« こどもキャンプ2 | トップページ | アサガオ咲いた »

2006年8月 3日 (木)

お天気フェア2006つくば

Otennki1気象研究所ほかで開かれた「お天気フェア2006つくば」に行ってきました。
例年この時期に開かれていたのは知っていたのですが,平日に休みを取って大人が行くのも気が引けていたのですが,今年は上の娘をダシに午後から出かけてきました。

Otennki2
画像は「ラジオゾンデの放球」です。
毎日(?説明がよく聞こえなくて間違っているかも。情報が不確かでごめんなさい)午後2時30分に約2mの水素気球を上げるそうです。上空30kmに行くと約16mに膨張するそうです。やがて気球は破裂して発砲スチロールの箱に入った観測機器が落ちてくるそうです。その時陸地に落ちても危険防止のためにオレンジ色のパラシュートが開くそうです。
観測データは,電波で送られてくるので,回収する必要はないそうです。海に落ちることも多いとか。
くわしくは高層気象台(http://www.kousou-jma.go.jp/index.htm)「自由気球による高層大気の観察」をご覧ください。

今回見たかったものの一つがこの「ラジオゾンデの放球」でした。カウントダウンされ放たれた気球は,あっという間に空高くのぼっていきました。いったいどこまで行くのでしょうか?そして,あの観測機器はどこに落ちるのでしょうか?

もう一つ見たかったものが,低温実験施設で雲を体験できる「人工降雨・降雪の原理」でした。整理券配布の列に並んだのですが,残念ながらもう少しの所で終了してしまいました。

他にも,「南極の氷」や「大型の風洞実験施設」などたくさんの実験や施設の公開が行われていました。平日の開催というのがちょっと難ですが,身近にありながらなかなか中をのぞけない研究施設を見ることができました。Otennki3   

|

« こどもキャンプ2 | トップページ | アサガオ咲いた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130813/11245111

この記事へのトラックバック一覧です: お天気フェア2006つくば:

« こどもキャンプ2 | トップページ | アサガオ咲いた »