« アクアマリンふくしま | トップページ | 「劔岳 点の記」を観た »

2009年5月14日 (木)

水族館のバックヤードツアー

Img_2592アクアマリンふくしまのバックヤードツアーに参加しました。館内は,相変わらず混んでいるのですが,このツアー5分おきに出発するので,少し待つと参加することができました。

ボランティアガイドの方について,水族館の奥深くに進入します。
Img_2594チョウザメの水槽を上から覗きます。入館して初めの頃にあった水槽です。水槽越しにお客さんの姿も見えます。

Img_2600海水の取水管です。

Img_2603巨大な濾過装置(右側)の間を進みます。

Img_2598生き物たちのエサを用意している部屋です。
Img_2596セイウチ!恐るべき食欲(給餌量)!!
絶対に個人では飼えませんね。

|

« アクアマリンふくしま | トップページ | 「劔岳 点の記」を観た »

コメント

凄いところが見られるんですね!

海水を取りながら、濾過も並行しないといけないんですね。

餌の量が多いと言うことは、水質劣化も激しいはず。

職員さんたちの苦労に頭が下がります。

投稿: ロッキー | 2009年5月19日 (火) 08時24分

裏側も楽しく見せていただきました。
2月に行った大洗水族館のバックヤードツアーは定員が
少なく参加できなかったのですが,こちらは5分ごとに
4家族ぐらいがツアーに出発していました。
GWで増便?していたのでしょうか?

博物館に比べ水族館の入場料は高い設定に感じますが
(大洗。福島とも大人1800円),餌代とか水処理の
ことを考えると,まあ納得の料金設定だと感じました。
それがバックヤードツアーのねらいか?!

投稿: 平左衛門 | 2009年5月21日 (木) 00時00分

実は、家で最大7本の水槽をやっていたことがあって(笑)

魚は、ディスカスを筆頭にエンゼル、アロワナ、ナイフ、ガー、パーチ、ピラニア、コロソマ、プレコ、ロイヤルプレコ、オスカー、アメリカンシクリッド、クラウンローチ、テトラ各種、コリドラス各種、トランスルーセント、等々…


いやぁ大家族(笑)


それに、オイカワ、エビガニ、スーパーで購入したが、生きていたので水槽に入れたら復活してしまった毛蟹など、たくさん居ました。


今となっては良い思い出ですね♪

投稿: ロッキー | 2009年5月21日 (木) 00時40分

>毛蟹
最高です\(^_^)/

いや~水族館のようですね。

熱帯魚愛好家の校医さんがお亡くなりになって
水槽一式魚付きで寄贈を受けた小学校を知っています。
空き教室にいっぱいの水槽でした。巨大な水槽も。
さながらペットショップのようでした。

かく言う私も,60cmの水槽を2つほど置いていた時期がありました。(^_^;)

投稿: 平左衛門 | 2009年5月21日 (木) 23時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130813/45014658

この記事へのトラックバック一覧です: 水族館のバックヤードツアー:

« アクアマリンふくしま | トップページ | 「劔岳 点の記」を観た »