« しぶき氷 | トップページ | 天元台スキー場 »

2008年2月27日 (水)

土浦航空隊神社の大鳥居

Ksmj1産経ニュースのサイトで「旧海軍の土浦海軍航空隊内にあった『土浦航空隊神社』の大鳥居が、戦後62年以上の時を経て発見された」という記事を見つけました。
産経ニュース:「『大鳥居』62年ぶり発見 元予科練生直感ぴたり」
(2008.2.10)
 その鳥居は,谷田部の小白硲(これは読めないですよね~。こじらはざま,と読みます)の鹿島神社にあると言うことなので行ってみました。

 一度別件で行ったことがあったのですが,まさかこの鳥居がそうだとは思いませんでした。「大鳥居」というほど大きい物ではありませんが,土浦航空隊神社のお社が谷田部神社のお社の大きさと同じぐらいだと考えると,確かに「大鳥居」かもしれません。リンク先の画像の谷田部神社の覆屋の中にあるのが本来の谷田部神社のお社です。

産経ニュースによると
「土浦航空隊神社は昭和16年5月、土浦海軍航空隊内を流れる精進川(現・花室川)の北側に建立された。予科練制度が5年に発足して以来、殉職者の英霊が奉られ、厳しい訓練にいそしむ予科練習生らは毎月15日、全員で整列し、同神社に参拝する習わしだった。」そうです。

 発見の経緯は,産経ニュースのリンク先に詳しく書かれていますが,米軍進駐後の神社の処遇を心配してお社,鳥居とも移設されていたようです。谷田部神社も同様の理由で,谷田部内町の八坂神社境内,そして現在地に移されています。
鳥居には,「昭和十七年七月建立」の文字が。
Ksmj2昭和15年 土浦海軍航空隊開隊
昭和16年12月 真珠湾攻撃
昭和17年6月 ミッドウェー海戦

日本が大きく揺れ動く時代を見てきた鳥居なのですね。

|

« しぶき氷 | トップページ | 天元台スキー場 »

コメント

産経ニュースの記事が削除される可能性もあるので,こちらに引用させていただきます。
産経ニュース 2008年2月10日
---------------------------
旧海軍の土浦海軍航空隊(土浦空、茨城県阿見町)内にあった「土浦航空隊神社」の大鳥居が、戦後62年以上の時を経て発見された。終戦の混乱のなか、行方が分からなくなっていたが、元隊員がつくば市内の神社の鳥居として利用されているのを偶然、発見。1月に行われた現地調査で、本物と確認された。当時の関係者は「激しい空爆をかいくぐり、ひっそりと荘厳な姿でわれわれを待っていてくれた」と喜んでいる。(倉田耕一)


 土浦航空隊神社は昭和16年5月、土浦海軍航空隊内を流れる精進川(現・花室川)の北側に建立された。予科練制度が5年に発足して以来、殉職者の英霊が奉られ、厳しい訓練にいそしむ予科練習生らは毎月15日、全員で整列し、同神社に参拝する習わしだった。

 同神社は終戦直後に焼失したと信じられてきたが、平成17年8月、戦後60年ぶりに発見された。同航空隊の士官集会所書記をしていた横田長三郎さんが、米軍進駐後の神社の処遇を心配し、土浦市烏山の自分の屋敷に移設したのが真相。ただ、神社の鳥居の行方はナゾのままだった。

 発見のきっかけは、土浦空の甲種14期の予科練生だった飯島(旧姓・若泉)福雄さん(80)=土浦市藤沢=が平成6年春、世話人を務める寺院の建て直しのため各地の神社仏閣を巡っていた際、つくば市小白硲の鹿島神社を訪れたこと。

 飯島さんは神社の大鳥居を見て「妙な懐かしさ」を感じたという。土浦空の神社の鳥居と同じ、貫が角状の「靖国鳥居」だったことも気になった。


 その後、旧制土浦中(現・県立土浦一高)の同級生だった戸張礼記さん(79)が、阿見町から委嘱されて予科練史料収集委員をしていると知り、気になっていた鳥居の話をした。戸張さんは「半世紀ぶりの大発見では」と驚き、他の収集委員や学芸員ら6人で1月8日、現地調査に赴いた。

 鳥居の柱の裏には「昭和17年7月建之」と建立日が刻印されており、土浦航空隊神社の建立時期と一致した。

 鳥居の周辺には灯篭(とうろう)や石仏も残されており、同収集委員の赤堀好夫さん(71)は「土浦航空隊神社の写真に写っている灯籠にそっくりなので、鳥居と一緒に運んだものだろう」と推察している。

投稿: 平左衛門 | 2008年2月27日 (水) 22時57分

おお、行ってみましょう。

でも、予科練習生の気持ちを考えると辛いですな。
どんな思いでこの鳥居をくぐっていったのか。

国のため、愛する人たちのため・・
「雄翔館」(館名よかったか)に納められている、特攻兵たちの手紙が脳裏をよぎります・・・

投稿: ロッキー | 2008年3月 1日 (土) 07時08分

どうすれば同じ道を歩まずに済むのか,一人一人の心の奥底に,しっかりと刻むことが大切だと思うのですが,私など忘れっぽくて適当な人間なので,どうしても物に頼りたくなります。それが,こういった戦争遺跡・近代遺産です。
だから,大切にしたいな,残していきたいなと思っています。

投稿: 平左衛門 | 2008年3月 3日 (月) 22時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130813/40294161

この記事へのトラックバック一覧です: 土浦航空隊神社の大鳥居:

« しぶき氷 | トップページ | 天元台スキー場 »