« 時空を旅する(ちょっと大げさ?!) | トップページ | 久しぶりの発熱 »

2005年12月11日 (日)

空中写真 谷田部飛行場跡

金曜の午後から娘たちが順番に風邪を引き,この週末はどこにも出かけずにおとなしくしていました。

そこで,前回紹介した国土地理院の「国土画像情報」を使って,谷田部飛行場の跡地の変遷でも探れないかと考え探してみました。しかし,閲覧可能な最も古い空中写真は1974年(昭和49年)撮影の物でした。以前紹介した地形図だと昭和43年の物が最も近い物です。 飛行場跡地が,開拓によって農地となった頃です。

その6年後の昭和49年の空中写真です。(クリックすると国土地理院の画像にとびます。)

写真を見ると,碁盤の目のように開拓され,防風林の残る土地が見られますが,すでにそこは農地ではなく,農林研究団地のための建設が始まっています。左下の現在,観音台の住宅地になっているあたりには,農地が残っているのが分かります。

昭和42年に研究学園都市の建設・36機関の移転について閣議で了解され,以降,大学や研究機関の施設が次々に建設されます。写真の昭和49年には,国立公害研究所(現環境研究所)の開設,竹園東小学校・竹園東中学校が開校されています。そして,農林研究団地の落成式は,昭和53年(1978年)9月に行われています。

残念ながら,これより古い空中写真は見あたりませんでした。文化財研究に詳しい方のお話によると,終戦直後アメリカ軍が日本中の空中写真を撮影しており,それを見ると谷田部飛行場もはっきりわかるそうです。飛行場周辺には,掩体壕(えんたいごう:空襲から飛行機を守るための壕)も確認できると言うお話でした。

|

« 時空を旅する(ちょっと大げさ?!) | トップページ | 久しぶりの発熱 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130813/7577166

この記事へのトラックバック一覧です: 空中写真 谷田部飛行場跡:

« 時空を旅する(ちょっと大げさ?!) | トップページ | 久しぶりの発熱 »