« まだまだ頑張るカブトムシ | トップページ | カブトムシの臨終 »

2005年9月28日 (水)

カブトムシの卵室

kabu-ranshitu 先日,カブトムシの飼育ケースに腐葉土を足したときに見つけた卵です。湿った腐葉土の固まりの中に,ぽっかりと穴が空いていて,中に卵がありました。これがカブトムシの卵室なのだと思います。

親カブトムシが卵を雑菌や乾燥から守るために,ひとつひとつ丁寧に部屋を作って産んでいったのでしょう。

とても愛おしく感じます。このままの状態で幼虫用のケースに入れました。元気に育って欲しいものです。

|

« まだまだ頑張るカブトムシ | トップページ | カブトムシの臨終 »

コメント

幼虫と、卵って、ダニに、食べられないんですか。

投稿: 誰か | 2008年10月 4日 (土) 07時13分

卵も一齢幼虫も,きちんと数をかぞえたことがないので
正確なところは分かりません。
二齢虫ぐらいになってから数が減ったことはほとんど
無いので,ダニの被害はないのかと思います。
コバエを大量発生させたことはあるのですが,
ダニの大量発生の経験は無いもので。
ちなみに,コバエ(の幼虫)には食べられないようです。

投稿: 平左衛門 | 2008年10月 4日 (土) 11時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130813/6152839

この記事へのトラックバック一覧です: カブトムシの卵室:

« まだまだ頑張るカブトムシ | トップページ | カブトムシの臨終 »