« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月28日 (土)

飛んでった水ロケット

Mizuroket1 夏休みに作った水ロケット(ペットボトルロケット)を飛ばしに行こうとせがまれていました。作ったのはいいけれどなかなかと飛ばすところが無く探していました。小学校のグランドは,たまたまなのか私たちが行ったときには野球やサッカーの練習をしていて使えませんでした。

 そこで考えたのが通勤途中にある芝畑。不法侵入ですが,ローインパクトに使わせていただくということで勝手に…
Mizuroket2  まず1回目。ものの見事に飛びました。風に乗ったのか100mくらい飛びました。もう少しで畑から飛び出しそうでした。
 気をよくして2回目。空気入れのポンピングを30回から35回にアップしました。
「5,4,3,2,1!」子どもたちの掛け声とともに,水しぶきを上げて発射です。

                                                            

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                           

                                                                                    

ところが,どこに飛んでいったのか分からなくなってしまいました。私は,カメラのファインダー越しにしか見ていませんでした。子どもたちも水しぶきとともに目をつぶってしまったようです。着地した音さえ聞こえませんでした。

その後,飛びそうな範囲は探してみたのですが,結局見つかりませんでした。わずか2回の発射で消えてしまうとは…トホホ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月20日 (金)

気になる筑波宇宙センター特別公開

明日,10月21日(土)筑波宇宙センターの特別公開があります。
公式サイト:http://visit.jaxa.jp/tsukuba/index_j.html

Topics_20060925_1 娘がもらってきたチラシを見ると内容は,
■土井宇宙飛行士の講演
■はやぶさ、超音速機、ロケットの打ち上げ、だいちに関する講演
■「きぼう」日本実験棟の紹介
■ 人工衛星の紹介
■水ロケット大会   
他多数

あれ?!
「きぼう」日本実験棟の紹介のところをよく読むと
まもなくアメリカへの輸送が開始される「きぼう」の日本実験棟を見よう!
となっています。昨年,10/25の本ブログ(http://298noasobi.air-nifty.com/noasobi/2005/10/post_693c.html)「すでに運ばれて打ち上げの順番を待っているようです」と書いてしまいました。うむ~確かに運ばれたという話を聞いたような気がするのですが,ソースが分かりません。スペースシャトルの事故で輸送も送れていたのでしょうかね?

もう一つ気になるのが,チラシにある
「食堂あります」(宇宙食を再現したランチなど)です。
私が子どもの頃(大阪万博で紹介されていた?)の宇宙食といったら,変な歯磨き粉のチューブに入ったような流動食みたいなものが紹介されていたような気がするのですが,フリーズドライの技術が発達したり,さらに改良されてとても美味しいという話を聞いたことがあります。
う~食べてみたいものです。
でも,レトルトのカレーとパックご飯,カップラーメンみたいなものだったらがっかり。

さらにがっかりなのは,我が家族はそれぞれ所用が,あり明日の公開に行けないということです。
明日行かれる方は,いませんか?宇宙食のレポートをコメントしてくださるととてもうれしいです。m(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月19日 (木)

つくばエキスポセンター

061015expoc1 ミラで食事をしたあと,つくばエキスポセンターにむかいました。
 上の子が学校から「入場引換券」をもらってきていたので,行ってみることにしました。
 子どもたちがもっと小さいときに一度来たことがあるのですが,本人たちは,全く記憶にないようです。ガク
061015expoc2  「入場引換券」が小学校に配布されていたためか,なかなかの混雑ぶりでした。スタッフのお姉さんに聞いたら,今日は夏休み以来の混雑ぶりだそうです。

  混んではいても子どもたちはそれなりに楽しんでいたようです。ただ,展示の実験装置や体験装置は開館(1985年)以来のものなのかやや古い感じがしました。夏に行った日立市のシビックセンターにある科学館の方がおもしろかった気がします。

 ところで,なにゆえに「入場引換券」が配布されていたかというと,「児童生徒科学研究作品展・発明工夫展」の県南展が,エキスポセンターを会場に開かれていたからです。いわゆる夏休みの理科自由研究作品の各市町村展を勝ち抜いてきた?県南作品展です。
 さすがに,素晴らしい作品が多かったのです。親や学校の先生の努力のたまもの!といったところもありましょうが…学年に応じた見方や発想からの研究は「なるほど」と感じさせるものが多数ありました。熱心に作品に見いていたのは,全て大人たちというところは,ちょっと気になりましたが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月18日 (水)

またまたミラのカレー

日曜日,「ナンが食べたい」という娘たちのリクエストに応えて遅いお昼を食べにミラに行きました。お店に着いたのは午後1時30分を過ぎていたのですが,満席でした。5分ばかり厨房脇のいすに座っていると,席が空きました。

いつものメニューとは別に,ランチセットのメニューがありました。
カレー,ナン&ライス(orではない),サラダ,ドリンクで980?円でした。今日は,「ラッシー(インドのヨーグルトドリンク?)」を飲んでみたいと思っていたので,このセットもいいなあと思っていたのですが,カレーが「ブロッコリーカレー」か「カボチャカレー」ということでした。結局,いつもの通り「野菜カレー」700円を2つと追加のナンを1枚,そして「ラッシー」300円2つをオーダーしました。

いつものように「スープ,サービスです」と言ってスープを4ついただきました。今日は,サラダのサービスはなく2つでした。カレーとナンが運ばれて,しばらくすると,「ラッシー」が運ばれてきました。子どもたちは,目がキラキラです。すると,大きなグラスが2つと,少し小ぶりなグラスにが2つ,テーブルに置かれました。「ラッシー,サービスです」とにっこり微笑んでインド人の店員さんが下がっていきます。「えっ~」夫婦そろって声を出してしまいました。

子ども連れの4人で,たかだか2,000円ぐらいのランチでこんなにサービスしてもらって申し訳ない気持ちになってしまいます。ディナーメニューは,ランチメニューと違うようなので,今度は夜に行ってみたいですね。
インディアンレストラン ミラは,こちら。

お腹も一杯になったので,次にエキスポセンターに向かいました。
エキスポセンターの話は,次回に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月11日 (水)

サツマイモ&ナシの収穫

061007imohori  とあるところで芋掘りをさせていただけることになりました。

 畑に行ってみると既にツルは機械で刈っていただいてあり,マルチを外すとふかふかの土が出てきました。プロが作るというのはこういうことなのか!と驚きました。ふかふかの土を掘ると大きなサツマイモが続々出てきました。
 近所にも配れるぐらい(実際に配ったのですが)たくさんいただきました。
061007nashigari_1
 さらに帰り道「梨もあるからね」と梨狩りまでさせていただきました。
 枝を傷めないような取り方を教えてもらい大きな梨を次々にもぎります。ガマンしきれずその場で,がぶり。とても甘い梨でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月10日 (火)

谷津田の秋

061007yatsuda 春に田植えをした谷津田を見に行ってきました。周りの田は,既に稲刈りが終わっていましたが,私たちが田植えをした田は,田植えをした時期が遅かったので稲刈りは月末の予定だそうです。

061007inaho  稲穂にもしっかり実が入っています。無農薬なのでたくさんの虫がいます。
061007inago Bee1

 熟した柿の実にスズメバチが集まっていました。
 今年は,クマやイノシシ,スズメバチの被害が多数聞かれます。スズメバチもこうしてエサに夢中になっているうちは,かわいいものです。
 かつては人間が彼らのテリトリーを侵さなくればたいしたトラブルにもならなかったのでしょうが,最近は,その人間と彼らのテリトリーが混在してしまっています。私たちはもう少し彼らの存在を気にしてあげないと双方にとって悲劇が発生してしまうと思います。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年10月 9日 (月)

つくば科学フェスティバル2006

Kagakufes1 つくば科学フェスティバルに行ってきました。
(10月7~8日 場所:カピオ)
 市内の研究所や企業,小中学校,NPOなどが各ブースで科学実験・工作・体験・展示・講演などを行い,さまざまな体験ができます。

Kagakufes2 ナダレンジャー登場!
(防災科学技術研究所)
足下の地下足袋がおしゃれです。
Kagakufes3アンモナイトの化石(レプリカ)の上から色鉛筆でごしごし
(産総研・地質標本館)

Imori 『生物ひろば』(筑波大学生命環境科学研究科)
イモリのコーナー
切断されたイモリの腕が再生されていく様子がわかります。
娘(妹)「どうしてウデを切っちゃうの?」
スタッフのお姉さん「実験のために切っちゃうんだよね… でも,またはえてくるんだよ」
娘(姉)「かわいそうだね」
お姉さん「…」
Namako

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月 1日 (日)

コバエ 大発生!!

  家の中をショウジョウバエよりひとまわり小さなコバエが飛び回っています。居間といい、寝室といい…発生源は、やはりカブトムシの飼育ケースでした。

  少し飛び始めたときに、カミさんは台所の野菜やごみを疑っていました。私は、その発生源に気づいていたのですが、ケースを屋外に出さなくてはいけなくなることを恐れ、とぼけていました。そのうち、寒くなれば収まるだろうし…と思っていました。
  しかし、ある晩飼育ケースを覗いたカミさんが「ギャー」と大声を上げました。ついに発生源を突き止めてしまったのです。

   さすがに部屋の中をコバエが飛び回っている生活環境に私も耐えられないので、昨日2つある飼育ケースのマットを全て交換をしました。今年は、ネットで購入した発酵マットを使っています。ちょうどいいことに、追加で注文したマットが先週と届いていました。1ケースに約30L必要なので、全部交換するのはもったいないとも思ったのですが、変にけちってまた発生するのも嫌なので全部交換しました。
  昨年は11月初旬にマットの交換をしているので1ヶ月早いことになります。今年は幼虫も大きく育っているし、糞も多く見られたので交換の時期としては悪くはないかという思いもありました。

  ケースをひっくり返してみると、幼虫が49匹いました。全て3齢幼虫でした。幼虫を欲しいという方がいたので9匹は別ケースに入れて、残りを20匹ずつケースに入れました。
 さて、ケースを置く場所ですが、家の中に戻すとカミさんの機嫌が悪くなるのは見えています。仕方がないので家の軒下に置きました。直射日光を避けて、なおかつ雨があたらないところというのは、なかなか難しいです。とりあえずビニルシートをかけておきました。チャンス(カミさんの顔色?)をみて、何とか家の中に戻したいと考えています。
  だって、「箱入り」なもので。 

| | コメント (1) | トラックバック (1)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »