« ツチガエル | トップページ | 6月の筑波山 »

2008年6月11日 (水)

テッペンカケタカ

一昨日の夜,結構遅くまでホトトギスが鳴いていました。鳥はトリ目だから夜は飛ばないのかと思っていたら,そうでもないようです。

渡り鳥であるホトトギスの声を聞くと,いよいよ夏到来と言った気分です。しかし,ツバメなどの他の渡り鳥と比べてみるとずいぶんと渡の時期が遅いように思います。どうも,托卵の習性のために対象とする鳥の繁殖が始まるのにあわせることと、食性が毛虫類を捕食するため、早春に渡来すると餌にありつけないためのようです。

まだ子どもたちが小さかった頃,休日にベビーカーを押して散歩をしていると,高圧線に留まったカッコウが,周囲を見渡しながら盛に鳴いていました。
最近はカッコウの声は聞きませんが,あのカッコウは今頃どうしているのだろう。

|

« ツチガエル | トップページ | 6月の筑波山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130813/41505390

この記事へのトラックバック一覧です: テッペンカケタカ:

« ツチガエル | トップページ | 6月の筑波山 »