« 筑波山 ブナの衰退度調査 | トップページ | イワタバコ »

2006年8月19日 (土)

ホトトギス

Yamajinohototogisu筑波山の山道を歩いているとたくさんの草花に出会います。

ヤマジノホトトギスです。
「ホトトギス」と聞けば野鳥を思い浮かべる人が多いと思いますが,植物にもホトトギスと呼ばれる野草があります。この名前は花びらにある紫色の斑紋がホトトギス(野鳥)の胸の斑紋と似ていることから付けられたとされています。Yamajinohototogisu3ホトトギス(野鳥)は横縞模様ですが,野草の斑紋には横縞模様から大小の斑点まで様々なものがあるそうです。

Tamagawahototogisuこちらは,タマガワホトトギスです。
タマガワは多摩川ではなく,花が黄色いのでヤマブキの名所の京都の玉川にちなんで名付けられたそうです。山地の日陰や少し湿ったところで見られます。

|

« 筑波山 ブナの衰退度調査 | トップページ | イワタバコ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130813/11514491

この記事へのトラックバック一覧です: ホトトギス:

« 筑波山 ブナの衰退度調査 | トップページ | イワタバコ »