« まつりつくば | トップページ | びっくり!カブトムシの土替え »

2006年9月 2日 (土)

筑波山にネイチャーセンター建設か?

Miyuki_1 筑波波山の御幸ヶ原(女体山と男体山の鞍部、ケーブルカーの山頂駅のある所)で建物の解体工事が行われていました。十数年前(もっと前?)から使われていなかったお土産&食堂の建物です。重機や資材はヘリコプターで運んだそうです。下ろすときにも産廃を含めてヘリコプターで下ろすそうです。
 筑波山の山頂部から神社一帯の土地は筑波神社のものなので、御幸ヶ原一帯のお土産屋さんも神社から土地を借りているのだと思います。借用が終われば更地にしてお返しするのでしょうが、更地にする費用は個人でまかなえるものなのだろうか?などと余計な心配をしてしまいます。

 せっかくまとまった土地があくのだから、筑波山の環境保全と環境学習の拠点として「筑波山ネイチャーセンター」でも作ればいいのに!などと思ってしまいます。小学生の遠足の(特に雨天時の)昼食場所として使えるようになれば、いいなあと思います。県が(もちろん環境省でもつくば市でかまわないのだけれど)、どど~んと建設してくれたらいいのになぁ。

|

« まつりつくば | トップページ | びっくり!カブトムシの土替え »

コメント

筑波山ネイチャーセンター、同感です。

実は一昨年、宝鏡山裾野の開発計画が大鷹の巣の発見で座礁した折りに、代替案として自然をそのまま残した公園計画を提案したことがあります。乗馬なんかも出来て、自然や動物とふれあえる公園計画だったんですが、その案も座礁して、白紙撤回になったようです。

昨年から現在にかけても、一部官庁と団体に、「筑波山をベースにしたネイチャーガイド資格設立計画」を提案中です。
何とか、この豊かな自然を「開発せずに利用して地元を潤す」ことを考えているのですが、なかなか本業でないので進みません。
それでも、筑波の㈲勝村塗装工業の社長さんや、伊奈の間宮林蔵記念館の間宮さんなんかは、やってみたい、と言ってくれたんですがね。

前途は多難です。

投稿: ロッキー | 2006年9月 4日 (月) 17時28分

>宝鏡山裾野の開発計画が大鷹の巣の発見で座礁した
>折りに、代替案として自然をそのまま残した公園計
>画を提案したことがあります。
新聞か市報か、はたまた別のものか?この計画を見たことがあります。ロッキーさんが関わっていたのですね。すごい!
筑波山のネイチャーガイド構想も実現するといいですね。
>前途は多難です。
確かに。でも、そういうことが全くの絵空事ではない時代になってきたのではないかと密かに思っています。

投稿: 平左衛門 | 2006年9月 4日 (月) 22時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130813/11728841

この記事へのトラックバック一覧です: 筑波山にネイチャーセンター建設か?:

« まつりつくば | トップページ | びっくり!カブトムシの土替え »