« 筑波山の春2~ニリンソウほか~ | トップページ | タンポポ »

2006年4月30日 (日)

イチゴがり

Ichigogari カミさんの同僚の実家が、イチゴ農家をやっています。例年この時期にイチゴがりに呼んでいただいています。

「イチゴがり」を商いにしている農家ではなく、特別にハウスに入れてもらいます。GWが終わると苗を新しいものに変えるそうで、我々が最後の収穫をさせていただくわけです。

我が家が参加させていただくのは今年で3回目になりますが、娘たちもやっと戦力になり黙々と摘みます。美味しそうなものは、その場で口にぱくり。少し傷のあるものや小さいものは後ででジャムにします。腰が痛くならない程度に適当にさぼりながら、箱一杯になるまで摘みました。

ここにきてイチゴを摘むと毎年思い出すのが、石川 好 の「ストロベリー・ロード」です。GWには読み直してみようと思いつつ毎年果たせないでいます。この本を最初に読んだ18歳の頃を思いだし、口に含んだイチゴがさらに甘酸っぱく感じられるのでした。

|

« 筑波山の春2~ニリンソウほか~ | トップページ | タンポポ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130813/9830757

この記事へのトラックバック一覧です: イチゴがり:

« 筑波山の春2~ニリンソウほか~ | トップページ | タンポポ »