« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月31日 (土)

中学校で自然体験講座08

Ytbf1ここ数年声をかけていただいている市内の中学校へ行って自然体験活動の手伝いをしてきました。
しかし,今日は朝から雨。天気が良ければ学校に隣接する森で活動しようと考えていましたが,今日は屋内中心の活動となりました。

初めは表情の硬かった中学生も,アイスブレイクのゲームを行い身体を動かし始めると,素直な笑顔がこぼれてきました。「もう一回やりたい!」などと言われると,悪い気はしません。
「見ること以外の感覚も使って身近な自然に気づく」ということをテーマの一つにしていたので,出来れば直接自然を感じられるように屋外に出たいと思っていました。もう少し気温が高ければ多少の雨でも外に出たいところですが,テラスから雨降る外を眺めながらの活動が精一杯でした。

それにしても,今日は寒かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月26日 (月)

08カブトムシ土替え

0805kabuすっかりご無沙汰していたカブトムシの幼虫の土を替えました。あまりにも遅すぎる土替えで,蛹の準備をしているのではないかと心配でしたが,間に合ったようでした。

 カブトムシを育てて3年目になりますが,飼育への熱は年々冷め,同時に飼育する数も激減しています。かつては,居間に飼育のための衣装ケースを3つも置くほどの熱の入れようだったのですが…,現在は玄関先にひと冬置きっぱなしにされている状態です。
 しかし,9匹全部が無事に冬を越しました。夏になったら友達に分ける事を思い描いている娘たちにとっては,やや少ない数です。

幼虫たちの身体は,かなり黄色みを帯びてきているので,もうすぐ蛹へと変わるのだろうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月17日 (土)

田植え08

080517tnb1筑波山の麓で田植えをしてきまた。
不耕起の田んぼに手植えをします。
080517tnb2_2格好は一人前ですが,なぜかすでにお尻が汚れています。
080517tnb3
080517tnb4つくば市内にも棚田があるんですね。
080517tnb5午後は,水路や池で生き物探しをしました。

結構,いろいろな生き物がいたのですが,最近,ネットで情報を集めた業者がやってきて希少な生き物をごっそり持っていてしまうそうなので,詳しく書くことは控えたいと思います。
うむ~。困ったもんだ。
080517tnb6「ほら見て,このオタマジャクシには足が生えてきているよ」
捕った生き物を,小さなお友達に自慢げに見せている姉でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年5月14日 (水)

熊まつり(裏磐梯早稲沢)

裏磐梯のサイトステーションの掲示板に「熊まつり」 熊汁,郷土のおやつ,熊狩り実演,歌と踊り…という小さなポスターを見つけました。早稲沢と言えば裏磐梯でも最も奥,山の向こうは山形県(今年2度ほど行った白布温泉)です。しかし,たいしてやることもなく裏磐梯をブラブラしている我が家にとって興味の対象となってしまいました。
Kumaf1会場に着いて,吊された毛皮にまずびっくり。ちょうど開会のセレモニーが始まるところでした。

会場では,大きな鍋で「熊汁」が作られていました。「骨付きの肉もたっぷり入っているよ」ということで,早速購入。
Kumaf2 Kumaf3

しかし,お値段が800円と聞いてまたびっくり!
ありがたくいただきます。
クマの肉はシカ肉ほどではありませんが,ちょっとクセがあって,親はひと口食べれば充分でした。しかし,子どもたちはケンカしながら争って食べていました。お里が知れてしまいます(-_-;)トホホ
Kumaf4 ステージ奥では,熊狩りの道具やクマの骨などが並んでいました。最初は「クマかわいそうだね」とか「ぶきみ~」と言っていた娘たちでしたが,人が生活するためには多くの生き物に支えられていることを少しは感じたようでした。熊汁が美味しかったらしく,その効果が大きい!? 何事も切実な体験!?が大切のようです。Kumaf5_2
開会のセレモニーの後,会場隣の林の中で「熊狩り」の再現が行われました。
「ブッパ」「セコ」「オッケシ」という役割があって,その役割の中にも1番手,2番手…という役目があるそうです。
「セコ」「オッケシ」は独特の奇声をあげてクマをブッパ(鉄砲)の方に追いとばします。声が小さいとそちらの方に熊は逃げてきてしまうそうです。

セコ・オッケシ役の人を会場からも募っていました。声をかけていただいたのですが,箕を着て大声を出すのが恥ずかしくて丁重にお断りしてしまいました。が,今思うとやらせてもらえばよかった!
格言「やらずに後悔するより,やって後悔しよう」
Kumaf6さあ,いよいよ実演です。ブッパ(鉄砲)が待ちかまえている方に,熊が追い立てられてきます。
「ズドン」
Kumaf7熊狩り実演のみなさん,勢揃いです。
熊の毛皮を被って「熊役」を演じた方は,なんと86歳だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月13日 (火)

筑波のレンゲ畑

Renge1つくば市小田周辺のレンゲ畑が先週の新聞に紹介されていました。
当ブログ4/21の記事へのコメントで「レンゲ畑は休耕田」などと書いてしまいましたが,そうではなく有機農法の肥料にするために植えられているようです。

レンゲはマメ科植物で,根にはレンゲ固有の根粒菌が共生して根粒をつくり,空気中の窒素を固定することができます。この効果によって肥料の量を節減することができるそうです。また,レンゲが鋤き込まれ土中で分解されるときにガスが発生し,それによって除草効果が期待できるそうです。
レンゲ栽培の手間もかかるでしょうし,花まで楽しんでしまうと稲の生育期間を圧迫しないのかと心配になってしまいます。最も,昔の田植えは梅雨の時期だったのでしょうから心配はないのかもしれませんが。Renge2
ちなみにこのレンゲ畑,今月末には土の中に鋤き込み,6月には田植えの予定だそうです。
この素敵な風景も,あと数週間です。
大きな地図で見る

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年5月11日 (日)

達沢不動滝(猪苗代町達沢川)

Tkfd1 磐梯旅行の3日目。今日は朝から曇り空です。
3つめの滝,達沢不動滝を目指します。猪苗代の街中から中ノ沢温泉を目標に進みます。

Tkfd2 集落を過ぎ山路にはいると程なく案内板と駐車場がありました。
車を置いて新緑の緑の中を歩くこと10分程で不動堂が見えてきました。
お堂のその先に…
Tkfd3 大岩から流れ落ちる水は,昨日までの2つの滝と違って優雅に感じられます。
Tkfd4この滝は,NHK大河ドラマ「風林火山」のオープニング映像にも使われたとか。うむ~,何回か見たはずなのだけれど記憶にないなあ~。

冬場は駐車場まで除雪されないでしょうから,集落の最奥の民家から30分くらいは歩かねばならないでしょうか。それでも,今回の3つの滝の中ではアプローチが最も楽だと思います。傾斜がないので雪が付けはクロカンでも来られそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月10日 (土)

小野川不動滝(北塩原村小野川)

Ongfddk1磐梯旅行の2日目。小野川湖の奥にある「小野川不動滝」に行ってきました。

駐車場からゆるい登りが続きます。(森林軌道の跡?)途中,階段状の登りがありますが,5分ほどでまた平らな道になります。

駐車場から15分。滝の名の由来にもなっている不動堂が見えてきました。Ongfddk2
滝の音も聞こえてきました。
Ongfddk4豪快に雪解け水が流れています。
昔は(今も?)この滝に打たれて修行をする人がいたんでしょうね。

冬場は,これほどの水量は無いでしょうが,全面凍結するとは思えません。でも,周辺部が凍るだけでも冬らしい風景になりそうです。スノーシューハイクの候補ですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月 9日 (金)

銚子ヶ滝(郡山市石筵川)

Csgt1 旧母成ラインから「銚子ヶ滝」の道標に誘導され「ふれあい牧場」の方に入ります。牛や馬の姿が見えると,娘たちは牧場に行こうとせがみますが,親二人がかりで「滝を見てから!」となだめます。
 「銚子ヶ滝入口」には,車が5台ほど止められるスペースがありました。

Csgt2 新緑の美しい森の中へ入っていきます。
20分ほど平坦な道を歩いていくと安達太良山への分岐です。間もなく沢の音が聞こえてきます。沢床に向けて下りますが,階段があったり鎖が張ってあったりして緊張させられます。厳冬期にどのくらいの雪が積もるのか分かりませんが,雪が付いては子どもたちにはちょっと手強そうです。

やがて木々の間から滝が見えてきました。Csgt3_2
下の子に手を貸している間に,姉は先行してしまい,滝の前で何やらやっています。
Csgt4なかなかの迫力です。水しぶきが飛んできて,服もカメラも濡れてきます。それでも引き寄せられるように,あきずに眺めてしまいます。

Csgt5「水に入ってもいい?」と今にも靴を脱ぎ出す勢いの妹ですが,水に手を入れてみて「やっぱりやめる」とあきらめました。雪解け水はさすがに冷たかったようです。
雪の時期には最後10分ほどの下りが子どもたちには厳しそうです。スノーシューでの滝見物は無理そうですが,代わりに真夏にはこの水のきれいな沢で遊べそうです。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 7日 (水)

春の裏磐梯08

Ubdi0GWの後半,磐梯方面に行ってきました。
本来なら,磐梯山に登って,カヌーに乗って…と盛りだくさんの計画でいたのですが,どうも子どもたちの体調が今ひとつでした。そこで,のんびりと沼を歩いたり,滝を目指して歩いたり,地元のお祭りを見たりして3日間過ごしました。

実は我が家のカミさんは滝マニアです。磐梯登山には難色を示した彼女も,滝を見るためなら1時間ぐらいの登りは不平も言わずに歩きます。Ubdi1_2 
滝見物には,私の思惑もありました。子どもたちもゲレンデでのスキーはそこそこ滑れるようになってきたので,これからはスノーシューやクロカン,そして山スキーでバックカントリーに飛び出したいと思っています。そこで,今シーズンは自動車道から少し入ったところにある凍った滝(氷瀑)がいい目標になると考えています。今回はその下見をしようと考えたわけです。今回の旅行では,毎日1つ,3日で3つの滝を見ました。
これから,雪解けで水量豊かな滝をご紹介していきます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »