« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月31日 (土)

駄菓子屋

dagashiya1 子どもたちにせがまれて,小野川にある駄菓子屋(本当は雑貨屋)に行ってきました。

実は夏のころに一度来ていて,その時に上の子が買ったチョコに100円の「あたり」がでていました。親はすっかり忘れていたのですが,最近本人が突然それを言い出しました。親の方は年末であわただしいのですが,子どもはお構いなしです。(構ってもらえないから余計に,せがむ?)

本来は「雑貨屋」さんなのでしょうが,店の一角に10~100円ぐらいのお菓子が並べられていています。お店のおばあさんとお話をしたところ,もう55年もお店をやっているそうです。我が家の子たちは,買い物がいくらになったかなんて計算できないのだけれど,それでもとりあえず「1人100円ね」というプレッシャーの中,好きなものが買えるという喜びと品数の多さにさんざん迷って買い物をしていました。dagashiya2

結局,コーンポタージュ(30円)BIGチョコ(50円)プチプリン(20円)ハートチョコ(10円)を買いました。妹も姉のまねっこで,ほぼ同じものでした。コンポタとBIGチョコは,(「うまい棒」や「ハートチップル」でおなじみ?の)県内のメーカー「リスカ」のものでした。確か創業者が,先日の長者番付に名を連ねていて話題になったような…。駄菓子もつもれば億万長者!

私が子どものころには,集落に1軒ぐらいはこういった雑貨屋さんがあって,小遣いをもらっては買い食いをしたりしました。そういった生活の中から,お金の使い方や社会のルールを学んだように思います。先日,娘たちが通う保育園で「お店やさんごっこ」がありました。自分たちで作ったおもちゃやお菓子(にせもの)を売ったり買ったりするイベントです。今は,大人が仕組んでやらないと,子どもの自立が進まない世の中なんだなあと感じました。

最後に,サッカーボールチョコを1個ずつおまけしてもらって,大満足でお店をあとにしました。2人とも口をそろえて「またこようね!」ですって。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年12月30日 (金)

遠望 日光連山

nikkou 筑波山からの帰り,日光方面の山々が見えました。

小学生の頃,学校の登下校の田んぼ道から,富士山によく似た日光男体山を見ると,冬の訪れを感じたものでした。

つくば市内からでも,北西方面が開けた場所や少し高い所からなら見えると思います。つくば市から富士山まで約150km,日光男体山まで約100kmです。

ちなみに,250km以上離れた北アルプス・槍ヶ岳が筑波山頂から見えた(撮影された)という記録が,十数年前の雑誌に掲載されていました。私も冬場に筑波山に登ったときには気にしているのですが,全く分かりません。撮影された方も冬場の早朝に何度となく(もしかすると数シーズン?)通われての撮影成功だったように記憶しています。すごい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月29日 (木)

筑波山登山

mt 筑波山に登ってきました。今日歩いた南斜面は,風もなくポカポカととても穏やかでした。TXの開通以来,紅葉シーズンはかなり混んでたという話でしたが,さすがにこの時期はそれほどでもありませんでした。(もっとも。混むのがいやなので,人の少なそうな道を歩いたのですが。)

mt 自然研究路の見晴台から,南側の展望です。残念ながら今日はあまり視界がよくありませんでした。。しかし,学園地区のはるか先に光るのは東京湾!意外と近くに見えます。視界のきく日は,都心の高層ビル群もよく見えます。今日は,富士山もかすんでしまい,上手に撮影できませんでした。

mt 帰りは,沢沿いの道を下ったところ,沢が凍って氷瀑になっていました。全長4mぐらいでしょうか。12月でこんなに凍るなんて,やはり今年は寒さが厳しいのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月28日 (水)

見つけた!富士山

sunset-daimachi 見つけました!富士山。場所は,谷田部台町の福祉センターです。

赤く染まる空に浮かび上がる姿はなかなかの感動だったのですが,子どもの頃に見た富士山はもっと大きかったような気がしました。

子どもの頃も今も変わらないのは,その姿を見つけたときには,何か得をしたようなちょっぴり幸せな気分になれることでしょうか。

左上に輝くのは,一番星・金星です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月27日 (火)

