« 牛乳早飲み大会 | トップページ | 筑波山の一夜 »

2008年10月22日 (水)

コシオガマ

Koshiogama1筑波ふれあいの里で開かれた自然学校にスタッフとして参加し,自然観察やクラフトのお手伝いをしてきました。楽しい一日を過ごさせていただきました。
親子40名ほどの参加者でしたが,子どものほとんどは就学前のお子さんでした。小学校低学年がちらほらいるくらいです。主催者も「最近は小学生親子の参加は少ないですね」とのことでした。

さて,草原の中に可憐な紫色の花を見つけました。
コシオガマ(ゴマノハグサ科)です。
この植物は「半寄生植物」で,他の植物の養分を譲り受けないと,一人では生きられません。国内の「半寄生植物」の研究例は非常に少なく,寄生の実態についてはよくわかっていないそうです。ゴマノハグサ科やヤドリギ科の半寄生植物は,一般に寄主から水分と無機養分だけを搾取していて,光合成産物まで取っているものはそれほど多くないようです森の入口の草原に生えていたこのコシオガマは,日当たりは割といいところに生えているのですが,まわりは色々な植物が生い茂っています。競争がかなり厳しそうです。

もう一つこのコシオガマがおもしろいところは,葉や茎がベタベタしていることです。何のために?アブラムシなどの虫を寄せ付けないため?

|

« 牛乳早飲み大会 | トップページ | 筑波山の一夜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130813/42875029

この記事へのトラックバック一覧です: コシオガマ:

« 牛乳早飲み大会 | トップページ | 筑波山の一夜 »