« 筑波山麓のヒガンバナ | トップページ | 稲刈り09 »

2009年9月18日 (金)

筑波山 秋の草花

ツクバトリカブトTtrkbt
トリカブトの同定は難しくよく分かりません。茎が直立し葉が大きく3裂しているのがツクバトリカブトだそうですが…。
筑波山で発見されツクバの名が付いていますが,本州全域の高原地帯に広く分布しているようです。

ジャコウソウJks
茎や葉からほのかな香りがすることからこの名前がついたようですが,よく分かりませんでした。
湿気の多い林内や沢沿いに生える多年草。花が5cmほどありよく目立ちます。

キバナアキギリKbakg
「秋にキリに似ている黄色い花をつける」といったことからついた名でしょうか。特徴のある花の形と暗紫色の長く伸びた雌しべは,鳥のクチバシから舌が出ているようで愛敬があります。

低い山地の木陰などに生えるそうです。筑波山でもケーブルカー脇の登山道で見られます。この道は,目立った草花が少ないのでよく目につきます。大切にしたいです。

タムラソウ
Tmrs
花も葉もアザミに似ていますが,棘がありません。
ポピュラーな花だと思うのですが,私は筑波山では一箇所でしか見たことがありません。

|

« 筑波山麓のヒガンバナ | トップページ | 稲刈り09 »

コメント

タムラソウありそうで出会えない花ですよね。
これかな~と思ってもやっぱりアザミなことばかり。
咲く場所を知っている平さんは貴重。
しかし、不思議なのはこの名前。私の図鑑にも名前の由来は不明となっている。
タムラさんが発見したとか?

投稿: ちゅいろ | 2009年9月20日 (日) 13時58分

確かに名前の由来はよく分かりませんね。
図鑑には「田村草」となっていましたが
田村=田園と考えると,田んぼに生えている
草なんていくらでもありますよね。

投稿: 平左衛門 | 2009年9月21日 (月) 15時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130813/46246725

この記事へのトラックバック一覧です: 筑波山 秋の草花:

« 筑波山麓のヒガンバナ | トップページ | 稲刈り09 »