« 裏磐梯 イエローフォール | トップページ | ふらふら自転車 春一番を行く »

2009年2月11日 (水)

アルツ磐梯090207

090207alts12月7日,アルツ磐梯でスキーをしてきました。朝方は雲が多めでしたが,徐々に雲が切れ陽が出てきました。こうなると春スキーのようでした。フード付きのクワッドもフードを上げていても平気なくらいでした。
今年はやはり暖冬で雪が少ないようですが,スキー場にはたっぷりありました。ただし,雪は堅めでした。日中溶けた雪が夜に固まり,新雪が少し降っても強風に飛ばされてしまう,といった悪循環に陥っているように思います。キュッキュッと音がする斜面はほとんど無く,カリカリやガリガリ,午後になるとザァザーという感じでした。
090207alts2以前にも書きましたが,このスキー場は規模が大きく,多彩なコースが魅力です。が,センターハウス前が広大な平坦地となっており,ゴンドラや第3クワッドから下りてくると,かなりの距離をスケーティングしなければなりません。大人ならともかく,スケーティングの出来ない子どもたちには,なかなか辛いようです。(スケーティングも体重移動を学ぶのに悪くないと思うのですが)

そこで,第4クワッドか奥の猫魔ボールで滑ることになります。
第4クワッド沿いの8コースが滑りやすくメインのコースなのだと思うのですが,リフトの待ち時間は5分程度でした。ただし,初心者の方が多いのかリフトが良く止まります。

090207alts3リフトで上ると猪苗代湖がきれいに見えます。
スキー場の上部に位置する猫魔ボールは,ブナやミズナラのきれいな樹林が残されています。夏に見ると樹林の伐採された部分が痛々しく見えると思うのですが,冬にスキーをしに来た身としては,残された樹林が美しく見えます。なんとも身勝手なものです。
山スキーの練習に樹林の中を滑りたい衝動に駆られます。
090207alts4子どもたちがスキーを始めて3シーズン目。よほどのコブの急斜面でなければ,大抵のコースは右に左にターンして下りられるようになってきました。下の子などは,25度ぐらいのフラットなバーンならターンなしです。「恐ろしい・・・」とつぶやくカミさんをすっかり置いていってしまいます。
この日も転んで板を外していたのは,カミさんだけでした。(^^)

|

« 裏磐梯 イエローフォール | トップページ | ふらふら自転車 春一番を行く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130813/44028561

この記事へのトラックバック一覧です: アルツ磐梯090207:

« 裏磐梯 イエローフォール | トップページ | ふらふら自転車 春一番を行く »