« 苫小牧から大洗へ | トップページ | 大道芸フェスティバル »

2007年8月15日 (水)

からかさ万灯(土浦市大畑 鷲神社)

 土浦市大畑(おおばたけ)の鷲(わし)神社の「からかさ万灯」を見てきました。午後9時くらいに傘の形をした仕掛け花火が行われるということなので,午後8時頃に神社に着くように行きました。境内に設けられたステージでは,歌謡ショーが行われていました。花火の周辺には,まだそれほど人が集まっていません。
  最前列の端の方にレジャーシートを敷いて場所を確保しました。すると,ぽつぽつと雨が降ってきました。雷も鳴っています。夕方にもひと降りあったようで,ステージ上からは「さすが雨乞いのお祭りですね」という声が聞こえてきます。雨はすぐに小降りになり,やみました。

 実は,大畑には親類がいて中学生くらいまではこの「おおばたけのまんど」を見に行っていました。以前は地区の人が火薬の調合をしていて,親類のおじさんに頼んでも花火の製作現場には入れてもらえませんでした。なんでも秘伝書があって,代々作り方が伝わっているのだそうです。女の子しかいなかったおじさんは「おまえもオラゲ(うちの)の子どもになれば,大きくなったら教えっから」といわれたものでした。
 今は,花火業者が火薬を扱っているのでしょうが,それでも直径5m高さが6mもあるような傘を造り,またステージやお囃子の準備を地域の人が中心になって行うのは大変な作業だと思います。国選択無形民俗文化財と言うことですが,どのくらいの補助金が出ているのか分かりませんが,経済的な負担も大変だろうなあと思ってしまいます。

 雷雨のせいでステージのショーが押し気味なのか,9時を過ぎても歌謡ショーが続いていました。下の娘はレジャーシートの上で大の字になって寝てしまいました。
 9時15分を過ぎた頃,やっと点火です。傘に向かって張られた鉄線をロケット花火が走ります。
Karakasa1_2
Karakasa2_2  唐傘のまわりに付けられた火薬に火が回り,赤から白,緑と色を変えながら,まるで傘から落ちる雨のように…
花火が燃えるはずなのですが,夕方からの雷雨のために,火薬が濡れてしまい,うまく火が回りません。
Karakasa3  花火師さんが様子を見に行きますが,どうもうまく火が回らないようです。
Karakasa4  結局,今年は全体の1/4位の花火しか火が付かず,まさに不完全燃焼に終わってしまいました。
 せっかく30年ぶりにくらいに行ったのに残念。でも,まあ雨乞いのお祭りなので,仕方がないというものでしょうか…

|

« 苫小牧から大洗へ | トップページ | 大道芸フェスティバル »

コメント

満開に花火が咲いている写真を見たことがあります。
綺麗ですよね~ そうですか、今年は満開にならなかったんですね、残念だったですね。

あと、どんなところで花火ありましたっけ?

今年は行ってないな~

投稿: ロッキー | 2007年8月24日 (金) 07時36分

>あと、どんなところで花火ありましたっけ?
市内だと
●百家の竜水万灯祭
9月16?日午後7時ごろより つくば市百家(はっけ)の観音寺
(実施日が毎年変わります。現在は,敬老の日の前日か?)

●大鷲神社の立花
9月13日午後7時ごろより つくば市手代木の大鷲神社で開催

この2つは,私もまだ見たことがないので毎年見てみたいと思うのですが…。そんなに大がかりな物では無さそうですが,地域の伝統的な火祭だと思います。
あとは,何といっても10月の土浦の花火競技会でしょうか。

投稿: 平左衛門 | 2007年8月26日 (日) 07時31分

マイナーな花火大会、いいですねぇ。

昔かみさんに、花火大会(確かに大会と言った)があるから行こうと言われて行きました。
神社に着いて「ずいぶんちっちゃな祭りだな~」と思っていると、みんなが神社の隣の芝畑に移動し始めました。ついてゆくと「花火でーす」と言う。
ひゅるるる~と一発あがりました。それほど大きくないし、連発しない。
もう一発。ひゅるるる~どかーん。
すると、皆が立ち上がって帰りはじめました。
かみさんに「何?」と聞くと、終わりなんだそう。
「?」

さみしい花火大会の記憶です。

土浦の花火大会、学生時代に鳶職のアルバイトをしていたので桟敷席を作りましたね~
今年も楽しみです。

風向きが問題なんですよね。

投稿: ロッキー | 2007年8月28日 (火) 06時10分

平さん
土浦の花火大会は場所取りが問題になっていますね。撤去されたと言うことでしたが6月頃から場所取りしているそうですよ。
気持ちは分かるけどどうなの??

ロッキーさん
>風向きが問題なんですよね
それって気づかないものですよね。
いなしきの花火大会を見に行って実感してきました。


投稿: ちゅいろ | 2007年8月28日 (火) 12時05分

土浦の花火大会の場所取りは,本当にすごいらしいですね。10数年前に人が取ってくれた場所で見させてもらったことがありましたが,あのころは10日ぐらい前でも何とかなったような…

ロッキーさんは,そんなこともされていたのですね。すごい。

高校のころ,花火の翌朝早く桜川畔に行くと,いろんな落とし物があるんだ~(もちろん財布や現金も)ということが,まことしやかに噂されていました。「○○は1万円拾ったんだってよ」という話は聞くのですが,実際に行った!見つけた!と言う人には出会ったことはありませんでした。(^^;)

投稿: 平左衛門 | 2007年8月28日 (火) 22時32分

ああ、落とし物。

あれはみんな、明朝の桟敷席撤去でかき集められちゃいますね。
学生時代に撤去もやりましたが、さすがに小銭くらいは落ちてるんですが、財布は無かったですね。

なんせ、手を止めると親方が雷を落とすもんで。

投稿: ロッキー | 2007年8月30日 (木) 17時17分

やっぱり財布や一万円は,都市伝説なのですね。

そうそう,百家の竜水万灯祭は9/9(日)だそうです。
毎年,第2日曜日に実施されるようです。

投稿: 平左衛門 | 2007年9月 1日 (土) 08時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130813/16211977

この記事へのトラックバック一覧です: からかさ万灯(土浦市大畑 鷲神社):

« 苫小牧から大洗へ | トップページ | 大道芸フェスティバル »