« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月30日 (日)

天元台スキー場(3/30)

山形県の天元台スキー場に行ってきました。
友人家族とともにスキー場上部からスノーシューで1時間ほど登り,中大巓(なかだいてん)の樹氷を見に行くつもりでした。ところが,友人の所の子どもが熱を出していけなくなりましたdespair
さすがに我が家単独で1900mの雪山の中に入る気にはならず,今シーズン最後のスキーを楽しんできました。(我が家のカミさんは,山は全く素人,できれば歩きたくない人なものでとほほ orz)
080330tengen2 一番下のリフト沿いのバーンを使って大会が行われていました。関係者の車なのか,ロープウェイ駅近くの駐車場は満車でしたが,ゲレンデはさほどの混雑はありませんでした。

 雪もまだまだ固く滑りやすかったです。週の中頃に寒気が入ってきたおかげでしょうか。一番上の斜面は,磐梯あたりの2月頃の雪とかわりありませんでした。とは言え,午後になると下の方の雪はかなり重くなってきました。
080330tengen1_2ゲレンデトップから下を見下ろします。画像では,ガスがかかっていますが,ガスが切れると飯豊連峰・朝日連峰の白い山々見渡せます。

シーズン最後のしめくくりに下りのロープウェイを使わずに,「湯の平コース」という,ロープウェイの天元台高原駅から湯元駅まで滑り下りる3,000mのロングコースを上の娘と滑りました。
滑り始めると娘が「これ道路だよ,お父さん」と笑っています。そうです,林道です。しかも,車1台がやっとの狭い林道。コーナーもきつく,その外側はガードレールのない崖です。下の娘とカミさんはロープウェイで正解です。重い雪で,足がパンパンになるころ,やっと湯本駅の下50mぐらいの所の車道に出ました。ちょうどカミさんたちが駅から出てきました。

これにて我が家の今シーズンのスキーはお終いです。(たぶん)
いやぁ~今年は,自分でも呆れるくらいたくさん行きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月28日 (金)

ホトケノザ

Htkz1名前の由来は,花の下にある葉が茎を包み込むようになっているので,これを仏様の蓮華座に見立てたようです。別名サンガイグサ(三階草)とも呼ばれるようです。
 春の七草の「ホトケノザ」は「タビラコ」(キク科)のことです。ホトケノザは食べられない? 
 ホトケノザは,比較的古い外来植物のようです。道端や空き地に咲くホトケノザのある風景は,すっかり,「日本の風景」となっています。
Htkz2 花の形は,蜜だけ横取りされないように,長い筒状になっています。花の上側にオレンジ色の雄しべがあります。蜜を吸いに来たハチなどの背中に花粉がつく仕掛けになっているようです。

 しかしホトケノザは,筒状の花が咲き終わったあと「第2の花」をつけます。これは,「閉鎖花」と言って,花を開くことも虫に花粉を運んでもらうこともありません。つぼみのような状態のまま,花の中ではどんどん種子が作られます。花を咲かせるよりも閉鎖花のまま自家受粉した方が効率的なかもしれません。効率的に沢山の種を作り、子孫を増やそうとしているのだと思います。遺伝子の交換は春だけにして、同じ遺伝子の種を沢山作った方が競争優位性があると選択したのでしょう。この方法はスミレなどにも見られます。
Htkz3_2   さらに,種子にも仕掛けがあります。
 ホトケノザの種には,アリにとって魅力的な物質が付いています。アリは種子をどんどん運びます。ところが,しばらくするとその物質が取れてしまいます。そうすると,アリは種子には見向きもせず放棄してしまいます。その結果,ホトケノザの種子は,広く散布されることになるわけです。このような種子散布方法は,カタクリの種子にも見られます。

 自分では移動することのできない彼ら,なかなか巧みな戦略を使っているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月27日 (木)

つくば教育情報誌「TREASURE(トレジャー)」創刊

(株)エデュケーションデザインラボさんから『つくば教育情報誌 TREASURE(トレジャー)』が創刊されました。(エデュケーションデザインラボさんのWebはこちら

実は,この創刊号に「春の妖精に会いに行こう~親子で登るの筑波山~」というコラムを書かせていただいています。2月の初め頃にスタッフの方からご連絡を頂きました。「パパと小学生のお出かけ」というテーマの依頼でしたので,このブログの記事をベースにを書きました。ちなみに,
06/04/15 「スプリング・エフェメラル」はこちら
07/04/15 「春の筑波山」はこちら
07/04/17 「筑波山の春の妖精」(花の画像)は,こちら
あたりの記事をまとめています。

ご連絡をいただいたときには驚きましたが,せっかくの機会なので書かせていただきました。私の拙いブログが,いろんな方にご覧いただいているのだなあと思うと,ちょっと緊張してしまいます(^_^;)

●『TREASURE(トレジャー)』創刊号 目次紹介
  巻頭特集:子育て・子育ち・親育ちインタビュー 
 門脇厚司筑波大学名誉教授
   「子どもに社会力をつけるために、親ができる5つのポイント」 
  特集1:クローズアップ並木中等教育学校
   ・並木中等教育学校に行ってきました
   ・初年度の出題を徹底分析 塾の先生に聞く!
    並木中等教育学校適性検査の傾向と対策
   ・合格者&親に絶対聞きたいQuestion
  特集2: つくばエリアの小学生ファミリーに聞きました
    子どもの知的好奇心を育てる、おすすめ体験スポット
   ★トレジャーママの「はてな?」解決 第一回 
   教えて! 塾選びのポイント
   ★きらりNPO NPO法人アクティブつくば
   ★子どもを守る みんなでつくろう! いばらき安全なまちづくり
   ★パパのトレジャーハンター  
    春の妖精に会いに行こう  「親子で登る筑波山」   
   ★カラフル子育て第一回 こころを耕す    
   ★子どもたちに伝えよう!旬の食材を使った、いばらきの味
   ★子どもと元気!正しい姿勢が未来を創る!

『TREASURE(トレジャー)』は,市内の友朋堂書店,ブックエース,くまざわ書店に置いてあるそうです。定価630円です。書店に行かれたときには,ご覧ください。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2008年3月26日 (水)

サクラさいたら1年生

Sakura1 暖かな日が続き,つくば市内でもサクラがほころび始めました。

 下の娘の卒園式があり出席してきました。園には10ヶ月の時から6年間お世話になりました。長いようで,あっという間。先生方に感謝するとともに,ここまで元気に成長してくれた娘に感謝。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月23日 (日)

子どものスキー指導

Img_1197 我が家のスキーも2シーズン目を終わろうとしています。娘たちは足をハの字に開き右へ左へと曲がりながら,ちょっとした急斜面ならそのままの勢いで滑ってしまいます。既にカミさんの滑りを越えている感じがします。(実際,カミさんより転ぶ回数は格段に少ないです)

  そうなると親は,できることなら板が平行に揃えられるようにしたいものだと考えます。斜滑降を教えてシュテムターンができるようにしたいとか,ハの字の開を小さくしていった方がいいのか?とか考えました。そんなことを考えながら,先日の那須甲子のスキー教室に参加しました。
  スキー教室では,講師の先生とお話しをする機会があったので,子どもたちの指導についても伺うことができました。
  結論から言うと,私は無理にパラレルにする必要はないと考えるようになりました。それよりも,色々な斜面や滑りをして,多様な感覚を磨くことが大切なのではないかと思います。その結果として足が揃ってくればいいと考えるようになりました。
  しかし,一方で今までのように,一緒に付いて好きに滑らせるのではなく,親の動きやシュプールをなぞらせたり,体重移動や姿勢に気をつけさることが必要かなと思いました。そうしないと多様な動きや感覚はなかなか身に付かないからです。(でも,それって結構大変!)もちろん,自由に滑らせることも大切だと思います。

  講師がおっしゃるには,スキーはなるべく子どもの時に始めた方が上達が早いそうです。なぜなら,子どものように重心が低い方が安定がよく,バランスを崩さないそうです。視線が低いことも恐怖心が少なくてすむそうです。何となくそうだろうと思っていることでも,理屈で説明されると説得力がありますね。
 スキーばかりでなく,音楽とか語学とか感覚が重要なものは,早い時期に始めるに越したことはないのかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月22日 (土)

オタマジャクシ 08/03/22

Otama1 先日見たアカガエルの卵がどうなったのか見に行ってみました。
 卵塊はすっかり見あたりません。水底をよく見てみると,いました。
Otama2 オタマジャクシが元気に泳いでいます。結構大きな姿になっています。もう少し早く見に来ればよかった(-_-;)

水路の周りを見渡すと色とりどりの野の花が咲いていました。
OinfgrTnpp今年初めてタンポポを見ました。
いよいよ春本番でしょうか。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月19日 (水)

親子でスキー教室

那須甲子青少年自然の家には,個人や家族の利用促進を図るために「友の会」があります。その「友の会」会員限定でスキー教室があり,家族で参加してきました。
Nkts1参加費は,食事代とシーツ代だけという驚きの企画なので,さぞかし参加者殺到と思いきや,それほどの参加者の数でなくちょっと拍子抜けでした。

初めに大人と子どもに分かれて教室が始まりましたが,すぐにプルークで滑れる子どもたちが大人に合流してきました。我が娘たちもやってきました。

子どもはプルークターンを中心に荷重や板の動かし方のレッスンを受け,大人はそれぞれの滑りを見てもらってアドバイスを受けるといった形で教室が進みました。子ども大人混合でレベルもちがう10名の参加者を指導するのは大変そうでしたが,さすがSIA公認ステージⅢのコーチ,大げさにほめソフトに指導していただき楽しいレッスンとなりました。私は
○小回りターンになると足だけで板を回すので,荷重をしっかりすること
○そのためにストックの位置に注意し,前傾姿勢を保つこと
をアドバイスいただきました。
また,子どもたちへの指導もすぐ近くで見ていたので,これから家族で滑るときにどんなことに注意して滑らせればよいのかヒントになりました。

夜は,懇親会が開かれました。レッスンの様子を撮影していただいたビデオを見ながらアドバイスをいただき,またその成果を確認することができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 8日 (土)

アカガエルの卵 08/03/08

Akgr1 穏やかで暖かな一日でした。せっかくなので,ちょっと離れた田んぼまで出かけてみました。

ありました!しかもたくさん。去年より多いかも。アカガエルの卵です。
Akgr2 まだオタマジャクシの姿は見られません。
Akgr3 卵の中もまだ小石のようです。

カミさんは「気持ちわる~い」と言い,子どもたちは「持って帰ってカエルになるまで飼おう」とせがみます。
カエルになったら「ここに戻せばいいか」とも思ったのですが,カミさんの拒否権が発動されました。

年々アカガエルの育つ環境が厳しくなってきているので,こういった環境は残したいと思いますが,田んぼは個人の持ち物だし…。
アカガエルと里山の環境については昨年書いたこちらに。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月 6日 (木)

梅園公園080306

Umzp1 昼前に外出したので梅園公園に寄ってみました。
 園内は梅の香りでいっぱいでした。花の方は,木によってまだ五分から七分咲きというところでしょうか。見頃はこれからです。

 天気もよく暖かでした。ちょうど昼時だったので,写真を撮りに来ている人や親子のお散歩などでにぎわっていました。
Umzp2

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年3月 4日 (火)

栗子スノーパーク

Crc2  国道13号から見上げるこの斜面が印象的な栗子スノーパーク(公式WEBはこちら)。 白布温泉に泊まった翌日,帰り道にある,このスキー場に寄りました。

○国道沿いというアクセスの良さ。福島飯坂ICから20kmと近い上,雪道の心配が少ない。
○コンパクトながら,初級から中級上まで楽しめる斜面構成
○圧雪部分と非圧雪部分を作った斜面管理。
○日曜日でしたが,リフト待ちは0でした。
Crc1▲規模が小さい。
▲午後になると,下の方の雪は,かなり重くなってきました。
▲レストランがやや狭い。分煙も曖昧になっている用に感じました。メニューは,それなりの値段ですがボリュームがありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 2日 (日)

天元台スキー場

 天元台スキー場に行ってきました。
 自分でもよく行くなと思っているのですが,金曜日の午前中に,友人から子どもが熱を出したので代わりに行かないかと声を掛けられました。白布温泉の宿のキャンセル料がもったいない,ということのようです。ならば!ということで家族で行ってきました。
  天元台スキー場には,30歳前後に山スキーを夢中でやっていた頃に何度か来ています。若女平コース,大平コース,大沢下りなど昔から知られたよきツアーコースがあります。

  例によって4時前に常磐道に乗り北に向かいます。休憩を入れながら2時間半で福島飯坂ICに到着。(なんとETCの深夜割引が40%です)米沢市内でコンビニによって,7時半過ぎに,白布温泉のロープウエイ駅に到着です。
 白布温泉に近づくにつれ雪がゴンゴン降ってきました。昨夜の天気予報だと一時的に冬型が強まるということだったので,今日は雪,風とも厳しいかもしれません。
 駅に隣接する無料駐車場は,ほぼ満車でしたが始発から3本目の臨時便のロープウエイには10人程度しか乗りませんでした。

 天元台に着いても,雪はあり変わらず降り続き,風も強く視界が悪いです。「せっかく来たし,リフト券買っちゃったから滑ろうか」という消極的な気持ちでゲレンデに向かいます。
Tgd1  ところが,雪がとても深いです。圧雪されておらず,ターンをするのにも力がいります。カミさんは,すぐに雪だらけです。子どもたちは,不思議とあまり転びません。プルーク姿勢でターンをしないのが秘訣のようです。体重が軽く,潜らないのかもしれません。

 上の方のゲレンデは,コメツガやアオモリトドマツの森の中を滑るのですが,とてもスキー場とは思えない,山の中を滑っているようでした。

そのうちに,下の子が「手が冷たいよ~痛いよ~」と泣きが入り,11時前にレストランに入りました。そのまま,そこでお昼を食べました。相変わらず雪は,ゴンゴン降っています。宿に電話をしたら,チェックインは3時からだけど,部屋に入れるように準備してくれると言うことで,撤収することにしました。

○おそらく雪がやみ,しっかり圧雪されれば,標高も高く雪質もよいのでしょう。しかし,天候が冬型になると,どかっと降って深雪になり初級者には難しいゲレンデになってしまいそうです。
○他のスキー場で,リフト下などを滑っているボーダーは,ぜひご来場を!
○2月よりは,3月下旬や4月の方が,天候も落ち着き滑りやすいのかも。

 山麓駅に置いた車にもどってみると,雪が20cmも積もっていました。これでは,ゲレンデの圧雪など間に合うわけがありません。

 早速と撤収したおかげで,白布温泉の湯をのんびりと楽しむことができました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »