« 伊奈の綱火(高岡流)2 | トップページ | まつりつくば »

2006年8月25日 (金)

山道歩けば

Mizutamasouミズタマソウ(アカバナ科)
果実が露などでぬれるとまるで水玉のように見えるところから水玉草の名があるそうです。山野の木陰に生える多年草です。
Sobanaソバナ(ツリガネニンジン科)
名の由来は,岨(そ:切り立った崖)のような斜面に咲くからとか,葉がソバの葉に似ているからとかいう説があります。鐘型の花が茎の片側にかたよってぶら下がります。
Kobagiboushi1_1コバギボウシ(ユリ科)
ギボウシの仲間は,1日花で朝開いて夕方にはしおれてしまいます。花の形や色,葉の形などは,非常に変化に富んでいます。

|

« 伊奈の綱火(高岡流)2 | トップページ | まつりつくば »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130813/11535248

この記事へのトラックバック一覧です: 山道歩けば:

« 伊奈の綱火(高岡流)2 | トップページ | まつりつくば »