つくばの富士見ポイントを探せ!~失敗編

今年もいよいよ最後の週を迎え,仕事もちょっと一段落。日の入りを眺める余裕も出てきました。太陽が沈み,刻一刻と変わっていく空の様子,何ともいえないその色の変わり様は,あわただしかった一日の終わりに感動を与えてくれます。

先日,はなのはねさんの「はなのはね日記」を拝見していたら,つくば市内から見た富士山が紹介されていました。そうか,つくば市内からでも富士山が見られるのかと思っていたら,前回の記事にBABYLON7さんが「常磐自動車道を夕方走行していたら富士山の影が見えました!」とコメントを付けてくれました。

ならば私も見ねばなるまいと思い,どうせ見るなら一番高いところ!と思い三井ビルにのぼってきました。ところが…sunset-mitui

19階の北側の窓からちょうど日の入りが見えました。しかし,富士山の姿は見えませんでした。それでは,南側の窓からと思ったら,山裾さえも見えませんでした。残念!おそらく中華レストランの西側の窓からは,赤く染まる空にくっきりと富士山の姿が浮かび上がっていることでしょう。悔しい思いをしながらも,レストランに入るわけにも行かず,引き上げてきました。

そこで,これをご覧のみなさんで「ここからなら富士山見られるよ」という富士見ポイントをご存じの方は,ぜひ教えてください。一応,(1)つくば市内(2)マンションや事業所などを除いた場所(不法侵入にならないところ)という条件でお願いします。ご存じの方は,お気軽にコメントを付けていただけるとありがたいです。

私も,思い当たるところが何カ所かあるので,また明日にでも行ってみます。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005年12月24日 (土)

サンタも買い出し!?

カミさんが「あそこのビルの上に,サンタがいるのよ」というので,買い物のついでに「そのビル」を眺めてみました。santa01

おお!いるいる。でも,カミさんの話だと,もっとたくさんいるような話だったが?それに,昨日見たChimakoさんのブログCatalystTsukubaでの紹介でも,もっとたくさんいたような。サンタもプレゼントの買い出しか?と思っていると…。

santa02

買い物の帰りに再び眺めてみると,な・なんと!おおぜいいらっしゃるではありませんか。やっぱり,プレゼントの買い出しだったのでしょうか?(あっ,それは俺か!) 風によって微妙にふわふわ動くあたりが,なかなかいい感じに愛嬌をふりまいていました。

みなさま Merry Christmas!(何がめでたいんだかよく分からないのだけれど…とりあえず。)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005年12月23日 (金)

鳥の丸焼き

maruyaki 「遊びの達人教室」(つくば環境フォーラム)に顔を出してきました。スタッフとして参加する予定でしたが,どうも風邪がぬけないのでパスさせてもらいました。が,今日の目玉は「鳥の丸焼き」と言うことだったので,ちょっとのぞきに行ってきました。

子どもたち30名が3つのグループに分かれて,それぞれのグループで鳥を寸胴で煮ました。それをおき火で焼いていました。(煮汁は,おいしそうなスープにしていました。)むらなく焼くのは難しそうでしたが,なかなかいい感じで焼けていました。子どもたちにとっては焚き火をする経験も(もしかすると見る機会も)なかなか無い時代なのかもしれませんが,スタッフの指導とリピーターの子のがんばりでおいしそうに焼き上がりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月19日 (月)

掩体壕

12月とは思えぬ寒い日が続いています。週末はやっと平熱に戻りましたが,頭が痛かったりフラフラしたりと,とても遊びに出かける気力はなかったのですが,どうしても外せない所用があり,日曜日の午後から出かけてきました。

ついでなので帰りがけに以前から「ある」という話は聞いていたのですが,今ひとつ所在が分からなかった「ある物」を探しに行ってみることにしました。

場所は,阿見の自衛隊駐屯地の近く。あちこち探せば見つかるかな,ぐらいの気持ちでいたのですが,身体もしんどいので人に聞いてしまえ!と思い自衛隊のフェンス脇の畑で作業をしていた老夫婦に「ある物」の所在を聞いてみました。「零戦を隠した防空壕みたいな物があるって聞いたんですが?」なんてまわりくどい聞き方をしたら,「あぁ~,掩体壕(えんたいごう)ね」などと言われてしまいました。地元では有名な物なのかと思ったのだが…

