« ダイヤモンド富士(071201行方市・手賀漁港) | トップページ | ダイヤモンド富士(071206かすみがうら市・崎浜) »

2007年12月 5日 (水)

小田城跡現地説明会

Odjgs1 小田城といえば南北朝時代の北畠親房が「神皇正統記」を執筆した地として日本史の教科書に登場します。小田城や小田氏については,詳しく説明されているwebもありますので,そちらにおまかせするとして…
 
  つくば市教育委員会では平成16年度から本発掘調査を行い,今年度は5年計画の4年目だそうです。その調査の説明会に行ってきました。
Odjgs3  午後からの説明会に参加したのですが,小学生から地元のお年寄り,遠方よりお出での研究者(と勝手に想像しています),ざっと100名ぐらいの人たちが集まっていました。

  今年度の調査成果として
○東虎口(こぐち=出入口)跡では3時期の変遷が確認され,改修されて使われ続くけた橋跡・門跡・道路跡が発見され虎口構造が明らかにされた。
○西池跡の調査が行われ,4時期の変遷が確認された。観賞用の池から水溜へと変化することが明らかにされた。
ことだそうです。
Odjgs2説明会で使われていた小田城本丸復元図です。「西池」「東虎口」は私が記入しました。

Odjgs4  東虎口跡です。当時は,本丸を囲むように土塁が築かれ,虎口の所だけ切り取られ門が付けられていたようです 。
  門の外は掘になっていて橋が架けられていたようです。

Odjgs6 西池跡です。大きな石は観賞用として置かれた景石と思われます。
 小田城跡からは 中国・朝鮮から輸入されたと思われる陶磁器なども多数出土しています。東国の田舎にあっても豊かな暮らしが伺えます。

 小田氏の祖。八田知家は頼朝の信任厚く常陸国守護に任ぜられます。しかし,その後は,南北朝時代の混乱,戦国時代には上杉氏,佐竹氏,北条氏の間で翻弄されていきます。
  小田城の主は,またそこに仕える者たちは,どのような思いで筑波の峰を仰いだのでしょうか。

|

« ダイヤモンド富士(071201行方市・手賀漁港) | トップページ | ダイヤモンド富士(071206かすみがうら市・崎浜) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130813/17276824

この記事へのトラックバック一覧です: 小田城跡現地説明会:

« ダイヤモンド富士(071201行方市・手賀漁港) | トップページ | ダイヤモンド富士(071206かすみがうら市・崎浜) »