« 筑波のレンゲ畑 | トップページ | 田植え08 »

2008年5月14日 (水)

熊まつり(裏磐梯早稲沢)

裏磐梯のサイトステーションの掲示板に「熊まつり」 熊汁,郷土のおやつ,熊狩り実演,歌と踊り…という小さなポスターを見つけました。早稲沢と言えば裏磐梯でも最も奥,山の向こうは山形県(今年2度ほど行った白布温泉)です。しかし,たいしてやることもなく裏磐梯をブラブラしている我が家にとって興味の対象となってしまいました。
Kumaf1会場に着いて,吊された毛皮にまずびっくり。ちょうど開会のセレモニーが始まるところでした。

会場では,大きな鍋で「熊汁」が作られていました。「骨付きの肉もたっぷり入っているよ」ということで,早速購入。
Kumaf2 Kumaf3

しかし,お値段が800円と聞いてまたびっくり!
ありがたくいただきます。
クマの肉はシカ肉ほどではありませんが,ちょっとクセがあって,親はひと口食べれば充分でした。しかし,子どもたちはケンカしながら争って食べていました。お里が知れてしまいます(-_-;)トホホ
Kumaf4 ステージ奥では,熊狩りの道具やクマの骨などが並んでいました。最初は「クマかわいそうだね」とか「ぶきみ~」と言っていた娘たちでしたが,人が生活するためには多くの生き物に支えられていることを少しは感じたようでした。熊汁が美味しかったらしく,その効果が大きい!? 何事も切実な体験!?が大切のようです。Kumaf5_2
開会のセレモニーの後,会場隣の林の中で「熊狩り」の再現が行われました。
「ブッパ」「セコ」「オッケシ」という役割があって,その役割の中にも1番手,2番手…という役目があるそうです。
「セコ」「オッケシ」は独特の奇声をあげてクマをブッパ(鉄砲)の方に追いとばします。声が小さいとそちらの方に熊は逃げてきてしまうそうです。

セコ・オッケシ役の人を会場からも募っていました。声をかけていただいたのですが,箕を着て大声を出すのが恥ずかしくて丁重にお断りしてしまいました。が,今思うとやらせてもらえばよかった!
格言「やらずに後悔するより,やって後悔しよう」
Kumaf6さあ,いよいよ実演です。ブッパ(鉄砲)が待ちかまえている方に,熊が追い立てられてきます。
「ズドン」
Kumaf7熊狩り実演のみなさん,勢揃いです。
熊の毛皮を被って「熊役」を演じた方は,なんと86歳だそうです。

|

« 筑波のレンゲ畑 | トップページ | 田植え08 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130813/41160865

この記事へのトラックバック一覧です: 熊まつり(裏磐梯早稲沢):

« 筑波のレンゲ畑 | トップページ | 田植え08 »