« 安達太良山登山 | トップページ | リンドウ »

2007年10月13日 (土)

谷川岳:西黒尾根

071013tanigawa1   谷川岳を登ってきました。実に8年ぶりに,大きな山に登ってきました。8年前,結婚して子どもが生まれる前に,しばらく山には登れないだろうと思って登った山も,ここ谷川岳の西黒尾根でした。
071013tanigawa2  朝,4時30分に常磐道に乗り,SAで朝食,水上のコンビニで昼食の買い物,と寄りながら谷川岳ロープウエイの立体駐車場に着いたのが7時頃でした。
 山に近づくにつれ雲行きが怪しくなってきましたが,身支度を調えて,7時30分登山口を出発です。

 いきなりブナやミズナラの広葉樹林の中の急登です。手足がきしみ,五臓六腑が暴れます。10歩歩いては立ち止まり,呼吸を整えます。
 最初の一本(休憩までの約1時間?)を我慢すれば,徐々に身体が慣れるし,展望もよくなることは分かかっているのですが,「ロープウエイに乗って天神尾根から行けばよかった」とか「雨が少しでも降ってきたら帰ろう」など弱気なことを考えます。
071013tanigawa3  それでも少しずつ高度を上げていくと,木々の間からマチガ沢や一の倉沢の岩壁が望めます。
071013tanigawa4 071013tanigawa5

 1時間も登ると木々も色づいてきます。これから向かう尾根も上部が見えてきましたが,頂上はガスの中のようです。
071013tanigawa6 ラクだのコルを9時に通過。
だんだんと雲が切れててきましたが,頂上付近は相変わらずガスの中です。
 このころになると身体も慣れ,展望もよくなり快適に歩けます。来てよかった,登山口で日和らなくてよかったと思いながら高度を上げます。
071013tanigawa7 岩場の急登が続きます。鎖も付けられています。
 尾根道だし,所々にペンキでマーキングされているので迷うことはないと思いますが,出来るだけ体力を消耗しないようなルートを探しながら歩きます。
071013tanigawa9 ふり返ると登ってきた西黒尾根が見えます。
071013tanigawa8  左の大きな岩がザンゲ岩です。何とも心に響く名前ですが,信仰登山が盛んだった頃の命名でしょうか。世俗の悪事を悔い改め,身を清めて頂上を目指したのでしょう。
 ここを越えれば,傾斜も緩くなり,もう少しで頂上のはずです。先行者の姿が見えます。
071013tanigawa10 頂上が見えてきました。ガスも切れてきているようです。
谷川岳は筑波山などと同じように頂上が2つある双耳峰です。右がオキノ耳(1977m),左がトマノ耳(1963m)です。
071013tanigawa11 10時10分頂上(トマノ耳)到着です。
冒頭の写真がトマノ耳から望んだオキノ耳です。ガスがどんどん切れていきます。
 
 谷川岳は,群馬県と新潟県の県境に位置します。画像はその国境稜線です。右側のたおやかな笹原が広がる方が新潟側,右側のガスに隠れる断崖が群馬側です。
 口の悪い友人に言わせると「稜線上でオシッコすると,右に流れていったのは太平洋へ。左に流れて行ったのは日本海に。壮大だなぁ。」だそうです。

 10時30分に下山開始。今度は,あの岩場を下ります。登り以上に足の筋肉を使い,精神的にも気を遣います。
 11時30分ラクダのコル。思ったより時間がかかりました。ここから巌剛新道へ。樹林帯の道なのに岩が多く難渋します。
 12時20分マチガ沢出合へ到着。ここからは車道歩きです。時間も早いので,一の倉沢の岩壁を見に回ることにしました。

 楽しい秋の一日となりました。薄暗い中,重い気持ちで家を出て来ましたが,登り始めて1時間もするとやはり来てよかったと思えるようになりました。さて,次は…

|

« 安達太良山登山 | トップページ | リンドウ »

コメント

PC復活しました^^;
PCからこの写真が見れて良かったです!
いやいや、きれいな景色ですねえ。
こういう自然の姿を見ると、神の創りし世界は
人間ごときが手を加えてはいけないものだと思いますね。
感動さえしてしまいます。

投稿: babylon7 | 2007年10月15日 (月) 15時19分

>BABYLON7さん
PCよかったですね。やぱり使えないと不便ですよね。
谷川岳は,登るに従ってどんどん雲が切れていって太陽が出てきました。今まで白黒の風景が,一瞬にしてカラーになったようでした。
(うむ~,表現が古いですね。先日,娘と読んでいた本に"カラーテレビ”という言葉が出てきて,その説明を求められて困ってしまいました)

投稿: 平左衛門 | 2007年10月15日 (月) 22時52分

あははははは、カラーテレビ。

通じないかも知れませんねぇ、モノクロなんて知らないから。
黒電話とか公衆電話とか、それにテレホンカード、ポケベル、そのうち切符なんて言葉も。

彼らの時代には、それなりの新しい懐古があるんでしょうね。

谷川岳、ちょうど紅葉が綺麗でしたね。羨ましいです。
今年あたり、紅葉の時期に筑波山でも登りたいですが、2歳10ヶ月の娘を連れて行けるかどうか・・・

投稿: ロッキー | 2007年10月16日 (火) 06時01分

一足早い紅葉を見せていただきました。
いつかは、いってみたいです。

いや~みなさん、昭和の人でよかったぁ。
私なんか子どもに
「お母さんの子どもの頃ってテレビは白黒だったの!?」
ですって。
どんだけ昔の人だと思っているんでしょう。
<(`^´)>プンプン

先週筑波山にいきましたらビックリしました。
女体山なんてものすごい、人、人、人、で。
だ~れもいない寂しいのが頂上と思っていましたから。
幼稚園生から杖をついたお方まで。
重装備の人から、せめてぺたんこシューズにしたらと言いたくなるヒールの人まで、年齢、服装様々で。それだけ気軽に登れる山なのでしょうが、気がつかないのでしょうが、踏みつけられるスミレの葉がかわいそうでした。観光客がくるのは喜ばしいことなのでしょうが、こうして植物は衰退していくのだとみんなの足元を見ながら思ってしまいました。
もうすこし、何らかの対策をしておかなければいけないのに、誰も考えないのかしら??

投稿: ちゅいろ | 2007年10月16日 (火) 13時45分

>ロッキーさん
#それなりの新しい懐古があるんでしょうね。
どんな物が無くなるんでしょうね。発想が貧困ですぐに思いつきません。30年後に無い物?
CDやDVDもネットに移行してしまうでしょうか。
石油が無くなって…なんてこともありえるかなあ?

私のまわりでは,3歳で筑波山に登った子は結構いますが,2歳は最年少記録?!裏のユース跡からの道はなだらかだし静かでいいですよ。

>ちゅいろさん
TX効果も少し落ち着いてきたという話しでしたが,まだまだ凄いのですね。オーバーユースで今まで人が踏み込まなかったような道の端も踏まれてしまうのでしょうか。
観光資源のカタクリの方は立派な柵があるのですがね。あちこち柵だらけでも味気ないですよね。
以前行ったときに,ケーブルの駅に筑波山の草花を紹介する写真(ポスター?)がありましたが,皆さんに関心を持ってもらうことも大切ですかねぇ。

投稿: 平左衛門 | 2007年10月16日 (火) 22時55分

初めまして。
最近の谷川岳の記録を探していて、たどり着きました。
紅葉いい感じですね。
一ノ倉の方はどうでした?下の方は、これからですかね。
それにしてもペースが速いですね!本当に8年ぶりですか?(^_^)

投稿: ジャンクション | 2007年10月16日 (火) 23時00分

ジャンクションさん
こんにちは。コメントありがとうございます。
先週は,下の方の紅葉はまだでした。
一ノ倉出合の画像をアップしますから見てください。
今週あたりはどうでしょうね。まだ早いでしょうか。

西黒の登りはきつかったですが,まあまあのタイムで満足しています。しかし,火曜日くらいまで体中筋肉痛で大変でした。

投稿: 平左衛門 | 2007年10月18日 (木) 22時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130813/16755627

この記事へのトラックバック一覧です: 谷川岳:西黒尾根:

« 安達太良山登山 | トップページ | リンドウ »