« ここはどこでしょう? | トップページ | 谷田部神社例祭 »

2006年11月15日 (水)

初めての筑波山

061113mttsukuba3  11月13日は,「茨城県民の日」で学校がお休みでした。私も休暇をとって娘たちと筑波山に行ってきました。
 前々から娘たちには山登りをさせたい,本人たちがその気ならかなり本格的に,と思っていました。山登りを通して,娘たちが感じるもの,学ぶもの,親として伝えたいものが,そこにはたくさんあるだろうと思っているからです。
 もっと早く連れてきたかったのですが,体力がないのに無理をして「もう行かない!」と言われるのが怖かったので,がまんしていました。今日は,満を持してのデビューです。

 そこで,まず手始めに,やっぱり筑波山。
ぬけるような青空と色づいた木々の葉が美しい,気持ちのいい1日でした。(ただし,予想通りすごい人でした。)

 つつじヶ丘から出発です。(午前10時20分すぎ)初っぱなの急登も何のその,きゃっきゃ言いながら登っていきます。後ろをふり返っては「すごいね」「きれいだねー」の連発です。しかし,20分も歩くと,下の娘の「やすもー」「チョコ食べよう」の連続攻撃が始まりました。出発前に「山では,おやつ食べ放題だから」などと軽口をたたいた父の言葉をしっかり覚えているようでした。

061113mttsukuba2  弁慶茶屋の跡地で,腰を下ろして休憩をとりました。木々の間から女体山頂が見えます。すでに大勢の人が頂上に見えます。

  娘たちが楽しみにしていた「弁慶七戻り」も無事通過ししました。転んでヒザをぶったりしましたが,すれちがう大人から「がんばってね」「(小さいのに)えらいね」なんて言葉をかけられると,その気になってがんばります。

  正午少し前にやっと頂上到着。まあまあのペースでした。前回の記事のように,女体山頂はものすごい人の数でした。頂上の岩は,長年人に踏まれてツルツルです。滑って人が落ちるんじゃないかと冷や冷やです。

061113mttsukuba4 帰りの車の中では2人して大はしゃぎで
「また来ようね」「今度は男の方の山に行こう!」の連発でした。

よしよし。

|

« ここはどこでしょう? | トップページ | 谷田部神社例祭 »

コメント

山とのファーストコンタクト成功、おめでとうございます。

登山は魅力的ですね、もう、15年も遠ざかっていますが私も登っていたので、少しはわかるつもりです。

筑波山には沢も結構ありますね。うちのお姉ちゃんにも、大きくなったら夏の沢登りの気持ちよさを教えてあげようと思います。
筑波の沢には、不法投棄されたゴミも多く、そんな一面も、環境保護を教える材料になれば良いなあと思っています。

投稿: ロッキー | 2006年11月20日 (月) 06時23分

>山とのファーストコンタクト成功、おめでとうございます。
ありがとうございます。
しめしめ。といったところです。
だんだんと歩行距離を伸ばしたいところです。

>筑波山には沢も結構ありますね。
そうですね。南面は例の「立入禁止」のおかげで
入りづらくなってしまいましたね。
湯袋峠からの「関東ふれあいの道」は,
沢沿いのなかなか素敵な道ですね。
暖かくなったら子どもを連れて行ってみみたいです

投稿: 平左衛門 | 2006年11月21日 (火) 06時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130813/12702590

この記事へのトラックバック一覧です: 初めての筑波山:

« ここはどこでしょう? | トップページ | 谷田部神社例祭 »