« 筑波山 日の入り&夜景 その3 | トップページ | 谷田部飛行場の掩体壕? »

2006年11月29日 (水)

谷田部飛行場の遺構 その1

 先日の谷田部神社の例祭の時に,地元の方から谷田部飛行場の遺構が残っている可能性がある場所を教えていただいたので,探してみました。

Ikou3

 飛行場内にあった「防火水槽」のようです。
 4m×6mぐらいあります。あるお宅の庭先にあり,撮影と掲載の許可をいただきました。
 戦後こちらに引っ越してきた時からあるそうです。危険なので,埋めようとも思ったそうですが,手間がかかるので,ずっとそのままになっているそうです。
 飛行場や兵舎の周りには,このような防火水槽が結構な数あったようです。

Ikou1 畑の中にあるコンクリートの塊です。このあたりは兵舎が建っていたようなので,おそらく何かの建物の基礎と思われます。
 ガードレールの向こう側は,常磐道です。抜け道として,高速の側道をよく通っていたのに,全く気がつきませんでした。

 そして,もう一つ。私が個人的に遺構として最も探していたもの!かつ,その真贋が怪しいもの?を見つけることができました。(つづく)

|

« 筑波山 日の入り&夜景 その3 | トップページ | 谷田部飛行場の掩体壕? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130813/12829378

この記事へのトラックバック一覧です: 谷田部飛行場の遺構 その1:

« 筑波山 日の入り&夜景 その3 | トップページ | 谷田部飛行場の掩体壕? »