« 自然体験活動の研修会 | トップページ | カエルの丸焼き »

2006年2月22日 (水)

アカガエルの卵

yamaaka1  筑波山の麓でアカガエルの卵を見つけました。

彼らは2月の寒い時期に冬眠から目覚めて産卵し,そして再び5月頃まで休眠するのだそうです。(何と2度寝をするのだ)
なぜ2月の寒い時期に繁殖?と思いますが,天敵の少なさなど,彼らの生存に何か有利な点があるのでしょう。

また,アカガエルが産卵した後は,寒の戻りはほとんどないと言われています。あっても,そう厳しいものではないとか。せっかく産卵しても卵が凍ってしまっては,一族の存亡の危機になってしまいますからね。

この卵を見つけた池は,山の斜面の小さな池です。ここ数年,毎年この時期になると見ることができます。かなりお気に入りの場所なのか?それとも,もうここしか産卵場所がないのでしょうか?

|

« 自然体験活動の研修会 | トップページ | カエルの丸焼き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130813/8790715

この記事へのトラックバック一覧です: アカガエルの卵:

« 自然体験活動の研修会 | トップページ | カエルの丸焼き »