お話を聞くと,この方はかつては海軍霞ヶ浦航空隊にお勤めで,終戦とともに霞ヶ浦飛行場が農地として解放されたのでそこを開墾し農業をはじめられたそうです。飛行場の芝生やコンクリートを人の手だけで開拓し,何十年もかけてやっと今のような耕地にしたというお話でした。「今でも,そこの土の下50cmには軽トラぐらいのコンクリが埋まってるよ」と話してくれました。

掩体壕の所在地も詳しく伺うことができ,さっそく行ってみることにしました。場所は,何のことはない,何度も通ったことのある県道の脇の民家の裏庭でした。entaigou

ここまできたら,このお宅でも話を聞いてみようと思い,訪ねましたがあいにくお留守でした。個人宅の敷地の中の物を勝手に写真に撮ってしまう事に(しかも,こんなところで公開してしまうことに)少し抵抗を感じつつ,しっかり写真を撮ってしまいました。(ちなみに,撮影は隣のパチンコ屋の駐車場から撮りました。留守宅へ勝手に不法侵入したんじゃないぞぉ,と言い訳をしたりして)

県内には,このような掩体壕が旧陸軍・海軍の飛行場跡地に数十基残されているそうです。年々その数は減っているようです。しかも,ほとんどは屋根がなく土塁をUやW型に盛り上げてその中に飛行機を待避させた無蓋掩体壕のようです。写真のような有蓋掩体壕は,ここと鹿嶋市にしか現存しないようです。所有者の方が解体せずに今も残されているということは,歴史的意義を考えられているのかもしれません。(機会があったら,ぜひお話を伺いたいものです)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月15日 (木)

久しぶりの発熱

数年ぶりに38度代の熱を出して,まいっています。仕事も休めず出勤しています。日中はなんとかがんばれるのですが,帰宅すると頭がポ~としてきます。やはり,気がゆるむのでしょう。

皆様もご自愛下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月11日 (日)

空中写真 谷田部飛行場跡

金曜の午後から娘たちが順番に風邪を引き,この週末はどこにも出かけずにおとなしくしていました。

そこで,前回紹介した国土地理院の「国土画像情報」を使って,谷田部飛行場の跡地の変遷でも探れないかと考え探してみました。しかし,閲覧可能な最も古い空中写真は1974年(昭和49年)撮影の物でした。以前紹介した地形図だと昭和43年の物が最も近い物です。 飛行場跡地が,開拓によって農地となった頃です。

その6年後の昭和49年の空中写真です。(クリックすると国土地理院の画像にとびます。)

写真を見ると,碁盤の目のように開拓され,防風林の残る土地が見られますが,すでにそこは農地ではなく,農林研究団地のための建設が始まっています。左下の現在,観音台の住宅地になっているあたりには,農地が残っているのが分かります。

昭和42年に研究学園都市の建設・36機関の移転について閣議で了解され,以降,大学や研究機関の施設が次々に建設されます。写真の昭和49年には,国立公害研究所(現環境研究所)の開設,竹園東小学校・竹園東中学校が開校されています。そして,農林研究団地の落成式は,昭和53年(1978年)9月に行われています。

残念ながら,これより古い空中写真は見あたりませんでした。文化財研究に詳しい方のお話によると,終戦直後アメリカ軍が日本中の空中写真を撮影しており,それを見ると谷田部飛行場もはっきりわかるそうです。飛行場周辺には,掩体壕(えんたいごう:空襲から飛行機を守るための壕)も確認できると言うお話でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 9日 (金)

時空を旅する(ちょっと大げさ?!)

ひところ話題になったのでご存じの方も多いと思いますがgoogle mapsは,なかなか遊びがいのあるサイトです。「衛星から我が家を覗かれているようで気持ちが悪い」とか「アメリカの都合の悪いところは,解像度が悪いんじゃないか」などいろいろと憶測もあるようですが,居ながらにして世界中の都市を空中から眺められるのは,おもしろいですね。(大都市部はかなり解像度が高くで,大きな建物ならかなり鮮明です。例えば,東京ドーム,グランド・ゼロ…。

「マップ」「サテライト(衛星写真)」の切り替えや,ドラッグしてスムーズに移動できるのは,なかなかの物だと思います。しかし,地方になるとかなり解像度が低いです。わが“つくば市”なども相当に不鮮明です。大通りや公園,ゴルフ場は,なんとか分かります。三井ビルの分かる人は,なかなかのアナリスト!?

そこで,おすすめなのが国土地理院の「国土画像情報閲覧機能(試作版)」です。こちらは,日本国内だけなのですが,解像度はかなり高いです。(100dpiと400dpiがあります) 下はどこの画像かお分かりでしょうか?banpaku84

北朝鮮の核施設?いえいえ,そうです,筑波科学万博会場(開催前年の昭和59年)の画像です。(クリックすると大きな画像になります)この機能のすごいところは,解像度もさることながら,過去のデータがかなりあることです。(逆に最新の物はない!)

私は,これで小学生時代の我が家とか,小学校の校舎とか探してしまいました。庭先や校庭で遊ぶ自分が写っているのではないかとさえ思い,目を凝らしてしまいました。さすがに人は無理ですが,改築前の木造校舎の小学校が懐かしく,すっかり「昭和」の気分に浸ってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 7日 (水)

案内 つくってあそぼうクリスマス

girl_xmas 上のような催し物のお誘いを知人から受けました。(主催はガールスカウトです) まだ,定員には余裕があるそうなので,お誘いあわせの上お申し込み下さい,とのことでした。

我が家は「無料」という言葉に極端に弱いので,ほいほい誘いに乗って出かける予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 4日 (日)

筑波山麓自然学校

筑波ふれあいの里で行われた「筑波山麓自然学校」に参加してきました。今回は「焚き火とクリスマスクラフト」。今にも降り出しそうな寒空でしたが,おおぜいの家族でにぎわっていました。本来は,森の手入れをしながら焚き火の薪やクラフトの材料を集める予定(?)だったのかもしれませんが,クラフトの材料を集めて研修棟の中へ。1204shizengakkou1

集めた材料でリースを作ったり,トレーに葉っぱを並べてみたりして,クリスマス気分満点でした。

お昼に,カレーをごちそうになって,午後からは焚き火でバームクーヘン作りです。1204shizengakkou2

竹の棒に,ホットケーキミックスをぬり焚き火で焼きます。いい感じに焼けたら,またホットケーキミックスをぬります。これを何度も繰り返すうちに,だんだんと大きくなります。子どもたちは,木の棒の先にホットケーキミックスを付けてもらい,煙と熱と戦いながら自分の「バームクーヘン棒」を焼き上げていきます。

1204shizengakkou4 食いしん坊は,一足お先にいただきま~す。

1204shizengakkou3 いい感じに焼き上がりました。

お日様の恋しい一日でしたが,初冬の筑波山麓を楽しむ事ができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 3日 (土)

カブ幼虫引っ越し&腐葉土

たんとさんの掲示板を拝見していたら,「夏にもらったカブトムシの幼虫が,部屋の一番暖かい所に置いていたら,成虫になってしまった」という投稿がありました。

遅く生まれて成長の遅い我が家の幼虫たちを,少しでも大きくしたくて現在居間に置いています。朝は,室内でも5,6度になってきましたが,晴れた日中や帰宅した夜は,そこそこの室温になっているはずです。

しかし,投稿を読んで少し心配になり,一番大きい幼虫たちの入っている飼育ケースを,二階の納戸と化している北側の部屋へ移しました。残りの2ケースは,先日ちょっと掘ったところ,まだまだ5cmにも満たないような幼虫もいたので,もう少し居間に置こうと考えています。

fuyoudo ところで,腐葉土は何を使っているのかと,お問い合わせを何件か頂きました。私の所では,園芸店から買ってきた腐葉土を使っています。殺虫剤等の使用が心配だったので,お店で聞いたところ,その場で販売元に連絡を入れてくれて「発酵促進剤(EM菌のような物)を使って2次発酵までさせているが,殺虫剤は使っていない」とのことでした。現在のところ,幼虫たちも元気にしているので,大丈夫かと思います。

ちなみに,販売元は袋に「細谷商店」と書いてあります。お店の話だと,埼玉の会社だそうです。会社の責任として連絡先ぐらい記載してくれればいいのになあと思います。18㍑399円です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 1日 (木)

食事のあと!?

1126darenohane 雑木林の中で見つけました。誰かの食事のあとのようです。食べられてしまったのは?森のもう少し奧には,カラスの頭と足だけが残されていました。

どうやら猛禽類が,しっかり生活しているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »