« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月27日 (土)

「歴史講座 筑波山信仰の歴史」

Tkbrks1公民館講座「筑波山信仰の歴史」を受講し,今日は筑波山神社・飯名神社・旧六所神社を巡ってきました。講師は,筑波山信仰といえばこの人!井坂敦実先生です。先々週,机上で筑波山信仰の起源や信仰圏のお話,廃仏毀釈のお話を伺い,今日は現地の巡検です。

まず,筑波山神社。
筑波山は関東平野に突出した独立した山容をしていたため,古代から自然崇拝や山岳信仰などがあったとされ,筑波山神社はその延長上に発展したとされます。常陸国風土記や万葉集,古今和歌集など記録書や歌集のなかでも度々登場し,当時から中央にも広く知られる存在でした。
延暦元年(782)、徳一大師が中禅寺を開山するなど神仏混合の時代が長く,中世には筑波山麓に多数のお堂が建ち並んでいたそうです。
江戸時代に入ると筑波山は江戸城から見ると北東の方角に当たるため鬼門鎮護の寺院として幕府から庇護され徳川家康から寺領500石の朱印状を賜り,2代秀忠,3代家光と社殿の造営を繰り返し壮大な境内が創出しました。5代綱吉の代にさらに1000石が加増され計1500石の社領となり日光東照宮や伊勢神宮などに肩を並べました。
明治時代初頭に発せられた神仏分離令により仏式が廃され,神社として独立しています。

 ということで,神社の階段を上がって正面にある立派な拝殿は,廃仏毀釈の後に建てられ昭和三年に増築改修されているために,今回はパス。今回,じっくり拝見したのは,寛永十年(1633年)に家光の命によって立てられた厳島神社・日枝神社・春日神社です。(上の1枚目の画像が厳島神社(弁天様),下記画像右から日枝神社,春日神社・筑波山神社拝殿です。)
Tkbrks3普段は入れないところまで入れていただきました。屋根は修復されているそうですが,柱や梁,蟇股や脇障子に施された彫刻は,350年以上も前の物とは思えません。

次に社務所で,徳川将軍家より寄進された狩野探幽作と言われている「三十六歌仙絵額」や山中で発見された「花卉双蝶八花鏡」を見せていただきました。さすがにこれらは写真の撮影ができませんでした。

その後,廃仏毀釈で破壊されてしまった遺構を求めて拝殿裏の山に入りました。所々平らな場所があり,草に覆われた斜面には石積や石段が見られます。
Tkbrks4_2最も奥に,中禅寺を開山したと言われている徳一大師の墓所といわれているところがありました。
Tkbrks5中央奥の人物の足下に穴があり,そこに石塔が建っていたようです。これも廃仏毀釈の際に破壊されてしまったようです。

拝殿前の喧騒からちょっと裏に回ると,数百年前の歴史が草むらに埋もれているなんてちょっと驚きでした。

拝殿裏の涼しそうな所で昼食を取り,午後は飯名神社に向かいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月25日 (木)

誕生日

今日は,下の娘の誕生日でした。
カミさんの作ったケーキでささやかにお祝いをしました。

我が家には,サンタは来るのですが,誕生日にプレゼントをもらえるという習慣がありません。しかし,学校で友達あたりから「誕生日にはプレゼントをもらえる」という話を聞いてきて,親の近くで「○○が欲しいんだよね」と,ぼそっと言ってみたりしています。(^_^)

思えば8年前の6月は大変な月でした。年子の姉が発熱から入院。すぐに退院だろうと思っていたら白血球の値が高く,1週間ほど入院。臨月のカミさんが一緒に病院に寝泊まりしました。(小児科の大部屋に寝泊まりしているのは,皆さんお母さん方なので私は泊まらせてもらえませんでした(^_^;)
そんな私も,カミさんたちの入院中に,十数年ぶりに発熱。自宅で伏せっていると,テレビからは大阪・池田小の児童殺傷事件のニュースが。

入院生活のせいではないでしょうが,下の娘は結局逆子が直らずに帝王切開。上の子の時のように立ち会い出産をする予定でしたが,手術なので立ち会えませんでした。立ち会うためにせっかく数日間の講習を受けていたのに。まあ,出産(手術)の日時が前もって分かっていたので,仕事は休みやすかったのですが。

我が家の娘たちは,小さい頃から食が細くてやせっぽちでした。そのせいか,よく熱を出しました。保育園に通うようになった最初の2ヶ月は,半分も登園していないような状況でした。
その後も,小児科のお医者さんには,「よく熱を出しますね~」と呆れられました。発熱だ,中耳炎だ,眼科だとずいぶん通ったものです。

そんな娘たちも,今では年に一度くらい熱を出す程度。
思いやりのある子に…,もうちょっと勉強ができないものか!,あんな事もこんな事もできるようになって欲しい…と親の欲は,尽きることはありませんが,でも,やっぱり元気に成長してくれることが一番。

お誕生日おめでとう。
生まれてくれてありがとう。
そして,元気に成長してくれてありがとう。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年6月19日 (金)

ホシザキユキノシタ09

筑波山に自生するホシザキユキノシタを見てきました。
一昨年,昨年と開花の時期にうまく合わずに蕾しか見ることができませんでしたが…。
今年は,やっと見ることができました。

ホシザキユキノシタは,1926年に筑波山で発見されました。ユキノシタは,おしべが10,花弁が5で下の2花弁は白く大きいのですが,ホシザキユキノシタはこれが退化しておしべとなり,おしべの総数は12となります。上の3花弁も小さく全体としておしべが目立ち,星のように見えるところが名の由来のようです。

09hzkyknst1
09hzkyknst2

09hzkyknst309hzkyknst4ところが,ユキノシタのように下の花弁が大きくなる個体が見られます。

環境の要因によるものなのか,交雑によるものなのか,遺伝的なものなのか…?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月15日 (月)

筑波山090613

Rkin1筑波山に行ってきました。娘たちを誘ったのですが「いかなぁ~い」というつれない返事。どうも昨年の礼文島のハイキング以来歩きたがりません。

ならば少し道が悪いコースでもいいかと思い,蜜柑園から登りました。今回の目的は
1)日頃の運動不足解消と3月に痛めた肉離れの回復具合の確認。
2)ホシザキユキノシタの開花確認。
3)男体山頂の気象観測ステーションの定時観測カメラに写る!
です。

林道に車を停め,午後1時30分過ぎに出発です。すぐに汗が噴き出ます。闖入者に警戒したホトトギスやソウシチョウが,かけたたましく鳴きます。
20分ほどすると左手の沢から水の音が聞こえてきます。沢に下りる道も何カ所かあるのですが,結構な距離を下りなくてはいけなさそうなので,ここは我慢します。もう少し歩くと右手に小さな沢が流れています。ここは,登山道っから10歩で水場です。車から持ってきた空のペットボトルに水をくみます。

筑波山の登山道はどのコースも初めは傾斜が緩やかですが,頂上に近づくに従って急になってきます。このコースもご多分に漏れず,大岩やモミの巨木が現れる頃から道が険しくなります。日頃の運動不足を呪いながら,30歩歩いては息を整えます。右足ふくらはぎの肉離れは,どうやら大丈夫のようです。
Ajsi1 コアジサイの群生に目をやりながら,一息入れます。噴き出る汗が気持ちいいです。

登口からちょうど1時間。男体山の研究路に出ました。タツナミソウが出迎えてくれました。
Ttnms1前回の正月の時と登りにかかっている時間は変わらないのですが,今回の筑波山はバテました。後半,傾斜が急になってからは,全く足が上がらなくなりました。

とりあえず男体山頂に向かいます。ちょうど3時を少し過ぎてしまいました。山頂カメラに写るには,1時間待たなくてはいけません。さすがにそれはできないので,次の機会にしましょう。頑張れば写っていたかもしれない画像はこちら

さて,ホシザキユキノシタは咲いているでしょうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月12日 (金)

ほーっ ほーっ ホタル09

09htr109htr209htr3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月 8日 (月)

麦秋

090607bks1以前,客先に出す挨拶文に「麦秋の候」と書き始めたら上司から違う季語を使うようにチェックが入りました。季節を感じる素敵な言葉だと思うのですが,確かにあまり使う言葉ではないのかもしれません。かといって「梅雨」にはまだ早いし,「水無月」もピンと来ないし…結局なんと言う言葉を使ったのか忘れてしまったのですが(^_^;)

以前は「秋蒔きの麦」の取り入れだから「麦秋」なのかと思っていたのですが,どうもそうではないようです。諸説あるようですが,麦秋の場合は「とりいれる」意の語源(=収)から来たと考えられているようです。(「秋」の音も「シュウ」ですし。)即ち麦秋の「秋」は季節のことではなく,穀物の収穫自体を指すことのようです。

稲の刈り入れは,これから秋も深まり空気の乾燥する匂いを感じます。しかし,この時期の麦の刈り入れは,多くの植物が実りを迎える秋と違い,周りは濃淡様々な緑色に輝き緑の匂いを感じます。
そこだけ黄金色に輝く麦畑。少し大きくなってきた稲の苗との対比がおもしろいですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年6月 6日 (土)

全国ろうあ者大会in茨城

6月3日から明日7日まで第57回全国ろうあ者大会がつくばで開かれています。
こちらが公式webです

公共施設などにポスターも貼られていますね。実はお気づきの方からメールをいただいていますが…(^_^;)

下記のポスターの筑波山の画像ですが,私の撮影したダイヤモンド筑波山の画像を使っていただいております。(こちらの記事です。)
昨年末に使用許可のご連絡を頂き,お役に立てればと思い快諾いたしました。
そのことをすっかり忘れていた4月,某所で大会のポスターを見て驚きました。

大会ももう一日です。関係者のみなさま,お疲れ様です。大会が盛会に終わりますことお祈りいたしております。

Hyoshi_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »