« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月27日 (日)

古河でネイチャーゲーム

090927kjc1 古河青年会議所さんから,お声を掛けていただいて,古河市のネーブルパークで,午前中メンバーのネイチャーゲーム体験,午後小学生を集めてのイベントのお手伝いをしてきました。

090927kjc2 大人,しかも男性ばかりを相手にネイチャーゲームを実施する,なんてことは初めてで緊張します。
Q「好きな動物は?」
A「ディープインパクト」
Q「理由を教えてください」
A「強いから」
なんていう大人の会話は初めてで,調子が狂います。

それでも,みなさん楽しそうに取り組んでくれました。

090927kjc3午後からは,市内の小学生約120人を集めてのイベントです。
午前中,体験してくれたJCメンバーがスタッフにはいって,ゲームを通して小学生に自然や生き物の面白さを伝えていきます。

実は,私がネイチャーゲームを始めたばかりの頃,総和町のJCさんのお手伝いを,今日と同じネーブルパークで行ったことがありました。もう10年以上も前のことです。市町村合併で古河市になっても,ネイチャーゲームをつかって自然体験のイベントを続けていることは,すごいことだと思いました。

また,120人もの子どもを集められることも驚きでした。古河JCの組織力とチームワークに脱帽です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月26日 (土)

秋の高崎の森 いなか体験

つくばスタイル」なんて気取った言い方より,はっきり「いなか体験」とストーレートに勝負?した方が好感がもてます(^_^;) でも「いなか体験」っていったい・・・

金曜日の夜に娘たちが「明日は栗拾いだよ~」と言っていました。私も数に入っているようです。子どもが学校からもらってきたチラシを見て,カミさんが市農業課のイベント「秋の高崎の森 いなか体験」に申し込んだところ,高い競争率をくぐり抜け参加に至ったようです。
Tkbinkt1 受付で参加費のひと家族500円をお支払いします。しばらくするとセレモニーがあり,早速竹馬作りが始まりました。
道具や材料を確保するために,きょろきょろしていると,なんと!!このブログによくコメントをいただくロッキーさんご家族を発見!!お互い驚いてしまいました。

Tkbinkt2 上の娘は,学校や児童館でも竹馬を乗っているらしく,しばらくするとトコトコ乗れるようになってきました。下の娘は,口だけは出るのですが「努力」という言葉からは遠いところで生活しているようなので,なかなか乗れません。

次は「栗拾い」です。
Tkbinkt3 栗畑に案内され,早速拾います。広い畑に大きな栗の木が何本もあります。無農薬の畑と言うことなので,初めは虫の穴がないか見ながら拾っていましたが,参加者の数も多いのであっという間に拾われてしまいます。最後は,枝にぶら下がっているイガにまで手を伸ばします。
大きい粒の栗がたくさん拾えました。

そして,お昼御飯です。
Tkbinkt4 Tkbinkt5 朝からご準備いただいた,栗御飯とけんちん汁をお腹いっぱいいただきました。

お昼をいただきながら,農産物の直売の紹介があったり,「つくば いなか体験応援隊」の野菜や果物の収穫体験農園の紹介がありました。このあたりの紹介・利用普及が今日のイベントの目的のようです。

「おいしい」が盛りだくさんの楽しいイベントでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月25日 (金)

ツリフネソウ(ツリフネソウ科)

Trfns1一度見たら忘れられない姿をしています。「釣船草」とは,よく名付けたものです。もっとも,私には魚の形をした提灯が口を開けているように見えますが(^_^)Trfns2

水辺ややや湿った場所でよく見かけます。
ホウセンカと同じ仲間で,熟した果実にちょっと触れるだけで種を勢いよくはじきとばします。子孫を繁栄させるための賢い戦略です。

夢中でシャッターを切っていると,耳元で羽音が…Trfns3
スズメガの仲間のホウジャクです。ホバリングして花の蜜を吸う姿はハチドリのようです。カメラのF値を絞っていたので羽の動きを捉えることができません。

Trfns4ツリフネソウのもうひとつの戦略。
花の中の上に雌しべと雄しべが下にさがっています。いろいろな花を渡り歩いた蜂の背中についた花粉が雌しべについて受粉する仕組みになっています。
もっとも,ホウジャクは長い口吻で吸蜜するので,ツリフネソウの思惑通りにはいかないのかもしれません。

Trfns5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月22日 (火)

稲刈り09

09inkr1 今年も筑波山の麓で稲刈りをしてきました。曇り空で強い日差しもなく作業のしやすい一日でした。
09inkr2基本的にはコンバインで刈り取り・脱穀をするのですが,畦の近くと稲が倒れてしまっているところを,子どもたちの体験のために手刈りします。
09inkr3娘たちも鎌を持って飽きずに稲刈りをします。しかし,親としては刃物をもっての作業はドキドキします。自分の指を切るくらいならまだしも,小さなこの顔にでも鎌が当たったら大変です。
そんな親の不安も知らずに,楽しく稲刈りが続きます。

今年はイノシシに入られて,田んぼが少し荒らされてしまったそうです。そこは稲が寝てしまっているので,刈り取りも一苦労です。

お昼は,近くの田んぼから譲っていただいた新米と豚汁・煮物・漬物を美味しくいただきました。

午後からは,子どもたちが楽しみにしていた生き物探しです。
09inkr409inkr509inkr709inkr6_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月18日 (金)

筑波山 秋の草花

ツクバトリカブトTtrkbt
トリカブトの同定は難しくよく分かりません。茎が直立し葉が大きく3裂しているのがツクバトリカブトだそうですが…。
筑波山で発見されツクバの名が付いていますが,本州全域の高原地帯に広く分布しているようです。

ジャコウソウJks
茎や葉からほのかな香りがすることからこの名前がついたようですが,よく分かりませんでした。
湿気の多い林内や沢沿いに生える多年草。花が5cmほどありよく目立ちます。

キバナアキギリKbakg
「秋にキリに似ている黄色い花をつける」といったことからついた名でしょうか。特徴のある花の形と暗紫色の長く伸びた雌しべは,鳥のクチバシから舌が出ているようで愛敬があります。

低い山地の木陰などに生えるそうです。筑波山でもケーブルカー脇の登山道で見られます。この道は,目立った草花が少ないのでよく目につきます。大切にしたいです。

タムラソウ
Tmrs
花も葉もアザミに似ていますが,棘がありません。
ポピュラーな花だと思うのですが,私は筑波山では一箇所でしか見たことがありません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月15日 (火)

筑波山麓のヒガンバナ

Hgbn1_2 Hgbn2_2
Ntakn1_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月14日 (月)

090914筑波山(御幸ヶ原コース リベンジ編)

090914mttkb1ちょうど1ヶ月前,ケーブルカー脇の御幸ヶ原コースを登って,とってもバテたので再度登ってきました。

090914mttkb3ケーブルの宮脇駅下の鳥居を9時54分に出発。御幸ヶ原まで60分は切りたいという思いがプレッシャーになり,ややかかり気味にスタート。すぐにバテます。しかし,今日はさすがに8月とは違い気温も低くさわやかで歩きやすいです。
090914mttkb5_2中の茶屋跡で水分補給をして一息入れます。ここまで25分弱。まあ何とか60分は切れそうです。

道の端にキバナアキギリが咲いていました。

歩幅の合わない丸太の階段を我慢して登ると御幸ヶ原の喧騒が聞こえてきます。

090914mttkb4ぎりぎりのところで目標達成。いや~今日もバテました。8月からこれといったトレーニングをしたわけでなく,毎晩ビールと肴をたらふく食べていたわけですから,現状の体力としてはこのぐらいのタイムなのでしょう。8月は,やはり暑さにやられたように思います。

少し摂生した生活を送り,50分を切るタイムを狙いたいものです。
090914mttkb2立身石の上から黄金色に輝く風景が遠くまで見えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月13日 (日)

自然体験活動の研修会09

090913ng1所属する自然体験活動団体の研修会があり,坂東市の自然博物館に行ってきました。前日とはうって変わってさわやかな秋空の下で楽しく活動してきました。
地面にはいつくばって観察したり,動物の生態を体験的に理解するためにジェスチャーしたりする様は,一般来館者からするとかなり怪しげな団体だと思います。(^_^;)

そんな怪しい活動のひとつ,ネイチャーゲーム「アニマルトレイル」を紹介します。
090913ng2森の中に置かれたロープに沿って,自分のイメージした動物の目線の高さでゆっくり歩きます。周囲の様子や音やにおい,肌触りなどを感じながら動物たちの目線にたった世界を体験します。
私はタヌキをイメージしたので,よつんばいになって歩きましたが,端で見ているとかなり怪しい姿です。しかし,地上10cmの世界は,なかなか素敵な風景でした。
090913ng3 090913ng4 ドングリの実生やコケの上でキラキラ光る水滴に見とれていると…

 

突然巨大生物の出現!!
090913ng5 090913ng6 まるでソフトビニールのおもちゃか着ぐるみのようですが本物です。
止め金付きの財布を「がま口」とはよく名付けたものです。素敵な口元です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »