« 富士山 | トップページ | 摩多羅鬼神祭(雨引観音) »

2008年4月10日 (木)

日暈(ひがさ・にちうん)

Higasa1スキー場でリフトに乗っていると子どもが「お父さん,虹が見えるよ」と言うので,見上げてみると太陽の周りに暈がかかっていました。「 日暈,月暈は雨の兆し」と言われています。暖かな日差しの中,シーズン最後のスキーを楽しみましたが,どうやらお天気は下り坂のようです。

暈(かさ)は,細かい氷の結晶でできた雲(巻雲,巻層雲など)が太陽や月にかかり,氷の結晶がプリズムの役目をして光の屈折や反射がおこります。結晶の形や太陽(月)の角度など様々な条件によって,虹の輪に見えたり柱に見えたりします。低気圧の温暖前線の前方には暈を発生させる巻層雲があるために,暈は低気圧の接近に伴って発生することが多いようです。

案の定,スキーの帰り道,常磐道に入るあたりから雨粒がフロントガラスを濡らし始めました。

|

« 富士山 | トップページ | 摩多羅鬼神祭(雨引観音) »

コメント

へ~、
タイトルを管理画面で確認した時、平さんやっと、「日傘」の大切さを分かってくれたか!でも、字間違ってるよ。と思いながら画面を開いたら・・・
私にも虹に見えます。なかなかお目にかかれない現象でしょう。昔からの言い伝えは本当によくあたるというか理に適っていますよね。
来週からの科学週間で、産総研チラシをもらってきましたが、土日は、とってもたのしそうなイベントがあり、絶対行きたいです。
ストラップ作りは、お母さんのほうがやりたくなると思いますよ~

投稿: ちゅいろ | 2008年4月10日 (木) 09時53分

日中,空を見上げる機会が年々減ってきていますが,日暈は結構見られる現象かもしれません。幻日とか彩雲とかは,珍しいようです。
チラシうちの子たちももらってきました。理研やリサーチギャラリーのもあったような…
来週は,授業参観や学童の集まりがあるんですよね~。

投稿: 平左衛門 | 2008年4月10日 (木) 22時50分

この虹、見てみたいですね!
最近、私も空を見上げていませんね。

こんな所から、色々な感覚の劣化が起こってゆくのかも知れませんね。


今年の環境研のチラシは笑えます。

投稿: ロッキー | 2008年4月12日 (土) 10時20分

日常の中で,空を見上げるぐらいの余裕は
欲しいものだと思っいても,なかなか厳しいですよね。

>今年の環境研のチラシは笑えます。
楽しみですね。
また,エコバック配るのかなあ。欲しいなあ~。

投稿: 平左衛門 | 2008年4月12日 (土) 21時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130813/40778776

この記事へのトラックバック一覧です: 日暈(ひがさ・にちうん):

« 富士山 | トップページ | 摩多羅鬼神祭(雨引観音) »