越しざまに「がんばれよー」と声をかけると,にこりと片手をあげて応えてくれました。

学生の頃は,徒歩や自転車による長距離旅行に憧れたものでした。実際,自転車で北海道一周や九州まで行った友人は何人もいたのですが,徒歩で行った人はいませんでした。徒歩による長距離移動はずっと憧れでしたが,私にできたのは日本橋から水戸まで歩くことでした。(大学の夏の合宿では,南・北アルプスに2週間ぐらい入っていましたが,直線距離にすると日本橋-水戸の方が長いでしょうか)

かつて私が人生の先輩方からしていただいたように,件の若者と食事でもしながら旅の話しを聞きたいものだと思ったのですが,再び彼の姿を見ることはかないませんでした。
今頃は,どこにいるのでしょうか?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年12月 8日 (火)

ふらふら自転車 駄菓子屋に行く

Hgny1小野川にある雑貨屋の「ひがのや」さんに行ってきました。
「ひがのや」さんのことは4年ぐらい前に書きましたが,駄菓子屋さんです。以前から「行こうよ」と子どもたちにせがまれていたのですが,やっと実現しました。
4年前の記事はこちら

Hgny2 中はご覧の通り。
以前に比べると駄菓子の量が減ったような気がしますが,子どもたちは目移りしてなかなか決まりません。
Hgny3最近はスーパーやコンビニにも駄菓子が置いてありますが,この雑多な雰囲気と店番をするおばあちゃんがいてこそ駄菓子屋でしょう。
Hgny4スーパーでも見かけるブタメンですが,やはりお店でお湯を入れてもらって店先で食べるのが王道でしょうか!?

Hgny5 かなり怪しい感じです。

Hgny6

Hgny7_2「すもも漬」発見!

Hgny8しっかり買い物をして撤収です。

「ひがのや」さんの場所はこちら
何と!googleにお店が記載されています。「日下野商店」なのですね。

より大きな地図で 日下野屋 を表示

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年12月 6日 (日)

小田城跡発掘調査現地説明会09

091206odjsgs1_3毎年12月に恒例となっている小田城跡発掘調査現地説明会に行ってきました。午前中の説明を聞きに行きましたが150名ぐらいの参加者でにぎわっていました。

これまでの本丸跡の本調査が終わり,今年の調査は,今まで調査したことがなかった曲輪(くるわ=掘などで区切られた城の区画)についての確認調査(部分的な発掘調査)の調査説明だそうです。
091206odjsgs2_3 説明会で配布された資料の地図です。(小さくて見づらいかと思いますが,著作権の問題もあるので…。おおまかなイメージをつかめるようにupしました。)

概略図に見られる逆L字状の曲輪が今年調査された曲輪Ⅳです。ちょうど本丸跡の南東に本丸を囲むような位置にあります。

今年の調査成果として次のような事が説明されました。
◇曲輪Ⅳを2つに区切る掘跡の発見
  逆L字状にちょうど曲がる部分に掘跡があることが判明し,曲輪Ⅳが実は2つに分かれていることがわかりました。

◇本丸外で初めて通路跡を確認
  新たに見つかった掘跡は,本丸の掘に直接つながらず,間に土橋状の張り出しがあったあることが判明。ここに堀を渡る橋が存在し,通路があったことがわかるそうです。
091206odjsgs3_2

◇防御のための土塁跡を確認
  掘と土塁はセットになっていて防御を固めていたそうです。
091206odjsgs4_2

◇城の大手道に関係すると思われる掘跡の発見

私のような素人からすると,これまでの調査で明らかになった「障子堀」や「庭園跡」の発見から比べると,今年の調査地点は少し地味のように感じられましたが,本丸外の調査成果というのは,小田城趾の構造を知る上で重要な成果なのだと思います。091206odjsgs6_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »