« ヘビはウンチをどこからするの? | トップページ | ホトトギス »

2006年8月16日 (水)

筑波山 ブナの衰退度調査

Mttskbbuna1_1 筑波山でブナの衰退度調査&観察会があったので参加してきました。筑波山のブナについては,以前にも触れましたが,実際の衰退の状況を把握するとともに,今年の実の付き方を見てきました。

調査は,登山道沿いのブナを選び,枝や葉の茂り具合や枝の欠損の有無について,参加者の目視によってブナの「健康度」を6段階で判定していきます。立ち枯れは「0」,衰弱大「1」,健全は「5」と判定していきます。今後,継続して調査していくために地図に落とし,また直径を記録しました。

健康度1や2のものは,ほとんど見られませんでしたが,南面では5と判定できるものはほとんどありませんでした。北西面には健康度5のものが多数見られました。全てのブナについて調査したわけではないのですが,場所によって健康度に差があるように感じました。また,その原因が何なのかも分かりません。

Mttskbbuna2

ブナの実もたくさん落ちていました。今年は,例年より落下が早いようです。ブナの実は殻斗(かくと)の中に2つぐらいずつ入っています。せっかく実がなっても虫に食われているものも多く見られます。果たして無事に発芽してくれるでしょうか。

山頂部はずっとガスにおおわれていましたが,本格的な雨にならず,初秋の草花を楽しむことができました。
山から下りる頃には,急速にガスが切れてきました。Mttskbbuna3

|

« ヘビはウンチをどこからするの? | トップページ | ホトトギス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130813/11480015

この記事へのトラックバック一覧です: 筑波山 ブナの衰退度調査:

« ヘビはウンチをどこからするの? | トップページ | ホトトギス »