« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月31日 (木)

祇園祭

7月の週末は各地で祇園祭が行われました。朝から花火が打ち上げられ雰囲気を盛り上げます。
Gon1現在の私の住む地区には祇園祭がありません。(子どもの時の話しはこちら。)
娘たちからは「どこか近くのお祭りを見に行こうよ」と迫られますが,お祭りは見るよりもやはり参加するもの。地元にお祭りがないのは寂しい限りです。

仕方がないので知り合いのいる町内のお祭りを見に行きました。ここは子どもの御神輿が元気に町内を練り歩いていました。
知り合いのお母さんに「お祭りがあっていいですね」と声をかけると「そうね」と返事をするものの「それが結構,親も大変でね」と苦笑いしていました。親の負担が嫌で子どもを参加させない家庭もあるとか。
「そんなことが許されるのか!」と思うのですが,新しく転入してきた人もだんだん多くなってきて「昔のようにはいかないのよ」という話しでした。
むむ~。何とも寂しい話しです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年7月27日 (日)

産業技術総合研究所 一般公開

環境研から産総研に移動してきました。
受付でパンフレットとバックをもらってどこを見ようかフラフラしていると,どこかで見かけたような人が歩いていました。直ぐに誰か分かったので,子どもに「こんにちは!て挨拶してきなよ」とそそのかしたのですが,恥ずかしがって後を通り過ぎるのがやっとでした。かくいう父も正面から写真を撮ることは失礼かと思い,こっそり後ろ姿を撮影。
Aist1左の方です。どなたか分かりました?

その後パロのいる「サイエンス・スクエアつくば」へ。
ここと,「地質標本館」は「つくばちびっ子博士」と「科学大好きスタンプラリー」(小学校3・4年生対象の県の事業)のスタンプが置いてあるので,とりあえずスタンプを押しに。

パロとひとしきり遊んだ後に出口に「パンフレットにのっていない秘密の工作あります→」という怪しげな張り紙を発見。行ってみました。
Aist2そこでは,イヤホンと太陽電池をハンダで止めるという簡単な工作をして「アイミュレット」と呼ばれるユビキタスインターフェースを作っていました。この簡単な器具でスクエア内の音声ガイダンスを聞くことができます。
増幅器も付いていない簡単な仕組みで音が出ることが不思議ですが,各ブースのLEDから送られてくる光信号を太陽電池で受け止めて電気信号に変えているようです。

Aist3「地質標本館」の前で火砕流の実験を行っていました。画像の斜面の上から火砕流に見立てた土砂を流すようです。
Aist4_2斜面を勢いよく火砕流が流れてきます。シャッターを切るタイミングが少し早かったようです。この後,モワモワと砂ぼこりが上がります。

環境研・産総研とはしごしてさすがに疲れましたが,色々な体験をさせてもらった上にお土産をたくさんもらって帰ってきました。
8/6は気象研の公開なのですが,平日なので残念ながら行けそうもありません。「ちびっ子博士」のスタンプ3つも押せるんだけどなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月26日 (土)

環境研究所 夏の大公開

「さあ、エコハカセたちに会いに行こう!」をキャッチフレーズに,パンフレットには○○博士の似顔絵が紹介されています。(その似顔絵が本人によく似ていて感心?笑って?してしまいます)

研究所にタイムカプセル?マイナス196℃の世界
Nies1マイナス60℃で希少動物の細胞や貝類に固定された大気を凍らせて保存する「環境資料タイムカプセル棟」です。
ここでは,マシュマロを竹串に刺してマイナス196℃の液体窒素で凍らせて,鉄琴をたたいてみるという体験ができます。
Nies2ゴーグルをかけて一人前です。
カチカチに凍ったマシュマロで鉄琴をたたきます。手で触ってみたい衝動に駆られますが,そんなことをしたら大変です。
Nies3マイナス196℃の後は,0℃の氷水からゼリーを取り出してお土産にいただきます。0℃でもこんなに冷たいんだよという粋な計らいのようです。

この後,職員用の食堂でお昼を食べました。カレーとラーメンのみの潔いメニューでした。共に500円でしたが,カレーを食べました。あと200円出してもミラのカレーが食べたいところです。

ブラブラ見学しながら一番奥の「環境リスク研究棟」の
サメやタコのタッチプールを見学しました。
Nies4ちょうど私たちが訪れたときに,ドチザメが一匹お腹を見せてひっくり返っていました。あまりに触られすぎて弱ってしまったようです。サメを運び出していったお姉さんは油壺の水族館のつなぎを着ていたので,今日の魚たちは油壺からレンタルされてきているようです。魚たちにとっては受難の一日のようです。
Nies5タコがいたので触って見ました。吸盤にピュツといった感じで吸い付かれます。 

この後,車を環境研に残し,シャトルバスで産業技術総合研究所の一般公開に向かいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月21日 (月)

汲上別所釜で海水浴08

Kabk081朝起きたら曇り空だし意外と涼しいので,どうしようかと思ったのですが,子ども達の強い要望に応えて海に行ってきました。
場所は,ここ数年行っている汲上別所釜(旧大洋村)です。(つくばからの行き方は一昨年のこちらの記事を)

家を出るのが9時を過ぎてしまったので,さぞかし混むだろうと思ったのですが,道も海岸も混むことはありませんでした。つくばから1時間20分ぐらい(含むコンビニでの買い物)。海岸の混み具合は画像の通りです。

Kabk08海岸まで車を乗り入れられるので,荷物があっても楽々です。
一昨年あたりから,海水浴場としての指定が解除されたらしく,駐車が無料です。その代わり,救護施設もライフセーバーもいません。海から打ち上げられるゴミもちょっと多いかも。

Kabk083遠浅の海岸が広がります。
とりあえずは,貝拾いと砂遊び。

Kabk084海の家が2軒ありますが,右の青い方は休業(廃業?)していました。
シャワーが大人300円子ども200円でした。公衆トイレが見あたらないので,借りると100円かかります。
人も少なく余裕を持って車を停め,荷物を広げられます。

Kabk085貝拾いモードから,やっと海水浴モードになりました。
遠浅なのですが調子にのって海に入っていくと,引き潮に流されて思わぬところまで進んでしまいます。
大きな浮き輪を持ったカップルがサーファーに叱られていました。

Kabk086プールでもたいして泳げないのに果敢に泳ごうとするチャレンジャー妹の図。最近,前歯が続けて抜けて間抜けな顔になっています。

Kabk087最後は,ヘッドランドでカニ捕りをして,帰ってきました。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年7月19日 (土)

ホタル観察会

市内でホタルの観察会がありました。
この時期のホタルは,ヘイケボタルです。ゲンジより一回り身体が小さく,飛ぶ姿もスーッと流れるように飛びます。最もこの日は風が強く飛んでいるのか,風にあおられているのか判断がつきませんでしたが。

風も強く,意外と涼しい夜だったので,蛍が出るか心配でしたが…いました。無農薬の田んぼを中心に50匹以上のホタルが見られました。
Htr1(暗い中でのピント合わせは苦手です)

このブログでも,ホタルの育つ条件について書いたことがありますが,今回の観察会の講師からもホタルの生息条件について話しがありました。
◇エサの貝がいること(ゲンジはカワニナ)
◇サナギになる土の土手があること
◇成虫が飛び回る夜暗い開けた空間があること
◇卵を産むための湿ったコケや草があること
◇越冬するために冬に湿った場所があること
◆土手に除草剤をまかれないこと
等の条件が必要なのだそうです。

あなたの周りに,こういう場所はありますか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月16日 (水)

環水平アーク080715

080715ksha15日の午後1時30分過ぎに南西の空を見上げたら虹が見えました。
実は,この現象「環水平アーク」「水平環」と呼ばれる光学現象です。太陽や月にかかる暈(かさ)が,太陽や月を中心に完全な円になるのに対して,環水平アークは,天頂を中心とする円の太陽に近い側に見えます。(日暈の記事と画像はこちら
日暈よりも虹の部分の巾が広いように感じます。

日暈は今までも割とよく見た現象なので,彩雲や水平環アークなどの現象を見たいものだとずっと思っていました。
今日は昼過ぎに仕事場から外出して街中を歩いていたら,下校途中の小学(たぶん1年)生が「あっ!,にじだ」と教えてくれました。感謝,感謝。
しばらく小学生と一緒にぼ~と空を眺めてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月14日 (月)

虫取りに行こうよ

Mstr1前々から子どもたちに「カブトムシ取りに行こうよ」と言われていたのですが、夜の暗い藪の中に入る気力がなく、かといって早朝は子どもたちを起こしてもいっこうに起きる気配がなく断念していました。
仕方がないので週末の夕方、市内某所の雑木林に行ってみました。Mstr0
いざ現場に着いてみると、やっぱり草をかき分けてクヌギの木まで行くのは抵抗があるらしく、子どもたちはお互いゆずり合っています。「お父さん行ってよ!」と言われても「自分で探さないとつまらないよ~」と答えておきます。本当は,子どもを差し置いて探しに入りたいのですが(^_^;)Mstr2
しかし、姉が意を決して網の棒で草かき分けながら突入します。しかし、なかなか虫の姿はありません。クヌギの木はたくさんあるのですが、樹液の出ている木が見当たりません。
あきらめて帰りかけたころ、あのちょっと鼻につく樹液の臭いがしてきました。辺りを見回し、鼻をひくひくさせ1本の木を探し当てました。Mstr3_2
いましたいました。
カブトムシとカナブンが樹液に集まっていました。
子どもたちは喜び、父は面目が立ちほっとする瞬間でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月12日 (土)

地球にやさしい?ラーメン店

Trgb1 たまたま入ったラーメン店で会計の時に画像のようなポチ袋をもらいました。「My箸」の方ではなく「完食」の方でいただいたのですが(^_^;) 中に10円が入っていました。

「My箸」の使用と「完食」が同列に扱われているところが,なんとも申し訳なく感じてしまうのですが,まあ完食も「ごみ減量化」に一役かっているということでありがたくちょうだいいたしました。

ラーメンについては,きっとラーメン専門に語っているサイトやブログがあるでしょうからそちらにお任せするとしましょう。(醤油を食べましたが,美味しかったです)

こんな物をもらってしまうと,つい応援したくなってしまうお店です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月 5日 (土)

自転車練習(妹編)

共働き家庭の子どもにとって,自転車の練習をする時間はほとんどありません。平日は児童館にお世話になっているので自転車には乗れません。(しかし,一輪車や竹馬は,児童館で練習して上手に乗れるようになったらしい〈本人談〉…本当かな?)
週末こそ練習のチャンスなのですが,出かけたり,親の気力がなかったり,天気が悪かったりでなかなか練習できません。どうしても,短時間で乗れるようにしたいと思うと,やっぱりアレ!姉の時にお世話になった「補助無し自転車練習法」です。姉の時の様子は,こちら。
(その姉も先日,半年ぶりに自転車に乗ったらかなり危なげ(-_-;)トホホです)

今日は真夏のような天気でしたが,夕方少し涼しくなってから公園に出かけました。6月中旬から家の脇で少しずつ補助輪とペダルを外して練習していたので,何とか補助輪無しで乗れるようになってきました。
本当は補助輪を付けてガラガラ音をたてながら力強くペダルを踏み込む練習を十分にしてから補助輪を外したいところですが,なにせ前述したように促成の補助輪はずしなものですから,踏み込みも弱くハンドルもふらふらです。
Jtns1公園の周回コースを何周かするうちに,なんとかさまになってきました。
乗れるようになると強気なもので
「今年のちびっ子博士は,自転車で行こう!」ですって! (*_*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »