« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月25日 (日)

ダイヤモンド富士(071125牛久沼)

牛久沼からダイヤモンド富士が見られると言うことなので行ってみました。今日は,午前中からポカポカと暖かい一日でした。しかし,薄雲が広がり,特に地平線近くは見通しがよくありません。現場についても富士山の姿は全く見えません。地上の建物や鉄塔と富士山が重ならないような撮影のポイントを探して右往左往します。

午後4時13分
薄雲に隠されて富士山の姿は全く見えません。本当に富士山頂に太陽が沈むのか不安になってきます。
071125dfun1_2
午後4時15分
富士山の山頂部がシルエットとなって現れます。
071125dfun2_2

午後4時17分
富士山の裾野を転がるように日が沈んでいきます。
071125dfun3_2夕焼けはあまり染まらずに,黒い闇へと変わっていきました。夕焼けの撮影ポイントとして知られているのか,5人ほどのカメラマンが写真を撮っていました。

今回の撮影ポイントはこちら

拡大地図を表示

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年11月24日 (土)

江戸崎のオオヒシクイ

Hishi1 江戸崎に所用があったのですが,用事は30分程で済んでしまったので,ヒシクイの越冬地を見てきました。
 先日の新聞に,今年も既に50羽ほどが飛来していると記事が出ていました。

 ヒシクイは,日本で冬を過ごすためにシベリアから渡ってくるガン の一種です。関東地方では,ここにしか来ないそうです。 いきなり行って見られるものかも分からずに,とりあえず小野川の堤防沿いの道を進みます。すると直ぐに冒頭のような看板がありました。さらに進むと堤防の上に人影が見えます。保護団体の方々が観察していました。
Hishi2 声を掛けさせてもらうと,色々とお話しを聞かせていただいた上に,スコープも覗かせていただきました。
 いました,オオヒシクイ。堤防からかなり離れた水田の中に10羽ぐらいがかたまっていました。
 昼は干拓の水田でエサをたべ、夜は小野川や霞ヶ浦の水面で眠るそうです。
 エサは,水田の二番穂や草の実を食べているそうです。そのため,農家の方々も冬の間は田おこしをしないそうです。
 稲敷市観光協会「ヒシクイってどんな鳥?」
http://www.inashiki.com/hishikui-page/hishikui-01.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月23日 (金)

ディズニーランドの謎

Tdlp1 子どもたちとカミさんの強い希望に応えて,東京ディズニーランドに行ってきました。
 3連休の初日に行ったりしたら,とんでもなく混んでるに決まっているのですが,午前7時前には入場ゲート前に並んだところ,午前中に人気の乗物にいくつか乗ることができました。午後は,行列に2時間も並ぶ気にはなれないので,ショーやパレードを見たり,30分程度の行列に並んでアトラクションに乗りました。

 このブログでアトラクションのレポートをしてもしょうがないので,「野あそび」らしい切口で『ディズニーランドの謎』に迫りたいと思います。
その謎とは
1)ディズニーランドには落葉樹がない
2)潮風から草木を守るために,植栽の中に塩を洗い流すためのスプリンクラーがある
というものです。

1)落葉樹について
 園内には非常にたくさんの樹木があります。その樹木がうまい具合に配置されいて建物やアトラクションを隠したり区切ったりしています。また,それぞれのテーマに合わせて熱帯や砂漠の植栽が配置されています。見事な設計だと思います。
 それでは,本当に落葉樹は無いのでしょうか?なんでも「夢の国には,時間の移り変わりを感じさせる落葉樹は配置しない」と言うことなのですが…
 園内を見回してもマツやスギなどの針葉樹と,カシやツバキなどの照葉樹が目につきます。確かに,ケヤキやイチョウなどの落ち葉が何日にもわたって降ってきたら掃除も大変です。葉の落ちた樹木もどことなく寂しげで殺風景かもしれません。

 しかし,見つけました!
Tdlp3_2 右側の樹。黄色く色づいています。何の木でしょう?速くてよく分かりません(^_^;)モミジバフウ?

もう1本!
Tdlp2こちらもきれいに色づいています。
これから急降下かすると思うと,ドキドキしてじっくり見られませんでした。
シラカバ???

<結論>
ディズニーランドにも落葉樹がありました。
しかし,それはゲストが近づけないような場所,葉が落ちてもすぐに掃除をしなくてもいいような場所にありました。

2)スプリンクラーについて
 スプリンクラーの件については,遊んでいるうちにすっかり忘れてしまいました。気が付いたときには,すっかり暗くなっていて見つかりませんでした。<(_ _)>
Tdlp4

この木はリンゴの木。 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年11月18日 (日)

つくば科学フェスティバル2007

つくばカピオで行われていた「つくば科学フェスティバル」に行ってきました。午前中は某ブースの手伝いに入り,お昼頃にカミさんと子どもたちが来たので一緒に会場を回りました。
Simg_1002_2 つくばの体験イベントの顔?Dr.ナダレンジャーです。液状化現象説明器?「エッキー」を持って,今日もサービス精神満点です。
【防災科学技術研究所】

Simg_0998浮沈子を作りました。中学生が優しく教えてくれました。
【大穂中学校】

Simg_0999昨年できなかった化石のキャスト(模型)作りにチャレンジ。(人数制限があります。今年は,整理券発行の時間に間に合いました。)
【産総研・地質標本館】

Simg_1003カモフラージュしているオオムラサキの幼虫を探します。まだまだ小さい4齢の幼虫がいました。オオムラサキは6齢まで成長するそうです。
【NPOつくば環境フォーラム】

このイベントも今年で10回ぐらいになると思うのですが,最初の頃に比べると参加団体のブースが減っているのか,その分スペースに余裕があって工作をするにしてもゆっくりできました。もしかすると,参加団体は減っていないけれども2階や3階を使うようになったので アリーナにゆとりがある?

関係者の皆さんありがとうございました。今年も楽しませていただきました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年11月17日 (土)

ダイヤモンド筑波山

071117diymttkb1_2  筑波山頂からの日の出(ダイヤモンド筑波山)を狙っていたのですが,やっと実現しました。

 母子島(はこじま)遊水池(旧下館市)から見る筑波山の姿は美しく,以前紹介した「筑波山ベストビューコンテスト」にも選ばれていました。特に10月と2月は筑波山の山頂部から日が昇るために,池のまわりには多くのカメラマンが集まるそうです。
 残念ながら今年は,その時期に母子島に行けませんでした。しかし,母子島からの撮影は無理でも,撮影ポイントを変えればダイヤモンド筑波山は見えるはず。遊水池から少し北に行った小貝川の堤防から撮影したのが,冒頭の写真です。

 実は,先に遊水池で日の出の写真を撮って,あわてて堤防に移動しました。山頂の方が高度が高いので,10分間ぐらいの時間差がありました。もう少し北に移動して撮影すれば,山頂ピタリの位置だったのですが…
まあ,初見にしては空や雲の色合いもまずまずなので良しとしましょう。(まさに自画自賛(^_^;)

下が,母子島遊水池からの撮影です。
太陽の姿が現れた画像は,元旦の記事にでも使おうと思っているので,出し惜しみしちゃいます。
071117hksy

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2007年11月11日 (日)

ゆかりの森で芋煮会?

071111yukari1 ゆかりの森に行ってきました。

 もともとは所属する野外活動団体のイベントがあったのですが,雨模様の天気で一般参加者はキャンセル,スタッフも家族や本人が風邪気味と言うことで,参加者が激減してしまいました。
 かく言う我が家も,下の娘は鼻がズルズルなので自宅待機となり,姉のみの参加となりました。
071111yukari2  あまりにも人数が少なく,おまけに子どもの参加者は我が娘だけとなり,森の中でゲームをしたり遊んだりする雰囲気にもなれず,10時頃からお茶を飲んだりマシュマロを焼いたりして,お腹の減るのを待ちました。
 大人は昼食の準備をしながら,どうでもいい話をしていれば時間がつぶれますが,マシュマロ焼きにもあきた娘はアスレチックに行こうとせがみます。しかたがなしにつきあいます。さすがに誰もいなくて,貸し切りです。

 雨模様の寒い一日でしたが,色づく森の中で美味しいお昼をお腹いっぱい食べ,満足な一日でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月10日 (土)

小学校で自然体験学習

Simg_0973 阿見町の小学校から声を掛けていただき,小学生の自然体験活動のお手伝いをしてきました。

 阿見町では,11/10を共に育む「教育の日」としているそうで,各学校で授業参観が行われているそうです。

 今日は,本来なら学校に隣接する雑木林で2時間ほど活動をする予定でしたが,朝からの雨でやむなく体育館で動物に関するゲームなどをして過ごしました。小学校3・4年生との活動でしたが,多少やんちゃな子もいましたが,みんな素直でいろんなことに興味を示してくれてました。授業参観でしたので親御さんも多数いらして,一緒にゲームや活動に入っていただき親子で楽しんでいただけたようでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 6日 (火)

カブトの土替え

 ほったらかしにしていたカブトの飼育ケースを先週末にやっとひっくり返しました。
 成虫がいたときに腐葉土を10cmほど入れたのですが,今回よく見るとマットの厚さは3cmほどになっており,場所によっては底が見えていました。可愛そうなことに幼虫も身体が半分ぐらい見えているものもいました。

 マットをひっくり返してみると,幼虫が9匹ほどいました。本当はもっとたくさん卵を産んだのでしょうが,全く世話をしていなかったので…(;_;) 成虫の大きさもバラバラでした。3齢虫と2齢虫が半々ぐらいの割合です。昨年は,8月には発酵マットをケースに大量入れていたので幼虫も早くから大きく育ちました。しかし,今年は腐葉土で,しかも量も少なかったので,幼虫の身体が小さめです。

 悔い改めて,市内のホームセンターに発酵マットを買いに行きました。10リットルで約1,500円と割高ですが,2袋買って飼育ケースに入れました。昨年NETで購入した発酵マットは,約70リットルで3,000円と安かったのですが,昨年大発生したコバエは,どうも最初からマットの中にいたように思えるので,今年は購入をしませんでした。

今年も元気に育って欲しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »