« 慶龍寺年越大祭(つくば市泉) | トップページ | スキー場のファミリー向けサービス »

2008年2月17日 (日)

アルツ磐梯

Alts0_2 磐梯・猪苗代方面にスキーに行ってきました。
3連休中は,どこも激混みだったようですが,翌週なら空いているだろうとのヨミで出かけました。

まず,アルツ磐梯です。(公式webはこちら
アルツ磐梯に行くなら,「モバイル宝」の会員登録をおすすめします。登録すると
○駐車料金全日無料
○ファミリーパックで親子リフト券が5,000円(休日大人4,500円→3,000円,休日小学生3,500円→2,000円になります)未就学児は,元から無料です)
○来場してリフト券を購入すると携帯にメールが配信され,12時までに食事をすると家族全員にワンドリンクがサービスされます。
○他にも温泉の割引などがあります。

<アクセス>
例によってETCの深夜割引が使えるように4時前に高速に乗りました。2時間強で磐梯河東です。磐梯熱海を過ぎたあたりから高速にも積雪があり除雪車が出ていました。
Alts1_2特に早朝はスタッドレスでないと厳しいでしょう。高速を降りても雪道でした。
ゴールドライン入口手前のセブンイレブンで朝食を調達しました。
磐梯河東ICからスキー場まで約10kmです。ゴールドラインは冬期通行止めで,通行料はかかりません。スゴールドラインがゲレンデの一部と化しています。

<コース>
磐梯エリアで最もスケールの大きなスキー場です。センターハウス前から架かるクワッドやゴンドラに乗ると長い滑りが楽しめます。斜面も変化に富んでいてあきさせません。プルークでもターンやスピードのコントロールがある程度できれば楽しめます。スキーが今年2年目の娘たちも楽しんでいました。
ただし,難点が一つ。センターハウス前に広大な平坦地があります。サッカーコートが縦に2つある?ような広さです。
Alts3山側です。
Alts2どのコースから滑ってきても,センターハウス前のリフト・ゴンドラに乗るためには,この平らな広場につかまります。ボーダーやスケーティングのできない子どもには,かなりつらいです。

そこで,私と上の娘は,リフトを乗り継いで「猫魔ボール」と呼ばれる中上級者向けのエリアで滑ることにしました。色々な斜面があり楽しめます。こちらは標高も高いので雪質もよく,またリフトの混雑もありませんでした。
Alts4上の画像は,スキー場の最も奥のコースです。磐梯山を正面に見ながら,モノトーンの桜並木を滑るようで感動ものでした。

<リフトの混雑>
私たちの行った日は,土曜日でしたが,さほどの混雑はありませんでした。クワッドリフトが最も混んでも上の画像の右端まで混むことはなかったと思います。猫魔ボールの方は,ほとんど列はなく,並んでも10組ぐらいでした。
ただし,この日は風が結構強く,ゴンドラは減速運転をしていたせいもあってか,30mぐらいの列ができていたときもありました。(私は,最後の平坦地を考えるとゴンドラに乗る気にはなれませんが)
1月の3連休の時に行った友人の話だと,やはり風が強くゴンドラは午前中の早い時間で運休になってしまい,その分の人数がクワッドに流れて相当混雑したようです。クワッドも減速していたでしょうし。(まあ,同じような状況状況になれば,どこのスキー場も同じでしょうが)

アクセス,多彩な斜面構成,リフトの機動力,ファミリー層に対するサービス(この件については次回に)を考えると,交通費・センター前の広場,南斜面なので雪が解けやすいなどの要因を差し引いても,ぜひまた行ってみたいスキー場です。

|

« 慶龍寺年越大祭(つくば市泉) | トップページ | スキー場のファミリー向けサービス »

コメント

ああいいなぁ!
再来週でも、娘と犬たち連れて行ってこようかなぁ!

スキー道具は6年分の埃をかぶってそうですが・・・

投稿: ロッキー | 2008年2月19日 (火) 03時24分

私も昨年,8年ぶりにスキーの道具を引っ張り出しました。
最近のスキー場は,雪遊びやソリ遊びのプログラムを提供しているところも多いので,スキーをしなくても楽しめるようです。
そんな用意(管理)された所で遊んで楽しく感じるかは,人それぞれだと思いますが。最もスキー場だって,しっかり管理されているわけですが。

投稿: 平左衛門 | 2008年2月19日 (火) 23時22分

でしょうね。(管理)

スキー場からすれば、管理外の地域まで行って遭難した場合は責任が持てないとも言い切れますし。

昔の山スキーなんかをする人は、相当の経験と実力を兼ね備えていて、更にスキーだけでなく、雪山に関する知識も持っていたから、どこまで行けば帰還不可能になるかわかってたんでしょうね。
その境界線がわからないと危険な所まで行ってしまう。

難しいけれど、子供たちには自分の命を自分で守るための、臭いをかぎ分ける、危険を肌で感じる、そんな力を身につけてもらいたいと思っています。

飲屋街で、ぼったくり店を見分けるような力・・・違うか(笑)

投稿: ロッキー | 2008年2月20日 (水) 05時55分

うむ~,そのためにはやはり経験を積まないとcoldsweats01

投稿: 平左衛門 | 2008年2月20日 (水) 23時15分


私も9日に行く予定なんですが、混みそうですか?

投稿: はやと | 2011年1月 4日 (火) 01時48分

3連休の中日だし,センター前のクワッドやゴンドラは
昼前は結構混むでしょうね。それでも15分ぐらい?
早めに猫魔Ⅱの方に行くことをおすすめします。

投稿: 平左衛門 | 2011年1月 4日 (火) 11時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130813/40165078

この記事へのトラックバック一覧です: アルツ磐梯:

« 慶龍寺年越大祭(つくば市泉) | トップページ | スキー場のファミリー向けサービス »