« 天体写真の練習 | トップページ | 里山たんけんのサポート »

2007年12月15日 (土)

ふたご座流星群

Orion1_2  14日夜半から15日未明にかけてふたご座流星群の極大を迎えました。
 筑波山を背景に流星の写真が撮れると絵になるかなあと思い,以前から狙っていたポイントに仕事の帰りに遠回りしてみました。
 右にオリオン座,筑波山の右上におおいぬ座のシリウス,左にふたご座,その上に赤く輝く火星が見えます。
 雲もなく街灯も少なく絶好の観望日よりです。しかし,ほとんど星は流れず21時頃に一度自宅に撤収しました。

 夕飯と寒さ対策をとって,再度出発です。もう少し近場で街灯の少ないところはないかと考えて,リンリンロード(旧筑波線跡)沿いの田んぼの中で見ることにしました。ここなら,道路に横になっていても車にひかれません。スキーウエアー上下着込み,冬用の寝袋に入れば寒さを感じません。
 23時30分から1時間ほど夜空を見上げてみました。数にしてだいたい20個ぐらいの流れ星が確認できました。写真の方ですが…
残念ながらうまく撮れませんでした。
Orion2_2  ふたご座流星群といっても,ふたご座の直ぐ近くを流れるものばかりでなかったり,シャッターを離した途端に流れたりと,うまくいきませんでした。
 25時近くになって南から雲が広がってきたので,撤収しました。

 写真は残念でしたが,肉眼ではまずまずの数を見ることができたし,久しぶりに星空を眺めることができて心満ち足りた気分になりました。
 しかし,デジカメの感度のいいことに驚ろいた反面,自分の視力が落ちたことにガクッときましたorz

|

« 天体写真の練習 | トップページ | 里山たんけんのサポート »

コメント

平さんから流星群の情報を聞きましたが、この寒さの中は、「ムリ~」
平さん頑張りましたね。その時間なら誰もいないでしょうが、「寝袋に入った人間が転がってる!」と、さむ~くなるのでは・・・
上の写真は、オリオン座がばっちりと確認できますね。すごい。
私のコンデジで軌跡なんかも撮れるそうですが、非常に難しいです。

投稿: ちゅいろ | 2007年12月16日 (日) 20時45分

>その時間なら誰もいないでしょうが
これが結構車が通るんですね。私は,リンリンロードにひっくり返っていたのですが,その側道を軽トラとか代行の車を従えた車とか…流星の数ほどは通りませんでしたが。
驚かせてしまったかもしれませんね。

三脚に固定して,距離無限大,絞り開放,シャッターは90秒ぐらいにすると,上の写真のようになると思います。
理科で星の動きを習うのは5年生?4年生?チャンスがあったら是非お子さんとでも,チャレンジしてみてください。

投稿: 平左衛門 | 2007年12月16日 (日) 22時12分

静かな観察というわけではなかったのですね。
みな、がんばっているわけですか~。

ああ~なるほど。『距離無限大』っていうのは、こういうときに使うんですね。設定も使い方が分からないとただの『文字』ですからね。ありがとうございました。
今は、星の観察を習うのは、4年生の夏の大三角形からです。でも、担任の興味や知識の具合によって取り組み方が全然違いますよ。
上のこのときには、夏休みに親子、友達とともに3回も夜空を眺め、夜の観察会を先生が夏休みに3回開いてくれましたが、下のこのときは、図に1枚かくだけの宿題でした。

投稿: ちゅいろ | 2007年12月17日 (月) 09時46分

夏休み3回の先生はすごいですね。興味や知識もさることながら,その気持ちがすごい!
学校(特に小学校)って,個人(担任や顧問)の裁量・力量に負うところが大きい気がします。組織として機能しづらいものがあるのでしょうかね・

投稿: 平左衛門 | 2007年12月18日 (火) 23時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130813/17374371

この記事へのトラックバック一覧です: ふたご座流星群:

« 天体写真の練習 | トップページ | 里山たんけんのサポート »